【稗史(はいし)倭人伝】

稗史とは通俗的かつ非正統的な歴史書等をいいます。 現在進行形の歴史を低い視点から見つめます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

早くも東電救済に動き出した菅政権

大事なのは、東京電力株式会社を守ることではない。
東京電力の持っている、発電と送電の機能を存続させることである。

東電の損害賠償額は多分巨大なものになるであろう。
しかし、それは東電に徹底的に責任を負わせるべきである。
国民の負担はその後である。

民主党議員にその筋道さえ理解できないのは、先の日航再建のドタバタでも明らかである。
ドタバタの発端は、『日航はつぶさない。飛行機が飛ばなくなったら大変だ』という前原誠司国交大臣の言葉から始まった。
企業存続と機能存続との区別がつかない男の無知が言わせた言葉であった。

すったもんだのあげく、日本航空は結局会社更生法適用を申請した。
東電に税金を注ぎ込むのなら、当然このときと同等以上の義務を東電に求めなければならない。

100%減資。
債務の大幅切り捨て。
企業年金の大幅減額。
役員・幹部社員の総入れ替え。
社員給与の大幅切り下げ。
資産売却。

それらすべてを徹底的に実行してから、ようやく公的資金の注入になる。
これらの過程の透明性を確保するには、法的整理が絶対に必要である。

それが早くも怪しくなっている。

東電賠償、支払い能力を超える分「例外措置」で国も負担検討 (msn産経ニュース 2011.4.24 )
東京電力福島第1原子力発電所事故の損害賠償問題で、賠償額が東電の支払い能力を超え、存続が危うくなった場合、国が税金で負担する案を検討していることが23日、分かった。

 賠償金は、新たに設立する「原発賠償機構(仮称)」を通じて融資や出資の形で東電に供給し、最終的に東電が利益から返済することを原則としている。しかし、市場で東電の経営の先行きを不安視する見方が広がっているほか、経営が立ちゆかなくなり電力供給に支障が出る恐れもある。このため、「例外措置」として、支払い能力を超える分を国が負担できるようにするのが狙い。


まず株主責任が問われなければならない。
株主には有限責任しか負わされていない。
その限度は株式購入額である。
株主は当然それを知って、自己責任で株式を購入しているのである。
被害が大きいとか小さいというのは問題外である。

『株券がただの紙切れになってはかわいそうだ』などという議論が聞こえて来はじめた。
心配ない。
すでに証券は電子化されている。
紙切れにもならない。
ただ消えてなくなるだけなのだ。

これだけの大惨事を引き起こしていて、東電が無事で済むはずはない。
100%減資すなわち株式の無価値化は不可避であろう。
それが株主責任というものである。

しかしその東電株が下げ止まっている。
3月11日終値2、121円から落ち続けていたが、いったん400円を割り込んでからは400~500円の間を行ったり来たりしている。
”100%減資”はない、と読んでいる奴らがいるのだろう。
菅内閣の対応を見ていると、さもありなんと思えてくる。

会社更生法適用申請→東証整理ポスト入り→マネーゲーム→株価1円→上場廃止
これが東電株の運命なのである。

どうしても法的整理に持ち込みたくない奴らがいる。

主要株主である保険会社、東京都、等々。
巨額の債権を持つ三大メガバンクほかの金融機関。
売掛債権を持っているであろう無数の事業会社。
様々な利権に絡んでいる政治家。
天下りや許認可等でべったりくっついている役人たち。
原子力発電関係の独立行政法人等の政府関係の法人群。
もちろんこれまで散々甘い汁のおこぼれにあずかってきたマスコミもである。

菅政権ではこいつらには逆らえない。
今、わたしたちが声を挙げないでいると手遅れになる。

それから強力な組合がある。

東電、社員の年収2割カットへ=労組と交渉、月内合意目指す (jiji.com 2011/04/21 )
東京電力が社員の賃金や賞与の削減を労働組合に提案し、交渉に入ったことが21日、明らかになった。年収で2割程度カットする方向で、月内の合意を目指す。福島第1原発の放射能漏れ事故で被害補償に充てる資金確保に向けたリストラの一環。同社は「人員削減も視野に入れている」(清水正孝社長)としており、従業員のリストラも今後、焦点となりそうだ。


東電社員の給与
平均年齢 40.6歳 平均年収 7,570千円

2割の削減では足りない。
税金を入れるのである。
少なくとも5割カットである。
贅沢は許さない!

