【稗史(はいし)倭人伝】

稗史とは通俗的かつ非正統的な歴史書等をいいます。 現在進行形の歴史を低い視点から見つめます。

日銀総裁選びへの疑問……アベノコミックス

内閣総理大臣    安倍 晋三

財務大臣
内閣府特命担当大臣
(金融)
デフレ脱却・円高対策担当
          麻生 太郎

経済産業大臣
内閣府特命担当大臣
(原子力損害賠償支援機構)
原子力経済被害担当
産業競争力担当
          茂木 敏充

経済再生担当
社会保障・税一体改革担当
内閣府特命担当大臣
(経済財政政策)
          甘利 明

この顔ぶれだけでもかなり恐ろしい。
この連中が国の、経済・財政・金融の権限を握っている。
更に恐ろしいことが起こりつつある。

日銀総裁人事、近く提示へ 安倍首相「デフレ脱却に強い意志持つ方」  (産経ニュース 2013.2.18 )
参院予算委員会は18日、平成24年度補正予算案の実質的な審議を始めた。安倍晋三首相は新しい日銀正副総裁の条件で、「私と同じ考え方を有し、デフレ脱却に強い意志と能力を持った方にお願いしたい」との意向を改めて表明した。

日銀と政府が同じ方向を向いて協力するのは効率的ではある。
ただし、歯止めは利かなくなる。

なんといっても、内閣総理大臣が、「私と同じ考え方を有し」ている人間を選ぶのである。
安倍晋三と同じ考えの日銀総裁など、悪夢である。

大臣は首にできるからまだいい。
安倍内閣もどうせ長くはもたないだろう。
しかし日銀総裁の任期は5年である。
任期中、首にはできない。
本人が辞意を表明しない限り、5年間はそこに座っているのである。

安倍が辞めても、どうせまた自民党の中でたらい回しをするだけだ。
大した違いはないだろうが……。

しかし、この先何が起こるか分からない。
安倍とは考え方の違う内閣が、突如誕生するかもしれない。
まともな経済・財政・金融政策を進めようとする内閣が誕生するかもしれない。
そのとき唯一人、安倍晋三の双子の片割れのような日銀総裁がいたらどうなる?
日銀が政府の足を引っ張ることになる。

新日銀総裁には、「安倍晋三と同じ考えのひと」というレッテルがすでに貼られてしまっている。
そしてそれが彼の金融政策の縛りになる。

もしかすると次の内閣に備えた安倍晋三の時限爆弾ということか。



頑張れ、小沢一郎! 人気ブログランキングへ
↑ ご面倒でもクリックをお願いします

「本当のこと」を伝えない日本の新聞 (双葉新書)「本当のこと」を伝えない日本の新聞 (双葉新書)
(2012/07/04)
マーティン・ファクラー

商品詳細を見る

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村





コメント

本来は、みなさんの収入が増えて、その副作用として物価があがるものですが、物価をあげてみなさんの収入をあげようというのは元末逆で、物価上昇を2%の上昇にコントロールしようなんて至難の業だと思います。長らく投稿がなかったので、どうされたのかと思っておりました。

  • 2013/02/21(木) 12:14:31 |
  • URL |
  • らむちゃのパパ #GCA3nAmE
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://yamame30.blog103.fc2.com/tb.php/395-dcace6fb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad