FC2ブログ

【稗史(はいし)倭人伝】

稗史とは通俗的かつ非正統的な歴史書等をいいます。 現在進行形の歴史を低い視点から見つめます。

大阪地検女性特捜部長の驚きの経歴

国の補助金を不正に受給した疑いで逮捕された学校法人「森友学園」の籠池夫妻。2人を逮捕した大阪地検特捜部の山本真千子部長が、「初の女性部長」と注目を浴びている。
「森友問題」担当 大阪地検特捜部“女ボス”の評判と本気度(日刊ゲンダイ 2017年8月2日 )

ところで、籠池夫妻の逮捕は2017年7月31日。
逮捕容疑は詐欺罪。
その後、
大阪地検特捜部は21日(8月)、詐欺罪で、学園前理事長の籠池(かごいけ)泰典=本名・康博=容疑者(64)と、妻の諄子(じゅんこ)=同・真美=容疑者(60)を起訴した。また特捜部は同日午後にも、学園が運営する塚本幼稚園で大阪府などの補助金をだまし取ったとして、詐欺容疑で両被告を再逮捕。
追起訴が9月11日。
これで捜査は終結。事件は終わった。と思ったが……。
それから間もなく八ヶ月、未だに公判は開かれず、籠池夫妻は檻の中。

日本国憲法第37条 すべて刑事事件においては、被告人は、公平な裁判所の迅速な公開裁判を受ける権利を有する。

公判も開かず、拘留を続ける検察は明らかに憲法違反である。
その大阪地検特捜部のトップがこの女性。
山本真千子 1963年生まれ、兵庫県出身。大阪市立大卒業後、91年に東京地検に着任。その後、大阪や神戸、金沢地検などを経て、13年7月、法務省人権擁護局総務課長に就任。15年10月、大阪地検特捜部長>。

何と、前職は人権擁護局だったとは!
被告人側は、何度も保釈請求を行っているらしいが、検察の反対を裁判所が認めることの繰り返しらしい。
何のための長期拘留か?
言うまでもない。口封じである。

財務省の役人も、麻生も、「捜査中の事案」とか、検察の捜査に影響を与えかねないとか、検察捜査が終わったら、とか、検察捜査を理由に答弁拒否を繰り返している。
検察の捜査などいつ終わるか見当も付かない。
第一、捜査なんかしているのか?

そもそも、大阪地検特捜部とはなんぞや?

安倍や麻生を守るために籠池夫妻を憲法違反を犯してまで拘留し続けている。
今度の文書改竄事件で大阪地検特捜部が乗り出したなどと期待する声があるようだ。
大阪地検特捜部が本気で安倍や麻生と戦う気があるなら、とっくの昔に籠池夫妻を釈放しているはずだ。

大事なのは、大阪地検特捜部に対する期待ではなく、監視である。

ついでに付け加えておきたい。
検察は司法機関ではない。
行政機関である。
検察官はれっきとした法務省所属の役人であり、彼らの辞令は法務省から出ているのだ。
多分彼らの生殺与奪の権は内閣人事局とやらが握っているのだろう。



人気ブログランキングへ






コメント

こんばんわ。

まあ、どこまで続く忖度政治という昨今ですが、官邸が省庁の幹部連中の人事権を握った結果、恐怖政治から忖度行政に・・・といったところでしょうか? まあ個人的には、自由だとか平等だとか人権だとか、はたまた民主主義とか憲法とか三権分立だとか、これらものは国民が権力者から勝ち取ってかつ守って行くものであって、空から自然に降ってくるものじゃないと思いますよ。そういう意味では、今の日本人はこれら全てを戦争に負けた結果としてアメリカから貰っただけですので「努力して守って行かなければならないもの」なんて意識すらないのかも。不幸(かつ、お間抜け)なことですよね。

  • 2018/03/16(金) 22:37:16 |
  • URL |
  • bella_donna #195Lvy4Y
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://yamame30.blog103.fc2.com/tb.php/465-446a2368
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)