公的資金注入にはまだ条件がある。

原子力関係の政府系機関は20を超えている。
そこに毎年流れている税金の総額は分からないがおそらく1兆円は超えているのではないか。
ちなみに現在”敦賀原発・もんじゅ”を運営している日本原子力研究開発機構には毎年2000億円が流れている。
これらの組織・機関に流れているお金を優先的に回すことである。
それがなくなってから初めて一般財源に手を付けることを許してやろう。

福島原発事故は独り東京電力の責任ではない。
原子力利権村の共同責任である。

ならば責任は、原子力利権村全体で取ってもらおう。

言い忘れたが、電気料金値上げなどは絶対許してはいけない。


昨年までの記事は下記にてご覧下さい。
http://blog.goo.ne.jp/yamame1235


民主主義の確立のために!
人気ブログランキングへ
↑ ご面倒でもクリックをお願いします



古書 那珂書房






コメント

手放せない東電株

東電の本当の資産は100兆円以上。
だから、強欲資本家たちには絶対に手放せない東電株。
だけど、絶対に起こしてはいけない事故を起こした責任は株主も当然に負わないといけません。
想定外だろうと、想定内だろうと、そんなことは関係ない。

  • 2011/04/24(日) 18:57:32 |
  • URL |
  • scotti #4SSKmKVw
  • [ 編集 ]

原子力発電は環境にもお金にもクリーンでないし、廃棄物の処理費用まで含めると、けしてコストの安い発電方法とはいえんですね。どうも、薬害エイズと同じような構図がうかがえます。原発の安全性より東電の利益を保護することで、役人たちは天下り先や外郭団体を多数作ってきたのではないでしょうか。国民の安全や利益は、そこにはありませんね。

  • 2011/04/24(日) 20:23:07 |
  • URL |
  • らむちゃのパパ #GCA3nAmE
  • [ 編集 ]

現地取材事実を理性で組み立てる

「ジャーナリズムは現場の事実取材からのみ生まれる」

日本のマスメディアが持たない常識=ジャーナリズムがここ長周新聞にだけ存在する。

>>http://www.h5.dion.ne.jp/~chosyu/index.html

最近の主な記事
  
<論壇>国民に復興財源出させる火事場泥棒の米国と財界 (4月22日)

生産者主人公の国作りに活路 被災地の現状と立直し課題 (4月20日)

<狙撃兵> 処罰されるべき殺人行為 (4月20日)

菅政府の震災対応 「復興」看板にした大増税 (4月18日)

<狙撃兵> 首つりか被曝死かの選択 (4月15日)

行政マヒし沿岸漁村手つかず 宮城県石巻市や女川町 (4月15日)

<論壇> 原発災害からの復興は民族独立精神の復興から (4月13日)

南相馬市と飯舘村の農家 故郷捨て原発難民にはなれぬ (4月13日)

福島原発被災民 見通し立たぬ避難に怒り充満 (4月11日)

原発震災の現地からの報告 放射能で周辺漁場が大打撃 (4月8日)

  • 2011/04/25(月) 01:16:42 |
  • URL |
  • 通りがけ #-
  • [ 編集 ]

東電だけで年680億円がメディアに

東京電力の年間の広告費は約244億円、販売促進費は約239億円、その他に普及啓発費200億円弱で、計約680億円の多くがメディアに流れている。今年3月時点で東電がスポンサーになっていたテレビ番組は、TBS系で『みのもんたの朝ズバッ!』『報道特集』『ニュース23』、フジ系で『めざましテレビ』、日本テレビ系で『情報ライブ・ミヤネ屋』『ニュースevery』『真相報道バンキシャ!』、テレビ朝日系で『報道ステーション』などで、主だった報道・情報番組のほぼすべてをカバーしている。

 東電だけでなく他の各電力の広告宣伝費も相当なもので、関西電力の広告費は199億円、販促費は59億円、九州電力は同じく80億円、112億円など。他にも、電力10社が構成する電気事業連合会(電事連)も独自の広報予算を持っていて(非公開ながら)年間300億円以上と言われているし、さらには経済産業省・資源エネルギー庁や文部科学省の原子力関連の広報費もあって、それらすべてを合算すると「原子力界・電力業界がメディアに流している金は年間2000億円に迫る。現在、広告出稿量第1位のパナソニックが771億円、強大な広告圧力でメデイアから恐れられているトヨタが507億円だから、この金額がいかに大きいものであるかがよくわかるだろう

  • 2011/04/25(月) 13:41:43 |
  • URL |
  • unknown #-
  • [ 編集 ]

大事なことが知りたいのに少しでも本当の情報が知りたいのにメディアは少しも役立たない。

反原発デモに、16,000人が集まっても、
ほとんどのメディアが報道しない。

  • 2011/04/25(月) 13:58:02 |
  • URL |
  • unknown #-
  • [ 編集 ]

東電をつぶすのは、至難の業ですね。
東電の大株主たちは強大な権力を持っていますから、あの手この手で圧力をかけ、投資家が負うべきリスクを納税者に転嫁してくる可能性大です。
総理大臣でさえ、メチャクチャな屁理屈で居座り続けることが可能な国ですから、言いくるめられないように、ガッチリ監視する必要があります。

  • 2011/04/26(火) 11:59:10 |
  • URL |
  • chiba #-
  • [ 編集 ]

菅内閣強制終了

「菅降ろしなど民主主義政治ではない。衆愚政治の政局そのもの。」

菅首相はもともと一衆議院議員であり今でも一衆議院議員にすぎない。

日本国憲法では、衆議院議員は誰でも国会で行われる首相指名選挙に立候補できる資格がある。国会議員は現に首相に就任している議員が首相にふさわしくないと思えばいつでも国会(衆議院)へ内閣不信任決議をするよう動議ができるのである。
自分のほうが現内閣よりもっとましな政治ができると自負する衆議院議員は、内閣不信任決議動議を行い解散総選挙を戦った後か内閣総辞職後直ちに首相指名選挙を国会に要求し立候補すればよい。ほんの1~2時間でできることだ。国家の非常事態である現在、新首相選出のたったこれだけの手間に、何日も時日を浪費することが許されないのは自明の理である。(解散総選挙を選ぶ首相がいれば判断力低下した精神障害有病者の疑いで強制検査入院が必要となるので自動的に内閣総辞職となる)

そんな簡単なことがわからぬ愚かな臆病者卑怯者の国会議員が、全員そろってくだらぬ政局ごっこに興じて衆愚政治という腐臭きわまりなき人災の害を国中へ垂れ流して貴重な時間を無駄にしているのが現在の日本国破廉恥国会である。衆愚国会の鈍重さは東電保安院菅内閣が起こしたメルトダウンと同じく国民にとって最大の「人災」である。

耳目を国会ではなく国土へ転ずれば一目瞭然。

国の本当の主権者である被災者国民が日々塗炭の苦しみの中で傷つき弱って命を失っていっているというのに。

辺野古高江で防衛局の強制執行暴力で住民や海に生きる人びとが日々傷つけられているというのに。

新燃岳の噴火で周辺住民国民が人力で制御できない巨大な力の天災被害に遭って日々苦しんでいるというのに。

日本は小泉内閣に失わされた十年で菅内閣を生み、菅内閣は世界に千年を失わせるだろう。

  • 2011/04/26(火) 15:09:22 |
  • URL |
  • 通りがけ #-
  • [ 編集 ]

地位協定のもとで四権一括腐敗

>>http://d.hatena.ne.jp/dokuhebiniki/20110427/1303854927
で見かけた書き込みに対してコメントしたので転載します。

>今日小沢氏の陸山会事件の裁判で水谷建設の
>前社長が裏金の授受を証言をしました。
>インチキ的な証言と感じますが、菅派マスコミは大騒ぎをして
>内閣不信任決議案可決を阻止に今回の裁判の証言が
>政治利用されるのでは?民主党の馬鹿・・結局・・
>菅政権を支える・・最悪です。

先ず第一に陸山会裁判は本人の裁判じゃないから無問題。
そして国会は民主党議員総会じゃないから党員資格停止など国会出席に全然関係ない。小沢氏が菅内閣の政治に反対なら国会に出て手を挙げて発言を求め「内閣不信任案を採決することを動議します」といえばいいだけ。現職の衆議院国会議員は誰でもそれができるという日本国憲法の規定に基づいて、小沢氏でも誰でも国会議員なら今すぐできることを今すぐやるべき。衆議院議員なら猿でもできるがね。

>両院議員総会で解任されれば居座れない。
>居座れば、憲政の恥じとして不信任決議するだけ。

憲政上首相を選ぶのは民主党両院議員総会でもなければ自民党総裁選挙でもない。衆議院総会だけが首相選出選挙を行なうことができる唯一の憲政機関である。
たかが一政党が国政を私物化してはイカンよwそれをやれば憲法違反そのものであり、たかが一政党が主権者国民に対して違法に主権を強奪するクーデターを仕掛けたことになるよ。


それにしても国会会期中だというのに400人以上いる衆議院議員のうちでただのひとりも内閣不信任可決動議も地位協定破棄可決動議も出す議員がいない無能国会はマスゴミ以上の粗大ゴミ税金泥棒なのではないかい?

  • 2011/04/28(木) 10:28:33 |
  • URL |
  • 通りがけ #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://yamame30.blog103.fc2.com/tb.php/78-d7e1d1a5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

東京電力は疲弊した国民の負担でで保護されるのか──1/4

東京電力の株価が低迷している。これはもちろん、業績云々ではなく、国有化されるのか、つまりは株主責任が問われるのかどうか、という判断の中でうごめいているのだろう。ここで一発逆転を狙っているギャンブラー(もしくはインサイダー情報を持つ人)も居るかもしれない...

  • 2011/04/29(金) 11:33:14 |
  • ニュースを読まねば

放射能を恐れるのは非合理な行動か?

Tweet 放射能をめぐる議論がさかんだ。 金融日記で有名な藤沢カズさんが狂ったかのように原発を擁護する記事や放射能は危険じゃないと主張する記事を書いている。内容は興味深いし勉強になるし納得する部分も多い...

  • 2011/04/25(月) 22:52:44 |
  • ロンドンで怠惰な生活を送りながら日本を思ふ

東電株に関する素朴な疑問

 東京電力の賠償額は恐らく兆単位にまで達する。 枝野はまずは会社で賠償しろと言ってはいるが、実際の所は国有化も避けられないだろう。 そこで思った。今さらではあるのだが ...

  • 2011/04/25(月) 15:45:21 |
  • 痛みに耐えるのはこれからだ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。