【稗史(はいし)倭人伝】

稗史とは通俗的かつ非正統的な歴史書等をいいます。 現在進行形の歴史を低い視点から見つめます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

原子力安全委員会の午後…政・官・財・報+学の汚染の構造

小沢一郎事件でつくづくと思い知らされたのが、この国の腐敗の構造であった。
政・官・財に報道が加わっての小沢つぶしは、その足並みの揃い方で、彼ら既得権益擁護勢力の正体を私たちの目の前にあからさまに見せてくれた。
しかしそれはまだまだ甘い認識であった。

福島原発事故はさらにもう一つの汚い存在を浮かび上がらせている。
いわゆる学者・専門家という存在である。

連日テレビでは福島第一原発を取り上げている。
消防車で注水が始まれば問題はすぐにも解決すると解説する学者や専門家。
次には、外部電源さえつなげばすぐに問題は収まると、したり顔で解説する連中。

その間、事態は悪化する一方だが、相変わらずテレビからは、「心配ない」の大合唱しか聞こえてこない。

大気汚染も心配ない。
野菜の汚染も心配ない。
水道汚染も心配ない。

土壌汚染も心配ない。
海洋汚染も心配ない。

「直ちに人体に影響はない」
政府・マスコミの宣伝を保証し裏付けているのが、いわゆる学者・専門家という連中である。

不思議なのは、この放射能汚染に危機感や警報を鳴らす学者・専門家は、テレビ画面には一人も登場しない。

放射能が検出された水道水について「この程度のレベルでは数回ミルクを飲ませても全く影響はない」と言っていた奴がいた。
「数回」!
乳児は少なくとも、1日4,5回ぐらいは飲むのではないか?

テレビはこんな学者や専門家ばかりを選んで出演させているのか?
それとも、こんな奴しかいないのか!

このテレビの共同歩調は小沢報道以上の見事さである。

多分、原子力発電という部落共同体があり、学者もその共同体の構成要素なのであろう。

内閣府に原子力安全委員会という組織がおかれている。
委員は5人。
国会同意人事である。
この5人のもとに約400人の学者・専門家が各専門ごとの部会に所属している。
水も漏らさぬ布陣である。
事務局は100人もの役人で構成されている。
事故など起こるはずのない完璧な構成である。

原子力安全委員会

【専門審査会】
*原子炉安全専門審査会
*核燃料安全専門審査会
    
【専門部会等】 助言組織
*緊急技術助言組織
*原子力艦災害対策緊急技術助言組織
*武力攻撃原子力災害等対策緊急技術助言組織
専門部会
*原子力安全基準・指針専門部会
 ├ 火災防護対策分科会
 ├ 立地指針等検討小委員会
 ├ 燃料関連指針類検討小委員会
 │  ├ トピカルレポートワーキンググループ
 ├ 体系化検討小委員会
 └ 格納容器に係る安全審査指針類検討小委員会
*放射性廃棄物・廃止措置専門部会
 └ ウラン廃棄物埋設検討小委員会
*放射線防護専門部会
 ├ 環境放射線モニタリング中央評価分科会
 └ 原子力安全委員会の安全審査指針類における
放射線防護にかかる記載の考え方検討WG
*放射性物質安全輸送専門部会
*原子力事故・故障分析評価専門部会
*原子力安全研究専門部会
*原子力施設等防災専門部会
 ├ 被ばく医療分科会
 └ 防災指針検討ワーキンググループ
特定の調査・検討組織
*耐震安全性評価特別委員会
 ├ 地震・地震動評価委員会
 ├
施設健全性評価委員会
 ├ 地震・地震動評価委員会及び施設健全性評価委員会(合同)
 │ ├ ワーキング・グループ1
 │ ├
ワーキング・グループ2(第72回(3/15(火)))(※開催を延期しました。)
 │

ワーキング・グループ3
 │ └ ワーキング・グループ4
 └ 地質・地盤に関する安全審査の手引き検討委員会
*試験研究炉耐震安全性検討委員会
*再処理施設安全調査プロジェクトチーム
*特定放射性廃棄物処分安全調査会


どう考えても事故など起こりようがないではないか。
400人の学者・専門家。
100人の役人。
それらを統べる5人の超一流の学者先生。

第13回 原子力安全委員会速記録

平成 23 年2月28日( 月)
午後2時~
内閣府742会議室

議 題(1)東北電力株式会社東通原子力発電所の原子炉の設置変更(原子炉施設の変更)について(答申)
(2)その他
配付資料(1-1)……(1-5)

まず班目委員長の挨拶があり、続いて議題に入る。
そして委員の説明がある。

○久住委員 ご説明いたします。本申請の主な変更内容は……。審議の詳細につきましては事務局からお願いいたします。

この間、二分の一ページ足らず。
ついで事務局の説明がある。

○説明者(日高審査指針課安全調査管理官) それでは、資料の第1-1号に基づきまして、技術的能力に関する調査指針結果について、ご説明いたします。……。以上でございます。

これがほぼ2ページ半。

○班目委員長 どうもありがとうございました。それでは本件につきまして久木田委員の方から何か補足等ございますでしょうか。

○久木田委員 特にございませんが、1箇所だけ記載の訂正をお願いしたいと思います。資料の第1-1号の一番最後のページ、4ページ目の下から3行目のところで、「申請者には」と書いてありますけれども、「申請者は」というふうに訂正した方がよろしいと思います。お願いします。

○班目委員長 どうもありがとうございました。他に何かございますでしょうか。それでは何か他の委員の方からご質問、ご意見等がありましたらお願いしたいと思いますが、何かございますでしょうか。よろしゅうございますね。
それでは経済産業大臣あて答申することといたしたいと存じます。答申文案を用意してございます。資料1-4でございます。これを読み上げ、事務局の方からお願いいたします。

前もって答申文案ができていた。
何なのだ、この会議は?


○説明者(日高審査指針課安全調査管理官) 原子力安全委員会委員長から経済産業大臣あての答申案、文案でございます。
……。

○班目委員長 ありがとうございました。それではこの文案どおり答申したいと存じますが、よろしゅうございますでしょうか。
ありがとうございました。
……
本日他に審議する事項はございますでしょうか。

○水間総務課長 ございません。

○班目委員長 それでは、本日の会合はこれで終了させていただきたいと思います。大変ありがとうございました。
午後 2時12分閉会


午後2時に始まって午後2時12分の終了である。
12分間の非常に濃密な会議であった。
時間の節約からか、大臣に出す答申は事前にできあがっている。
もちろん優秀な事務局の役人が作成している。
実に合理的な運営である。
説明はすべて役人が行い、5人の大先生方は十分に納得してお帰りになる。

経済産業省のもとには、原子力安全・保安院がおかれている。
これまた数多くの専門部会が設置されている。

二重・三重のチェックが行われているのである。
しかもそれらの運営は、専門知識では学者先生以上の役人が当たっているのである。

法律にはむやみと詳しい役人と、紙と鉛筆での計算では超一流の学者先生たちが、月に数回、12分にも及ぶ長時間の会議を開いて目を光らせている。

おまけに、優秀な役人がめちゃくちゃいっぱい天下っている電力業界である。
彼らが厳正な監視を行っているはずである。
事故など起こるわけはない。

カネと票が欲しくて良心を売り渡すような政治家がいるわけはない。
社会の木鐸たるマスコミが、少しばかりの広告費が欲しくて東京電力の提灯など持つはずもない。

本当は、福島第一原発は事故など起こしてなくて、今日も正常に稼働しているのかもしれない。
テレビに映る映像は夢か幻、それとも私の錯覚なのかもしれない。



昨年までの記事は下記にてご覧下さい。
http://blog.goo.ne.jp/yamame1235


民主主義の確立のために!
人気ブログランキングへ
↑ ご面倒でもクリックをお願いします



古書 那珂書房






コメント

3号機の爆発映像を見たとき、私は、まるで戦艦の主砲弾の直撃を食らったのか(まあ、戦艦大和の徹甲弾なら圧力容器もろともぶち抜いていると思いますが)との錯覚を覚えましたが、それでも「格納容器は健全だ」とか「格納容器は35mmの鋼鉄製」とか吹聴する御用学者どもには呆れるやら悲しくなるやら。幸運に幸運が重なって、例えあの爆発が格納容器の外側で起きていて、さらに辛うじて容器に大穴を開けるのを免れていたとしても、計器類、補器類、ほぼ全損、そのうちあちこちから水が漏れて来ますって。これらの御用学者どもは、自分の実験室で子供の花火を爆発させたことすらないんでしょうね~。あれで炉が無傷なら、戦艦大和は未だに呉の港で浮いていますよ。

