【稗史(はいし)倭人伝】

稗史とは通俗的かつ非正統的な歴史書等をいいます。 現在進行形の歴史を低い視点から見つめます。

いつでも、どこでも嘘をつき続ける安倍晋三。 やはり中東でも。

毎日のように嘘をつき続ける安倍晋三首相。
本人もどこまでが本当で、どこからが嘘なのか分からなくなっている状態である。
自然、自分のついた嘘をいつのまにか本当のことと思いこむようになっている。

「私は総理大臣なんですよ。総理大臣が嘘を言うはず、ないじゃありませんか!」
実に理路整然とした論法である、と安倍晋三は、本気でそう思っている。

「正恩氏、日本と対話用意」 文氏、首相に伝達 拉致、南北会談で提起 2018年4月30日  朝日デジタル
 安倍晋三首相は二十九日、韓国の文在寅(ムンジェイン)大統領と電話で協議した。文氏は、北朝鮮の金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長が二十七日の南北首脳会談で「いつでも日本と対話する用意がある」と語ったことを説明。正恩氏に日本人拉致問題を提起し、首相の考えを伝えたと明らかにした。日韓両首脳は、完全な非核化に向け北朝鮮に具体的な行動を促すことで一致した。

結局、「いつでも日本と対話する用意ある」と金正恩が言った、と文在寅が言った、と安倍晋三が言ったってことか。
日本政府から出てくるのは、伝聞・又聞き、それに歪曲・捏造情報ばかり。
メディアもそれを垂れ流すだけ。

外交での実際のやりとりは、確かめようがない。
つまり、嘘のつき放題である。
都合が悪いときは、「外交上の問題ですので、コメントは差し控える」

首相、トランプ氏から南北会談の説明受ける 電話協議
 協議後、首相は記者団に「詳細な説明を受けたが、詳細については差し控えたい」と述べたうえで、南北会談を「非核化など北朝鮮をめぐる諸懸案の包括的な解決に向けた前向きな動きであり、北東アジアの平和と安定に向けた歴史的な一歩として歓迎すべきものであるとの認識で一致した」と語った。

「電話協議」は、「電話連絡」の間違い。
「詳細な説明を受けたが」の部分は嘘。
「詳細については差し控えたい」は、「詳細については持ち合わせていない」が正しい。

この惨憺たる状況下、安倍晋三は中東旅行中である。

日中韓首脳会談、東京で9日開催 北朝鮮問題協議へ
ヨルダン訪問中の安倍晋三首相は1日午後(日本時間同日夜)に記者会見し、北朝鮮問題について「(日朝)平壌宣言に基づいて拉致、核、ミサイルを包括的に解決し、不幸な過去を清算して、国交正常化を目指していく。我が国の方針は一貫している」と述べた。

「国交正常化を目指していく。我が国の方針は一貫している」

そんな我が国の方針は聞いたことがないぞ。
同じ記事中の関連記事
北朝鮮との国交断絶を評価 首相、ヨルダン国王と会談
ヨルダン訪問中の安倍晋三首相は1日昼(日本時間同日夜)、首都アンマンのフセイニーヤ宮殿でアブドラ国王と会談した。首相はヨルダンが1月に北朝鮮との国交断絶に踏み切ったことを評価し、両首脳は北朝鮮が「完全な非核化」を実現するまで最大限の圧力を維持する方針を確認した。
 首相は南北首脳会談など最新の北朝鮮情勢を伝えたうえで、「中東が抜け穴になってはいけない」として圧力維持を呼びかけた。国王は「日本の立場を支持する」と応じた。

「最大限の圧力を維持」
こうなると、嘘つきとか二枚舌とかいう段階を越えて「分裂症」ではないか。

さて、この後だが……。
米朝首脳会談が数週間以内に行われる予定らしい。
結果がどうなるかはまるで分からない。
なにしろトランプと金正恩の二人のことである。
しかし、万が一それが上手くいってしまったら、次は休戦協定から平和協定へと進むかもしれない。
そのとき、日本はどうするのか?

北朝鮮は国連加盟国であるが、日本、アメリカ、フランスなどいくつかの国は北朝鮮国家を承認していない。
韓国も北朝鮮もサンフランシスコ平和条約に署名していない。
韓国とはその後1965年、日韓基本条約によって正式な国交が結ばれたが、それでも慰安婦問題、領土問題などが燻っている。
そして今後北朝鮮とは戦後賠償の問題が浮上してくる。
拉致問題より遙かに厄介な問題である。
到底、安倍晋三の手に負える問題ではない。

今すぐ、まともな政府を作らなければ、日本は目も当てられない状況に陥ることになる。
アメリカ、中国、韓国とも北朝鮮との直接交渉をどんどん進めて行くだろう。
勿論安倍晋三は、本人がいくら否定しても蚊帳の外である。
取り残された日本は、北朝鮮との妥協を余儀なくされる。
アメリカ、中国、韓国がそれを日本に強要してくる。
折角纏めた北朝鮮との関係を日本のせいで壊す訳にはいかないからだ。
国際世論もそれを後押しする。
勿論、金正恩は嵩にかかって攻めてくる。
もしかすると、日韓併合以来の、償い・謝罪。賠償を求めてくるかもしれない。
どう考えても、安倍には、荷が重すぎる。
困ったことに自己肥大化しきった安倍晋三にはそれが分からない。



人気ブログランキングへ





コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://yamame30.blog103.fc2.com/tb.php/484-575f712c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad