【稗史(はいし)倭人伝】

稗史とは通俗的かつ非正統的な歴史書等をいいます。 現在進行形の歴史を低い視点から見つめます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

安倍晋三記念小学校が集めた寄付金はどうなる?

籠池理事長が学校設立の申請を取り下げたとか。
誰かが猫の首に鈴をつけたのだろう。
この理事長、自分からすんなり諦めるようなタマではない。
十分な見返りの提供があったはずである。
申請取り下げでホッとしている人間も少なくなかろう。
何よりマスコミの追及も下火になっていく。

しかしながら、まだまだ問題は多く残っている。
「安倍晋三記念小学校」という名称を使って集めた寄付金の処理がある。
いくら集まったのか分からないが、これも返さなくてはならないのではないか?
もしかすると億単位で集まっていたかもしれない。
何と言っても『安倍晋三』という名前が入った奉加帳が回ってくればそれなりに奮発する連中も多かろう。

三月十日の籠池発言
籠池氏「私は今ここで一端下がりますが、また再びチャレンジさせていただきます。建設地が大阪だろうがどこだろうが、日本国民としては一緒。(学校建設は)一回だけの人生、天から与えられた使命だ」

寄付金を返さないで済むようにという伏線か?

土地の買い戻しも残っている。
「原状に戻した上で、売値の一億円余で買い戻す」という国の主張は実行不能だろう。
近畿理財局の主張するように、八億円の廃棄物処理費用を差し引いた売値が一億円であったとしても、廃棄物処理は森友学園が自費でやったのである。
八億円は森友学園に現金で渡されたわけではない。
一億円の土地に森友側が八億円分の価値を付加したのである。
それを一億円で買い戻すのは余りに道理にはずれている。
ただし、これはあくまで、理財局の主張するように、その敷地がゴミだらけの土地であり、森友側が実際にそれだけの工事をしたということが事実であるとするならば、である。
どうせ、どこを掘ってもゴミなどほんのわずかしか出てこないだろう。
理財局が大量のゴミを確認したという話が真っ赤な嘘だったか、森友側の言うようにちゃんと処理されたかのどちらかということになる。
国が八億円の値引きの正当性つまり廃棄物はあった、と主張する限り、国は八億円を籠池氏に返さなければならない。
国が一億円で売った土地つまり一億円の価値しかなかった土地が、九億円の価値になって戻ってくるのだ。
これでは籠池が八億円の損をする。

更に、校舎の建築費の問題がある。
只で小学校を手に入れようとした人物である。
手持ちの金で建築できるはずがない。
が、建築業者に払う分くらいは用意しているだろう。まさかそれまで踏み倒す積もりだったとは思えない。
どこからか建築費を調達したはずである。
銀行の融資がついたという話もあるが、銀行が無担保で五億十億の融資をするとは思えない。
もしかするとその土地に抵当権が付けられているかもしれない。
登記簿を見れば一目瞭然なのだが、私はそこまでするつもりはない。
もし抵当権でもついていれば、国が税金でそれを外さなければならない。
もっとも、それだけの価値のある『誰かの保証』でもあれば無担保の融資もあるかもしれない。

籠池理事長としては、「ゴミの除去費+校舎の建築費+相応の利益」が補償されなければ降りるに降りられない。
勿論、相応の利益には諸々の口止め料が含まれる。

三月十日の会見での籠池発言
籠池氏「国会議員から口利きもしてもらっていないし、安倍(晋三)首相や昭恵夫人から何かしていたいただいたことはない。

奴らはこれを言わせたかったのだろう。
そして籠池にこれを言わせた奴らは、又すべてを税金で処理する積もりでいるのだろう。


※ コメントは歓迎しますが、長すぎるコメントはご遠慮下さい。


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村





コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://yamame30.blog103.fc2.com/tb.php/445-ed1be2c0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。