  • 2011/03/26(土) 14:22:00 |
  • URL |
  • bella donna #-
  • [ 編集 ]

原発は発電コストが安くて、規制でがんじがらめ、まさに天下り役人の出庫ポストが山のようにあり、利権の温床なんでしょうな。国民の安全と利益なんというのは、彼らの利益の前には何ほどの価値もないのでしょう。マスコミから流れてくるのは、学者だけでなく解説委員まで、安全だ、冷静にの一言で、あれから二週間経ってのこれのどこが安全なんだと言いたくなりますね。NHKの解説委員なのどは、そんなにいうなら、毎日、浪江町にテントを張って生活して、そこから報道解説しろと言いたくなります。

  • 2011/03/26(土) 16:02:06 |
  • URL |
  • らむちゃのパパ #GCA3nAmE
  • [ 編集 ]

しかし、小沢氏の旧選挙区、あの壊滅的被害を受けた陸前高田市で、震災後わずか2週間で早くも仮設住宅の入居申し込み受付開始・・・。若者言葉で恐縮ですが、氏の底力「まじっぱねえっす」(「本当に半端じゃないです」の意)。

  • 2011/03/26(土) 17:56:25 |
  • URL |
  • bella donna #-
  • [ 編集 ]

朝日、星編集長、福島出身だったなんて
政治の混乱や日本情勢に迷惑かけたことを反省してください。

  • 2011/03/27(日) 12:51:05 |
  • URL |
  • unknown #-
  • [ 編集 ]

国会議員は何のためにいるのか

直ちに震災復興緊急対策臨時国会を開け!

国会開かんなら国会議員全員の個人資産没収して被災者へ公平に分配しろ。

>辺野古浜 境界線工事
>>http://sacredplaces.cocolog-nifty.com/blog/2011/03/post-8093.html
米軍は災害支援といえるほどのことはなにもしていない。防衛局は米国の手先か?とっとと思いやり予算を凍結して震災復興支援へ回せ。直ちに国会を開いて地位協定破棄を緊急決議せよ!

  • 2011/03/27(日) 21:18:28 |
  • URL |
  • 通りがけ #-
  • [ 編集 ]

国会議員は何のためにいるのか2

「原発建設促進政治家も共犯(共謀共同正犯)である」
>>http://etc8.blog83.fc2.com/blog-entry-954.html
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
原発関連団体は「天下り」の巣窟だった !(日刊ゲンダイ)
2011⁄03⁄27(日) 23:58
やはりという日刊ゲンダイの記事を今日は転載させていただく。


原発関連団体は「天下り」の巣窟だった [[原発]巣くった役人 被曝する弱者]
・・・中略・・・
原子力問題などを研究する市民グループ「高木学校」(東京)のメンバーはこう言う。
「原発は産官学一体となった国策です。だから原発の関連団体には、電力会社や電機メーカー、研究者とともに天下り官僚がいる。これはずっと続いてきたことです。国が研究開発、用地確保、住民への広報活動といった一連の活動を全面的にバックアップしてきたため、反対運動もあまり起きず、広がらなかった。そうやって長年、原子力業界は牛耳られてきたのです。その結果が、今回の大事故の背景にもあるのではないでしょうか」

これだけ多くの団体が税金で原子力を研究しながら、いざという時には役に立たない。甘い汁を吸ってきた官僚OBは、率先して現場で汗を流したらどうか。自衛隊や消防、警察、東電協力会社に尻拭いさせて、知らんぷりは許されない。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

通りがけ
「原発建設促進政治家も共犯(共謀共同正犯)である」

原発促進に一番多大な影響力を行使したのが、天下り官僚と利益分配談合を成立させて結託した政治家たちである。

地元の青壮年に犠牲者を含む放射能大量被曝者を発生させた東海村JCO臨界事故の後、白砂青松の美しく貧しい東海村の郷土へ若き日に「クリーンで安全な」原発を誘致した郷里を無限に愛する自民党重鎮政治家梶山清六は、「とんでもないことをしてしまった」と断腸の思いにさいなまれた挙句原発絶対反対派政治家へと君子豹変したが、その途端に原発廃止政策を打ち出す暇も無く「自民党重鎮七奉行乱世の梶山清六」と呼ばれた働き盛りで急逝した。

息子がただちに父親の無念の遺志を継いで国会議員の後を襲ったが、奇怪なことにこちらも議員活動開始後半年も経たぬうちに父親より遥かに若くして急逝している。

梶山親子の地盤を手中にして衆議院議員に初当選した自民党額賀福志郎はその後防衛大臣に就任している。

庶民の相互扶助のお互い様の輪

「脱出は自家用車でいっせいに整然と粛々と難民として集団脱出成功させよう!」

>>今頃プルトニウムの分析着手とは・・・。いよいよ「命てんでんこ」か!
>>http://etc8.blog83.fc2.com/blog-entry-953.html
「命てんでんこ」・・・自分の命は自分で守りなさい。

番組名は忘れてしまったが、パソコンの引越し作業をしつつ、テレビを聞きながら面白そうだったのでチラチラ見ながら、この耳慣れない単語だけメモにとって後で調べて付け足してみた。

「命てんでんこ」というのは、三陸地方に伝わる言葉で、場所によっては「津波てんでんこ」になるようだ。

「てんでん」は、「銘銘に」ということのようで、自分の命は自分で守りなさい、地震があったら津波が来るから、家族がてんでんバラバラになっても、自分だけでもすぐに高いところに避難しなさい、親が死んでも兄弟が倒れても、津波がきたら振り返らずとにかく逃げてくれ、という願いでもあるということだ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「脱出は自家用車でいっせいに整然と粛々と難民として集団脱出成功させよう!」「庶民の相互扶助のお互い様の輪」

集団で地震が少なく温暖な西日本瀬戸内海地方の原発が無い過疎県へいっせいに集中的に押し掛け疎開すればよい。各県とも外国人すら受け入れるのであるから同じ日本人である被災難民集団疎開を受け入れ拒否する日本国民県民市民など日本人庶民にはひとりもいない。役人を除いてね。
そもそも日本の天下り役人は日本国民としての義務を果たしていないから庶民の相互扶助のお互い様の輪のなかに入れてやることはできない。

命てんでんこや津波てんでんこや原発てんでんこの緊急時には天下り役人とその手先の命令など完全無視すべし。

大地震や大津波、原発の被害
この国の悪い体質を大きく表す。
検察、警察の事件の隠滅、政治、官僚、マスコミの隠滅腐敗、石原都知事の傲慢、私物化。

被害に遭った犠牲者の方々に謹んで黙祷。

  • 2011/03/28(月) 09:13:46 |
  • URL |
  • unknown #-
  • [ 編集 ]

http://bit.ly/eggFDx
反原発の学者は教授にはなれません。
それがこの国の現実なんですね。
自分は、カンニング事件以来、京大に
対して良い印象を持っていませんでしたが、
東大よりは懐が深いんだなぁと、ちょっと見直しました。

  • 2011/03/28(月) 12:50:03 |
  • URL |
  • chiba #-
  • [ 編集 ]

毒花の結実

>どうしてこの国のエリートを自認する者にはそういう思いや覚悟が感じられないのだろう、どうして上っ面だけの選挙用パフォーマンスにみえてしまうのだろう。
http://d.hatena.ne.jp/dokuhebiniki/20110327/1301174643
のコメント<

それはまさしく小泉竹中自公米軍隷属ポチ政権が「失われた10年」の間にこの国にせっせと種をばら撒き植えつけた毒花が、いまにしてまさに結実したからである。

  • 2011/03/28(月) 13:26:36 |
  • URL |
  • 通りがけ #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://yamame30.blog103.fc2.com/tb.php/63-20120ea0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。