【稗史(はいし)倭人伝】

稗史とは通俗的かつ非正統的な歴史書等をいいます。 現在進行形の歴史を低い視点から見つめます。

『美しい国、日本』で起きた沖縄女性殺人事件

中学校で習ったことだが。
日米修好通商条約が結ばれたのは1858年。
この条約には二つの不平等が含まれていた。
治外法権と関税自主権である。
明治政府が岩倉使節団を派遣したのは明治4年(1871)。
これには条約改正のための下交渉の意味合いもあったらしい。
治外法権の撤廃にこぎ着けたのは明治27年(1894)である。
徳川幕府による条約締結の36年後、明治政府成立後26年。
長かったのか短かったのか。
さて、ポツダム宣言受諾、日本占領が1945年。
サンフランシスコ平和条約締結が1951年。
同時に結ばれた日米安全保障条約で治外法権が残った。
翌1952年、『日米行政協定』
1960年、『日米地位協定』
以後、この協定はそのまま存続している。

日米地位協定(ウィキペディアより)
概要
この法律の第17条により、「合衆国の軍法に服するすべての者に対して(第17条1-a)、また米軍基地内において(第17条1-b反対解釈)、合衆国の法令のすべての刑事及び懲戒の裁判権を日本国において行使する権利を有する。」とされ、合衆国軍隊が第一次的裁判権を持つ。「統一軍事裁判法」に服する者には、日本で罪にならない犯罪でも同法で犯罪となるなら、米軍が専属的裁判権を行使する権利を有する(第17条2-b。日本国法令ではなく合衆国法令やアメリカ軍軍法その他が適用される)。また裁判権が競合する場合でも、公務執行中の作為又は不作為から生ずる場合は、合衆国軍隊の構成員又は軍属に対して米軍が第一次的裁判権を有する(第17条3-a)とされる。
不平等性の主張
協定の改定を求める日本の人々は、日米地位協定が不平等であると主張している。総じて、日本国内でありながら日本の法令は適用されず駐在公館(将兵個人には外交官)並みの治外法権・特権が保証されており、逆に日本国民の人権こそが侵害されているとして、在日米軍基地周辺の住民、特に多数置かれる沖縄などの地域の住民から内容の改定を求める声が上がっている。 同じ第二次世界大戦敗戦国のイタリア共和国、ドイツ連邦共和国が冷戦後に大使館の土地以外の管理権を取り戻したのに対して日米地位協定は1960年以来、運用改善のみで一言一句改定されていない。
裁判権
第17条5(C)により、日本で裁判を受けるべき被疑者であっても、アメリカが先にその身柄を拘束した場合は、身柄が引き渡されるのは検察により起訴がなされた後である。このため、起訴までの間に充分な捜査ができない。更には重罪にも拘らず身内の行為として不当に寛大な処分がされる恐れさえある(→軍法会議#軍法会議の問題点)。1956年3月28日の日米合同委員会では、職場で飲酒した後の帰宅途中に事件事故を起こしても「公務中」とみなす取り決めが、同年10月28日の委員会裁判権分科委員会刑事部会会合では、第一次裁判権さえ放棄し“実質的に重要であると認める事件についてのみ権利行使”とする密約が結ばれていた事が後年に判明している。

たまたま今度の事件は、容疑者の公務外を米軍側が認めたために、日本の警察が取り調べられたということらしい。
公務の認定は米軍の思し召し次第である。
裁判権だけではない。
対アメリカ軍に関しては、日本の主権はボロボロ、なきに等しい。

明治政府でさえ26年でやり遂げたことを戦後70年を経た日本はできないでいる。
やろうともしていないし、やるという意志さえ持ち合わせていない。

『美しい国、日本』
安倍晋三の公式ホームページに掲げられた『標語のようなもの』である。
だが、この『美しい国』は、傷ついた主権国家である。

自国民が外国軍隊に傷つけられ殺され続けているのだ。
これが『美しい国』なのか?
これは個人の犯罪なのではない。
アメリカ軍の犯罪なのだ。

女性遺体遺棄事件 防衛相が沖縄の米軍トップに抗議
中谷防衛大臣は沖縄のアメリカ軍関係者の男が女性の遺体を遺棄したとして逮捕された事件を受けて、21日沖縄県を訪れ、沖縄に駐留するアメリカ軍のトップに対し、強く抗議したうえで、再発防止などの徹底を要請しました。
(中略)
ニコルソン四軍調整官は「非常にショックで残念に思う。ご遺族とご友人に謹んでお悔やみを申し上げ、被害者のご冥福をお祈りする。これからも捜査に全面的に協力し、このような事件が二度と起こらないよう全力を尽くす」と述べ、再発防止などの徹底に努める考えを示しました。

”抗議”に”要請”
それに対して反ってくるのは、
”捜査に全面的に協力”
”再発防止に全力”
何回同じ言葉を繰りかえすのか!

『日本を取り戻す』というのも、安倍自民党の選挙のお題目にあった。
まず、日本の主権を取り戻すのが先だろう。
『日本の主権を取り戻す!』
その後で『美しい日本』でも『強い日本』でも取り戻せばいい。


>人気ブログランキングへ
↑ ご面倒でもクリックをお願いします

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村





コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://yamame30.blog103.fc2.com/tb.php/424-1177957b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad