FC2ブログ

【稗史(はいし)倭人伝】

稗史とは通俗的かつ非正統的な歴史書等をいいます。 現在進行形の歴史を低い視点から見つめます。

新型インフルエンザ等対策特別措置法の改正はコロナ以上に危険。安倍退陣への正念場。

バカが幼児返りしている。
幼児は考えずに反応する。
文書の開示を請求されると即座にシュレッダーにかける。
反応速度がどんどん速くなっている。
愚かな幼児は反射的iに嘘をつく。
後先を考えずに嘘をつく。
嘘の後始末は手下にやらせる。

子供の頃は親が不在がちでお手伝いさんが面倒をみていたとか。
お手伝いさんが「宿題をやった?」と訊くと、やってもいないのに、「やった」と答えていたそうだ。
問題はその後にある。
嘘をついた晋三をお手伝いさんは叱らなかっただろう。
嘘をついても叱られない。
そのまま身体だけおおきくなったのが安倍晋三なのだ。

もともと日本語がろくに理解できていない子供である。
しかし、悪知恵だけは人並み以上に身につけて育ってしまった。

今度の新型コロナ対策でも数々の違法・不法・愚行を犯し続けている。
何とかいっぺんチャラにしたい。
思いついたのが「新型インフルエンザ等対策特別措置法」の悪用である。
従来の特措法で何の不都合もないのだが、独特の日本語理解で改正を主張する。
緊急事態を自分の手で宣言したいらしい。
しかも、施行日を2月1日に遡らせるのだとか。
これで2月以来のでたらめ対策に対する非難や追及を退けられる。
「法に従って」
「ルールに則って」
ひたすら言い張る晋三の姿が目に浮かぶようだ。
従来の特措法にも「緊急事態」のの規定がある。
何の不都合もない。
「従来の特措法は未知のウィルスを対象としている。今度の新型ウィルスは既に正体が分かっているから使えない」
バカも休み休み言え!

今度の流行で始めて名前がつけられたのだ。
令和2年2月11日に世界保健機関が当疾患を「COVID-19」と命名。

ワクチンもない。
治療法も確立していない。
名前もようやく付けられたばかり。
これのどこが既知のウィルスなのだ!
そもそも「特措法」には未知のウイルスだけなどとは書かれていない。
対象になるのは「新型インフルエンザ等」である。
この法律で十分に対応できるではないか。
多分、他にも何か忍び込ませているのだろう。

2月1日に遡って施行という件は国対レベルでは潰れたという記事があったが。
まったく油断も隙もあったものじゃない。

敵も「桜前夜祭」・「黒川検事長定年延長」問題で苦しいのだ。
野党には余程しっかりしてもらわねばならない。

【詳報】首相「法改正やらせて」 新型コロナで野党に

(長いので少しだけ抜粋させていただく)
一方で首相が特措法改正を提唱するのは、法的根拠のないまま「見切り発車」した小中高校の一斉休校要請などについて、後から法の「お墨付き」を得る狙いもあるのでしょう。2月1日にさかのぼって適用するという法案内容からも、見え隠れします

(野党党首から新型コロナウイルスを新型インフルエンザ等対策特別措置法に適用すべきだといった)意見もいただいたが、未知のインフルエンザでなければ適用できない。特措法を適用する上で、新型コロナ感染症を加える改正をお願いしている。特措法では非常事態宣言が発動できることになっているが、それはまさに最悪の事態を想定して行うということだ。この『1、2週間』はそうならないための『1、2週間』だと考えている」(野党5党の党首との個別会談後、首相官邸で記者団に)

首相の投げるボールに対し、野党側は足並みの乱れを露呈する可能性がある。政権中枢と党幹部らが近い関係にある日本維新の会のほか、「提案型」を掲げる国民民主党も協力に前向きだ。国民の玉木雄一郎代表は、緊急経済対策や「与野党による協議の場」の設置などを首相に求める構えをみせている。

 こうした協力路線に対し、立憲民主党の幹部は「首相は野党を『共犯』にしたがっている。それに乗るわけにいかない」と警戒する。緊急事態宣言が出れば国民生活の制約につながることから、共産党では「必要性、緊急性を吟味する必要がある。あまり賛成できない」(幹部)との声が強く、社民党内にも慎重論がある。

 立憲執行部は法整備への党の対応について「世論の反応を見て、賛成か反対かを決める」と説明する。ただ、野党陣営を束ねていく野党第1党としての「責任」も問われる。


なんとも頼りない野党の姿である。
「出来る限り」
「最大限」
などという情緒的・主観的な言葉で今度も又騙されそうだ。
この男相手に口約束などは何の価値もないぞ。
せっかくここまで追いつめたのに、ここで逃げられては元も子もないではないか!



人気ブログランキングへ





コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://yamame30.blog103.fc2.com/tb.php/549-8a6da0d4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)