【稗史(はいし)倭人伝】

稗史とは通俗的かつ非正統的な歴史書等をいいます。 現在進行形の歴史を低い視点から見つめます。

オリーブの木ではなく、一本の巨木を目指せ

小沢一郎に対するマスコミの悪意に満ちた姿勢を考えると、『オリーブの木』と言う戦略は現実的な選択だったのかもしれない。
だが、主木として選んだ木は余りにもひ弱でか細く包容力に欠けるものだった。

しかし、もともと集めるほどのオリーブの実などなかったのだ。
ドングリを少しばかり拾い集めてもしょうがない。
自民・公明・民主・維新・みんな。
どれもすべて向こう側の陣営なのだ。
そして向こう側には”共産主義”を口にしなくなった共産党まである。
反・自民の票を分散させることだけが役割の党である。
もはや共産主義など信奉していないくせに、絶対にその名は捨てない。
自分たちの存続こそが自己目的化している政党である。

生活の党の周りは敵だらけなのだ。
生活の党というより、小沢一郎の周りと言ったほうがいい。
だがこの4年間で、小沢一郎の最大の敵はマスコミであることもはっきりした。
一人では弱いくせに、集団になると急に居丈高になる。
かれらが日本の政治的土壌を腐敗させてきたのだ。

今や、”政治と宗教”、”政教分離”という言葉などとんと聞くこともなくなった。
精々、靖国参拝に関連してまれに取り上げられる程度である。
近年、公明党と創価学会の問題を正面から取り上げたマスコミは皆無であろう。
この正月、テレビで繰り返し”聖教新聞”のコマーシャルが流れた。
もはやマスコミにとって、”政治と宗教”の問題はタブーを通り越して、無視していい問題になってしまったようだ。

NHKのドラマ志向も度がすぎている。
NHKの聴取料はほぼ強制的に取られる。
税金と同じである。
もはや国家が国民に税金を使って娯楽を提供する時代は終わっている。
たがマスコミはNHK批判は行わない。
NHKが民営化でもされると、テレビコマーシャルをごっそり持って行かれてしまうという恐怖心からだろう。

バラマキ4Kという言葉を行き渡らせたのもマスコミである。
いまではだれも”高速道路無料化”など口にしなくなってしまった。
言ったとたんに、『バラマキ』という言葉が返ってくる。

安倍がやると”アベノミクス”だとか。
マスコミはたまに「財源は?」と尋ねるが、アリバイ作りに過ぎない。
本気で追求する気がないのは余りにも明らかである。
世界で最も早くそして最も長く金融緩和を続けてきたのは日本である。
金融緩和が景気回復に効かないのははっきりしている。
多分、”景気”という段階を通り越して、経済基盤そのものに問題があるのだろう。

”政治評論家”という肩書きの”政界リポーター”が跋扈している。
彼らは、政策の解説や批判ではなく、政局話を飯のタネにしている。
彼らの財産は政界人脈にどれだけ通じているかということだけである。
芸能リポーターと同水準である。
テレビは一つのワイドショーの中で政治も芸能もスポーツも同じレベルで流している。
見る側も同じ人間が同じ関心度で見ている。

そしてマスコミは、相も変わらず電話調査というお金のかからぬ世論調査を繰り返している。
発表されるのは、消しゴムを片手に鉛筆を舐めながらいじくり回した数字である。

低級な政治家と低級なマスコミが二人三脚でこの国を壟断している。
こんな中で小沢一郎と歩調を合わせる政党など存在できない。
小沢側で歩調を合わせようとすると、自己の存在感を薄めることになる。

総選挙では深傷を負ったが、命まで取られたわけではない。
とことん高く理念を掲げ、政策を練り上げ、武装し、戦うことが復活への道である。
事実と論理をもってマスコミと戦え。
ときには法廷で戦うことも必要だろう。
もはや自分たちが巨木に成長するしかないのだ。
そのためには、「戦う小沢一郎」の姿が一番なのだ。


それにしても、とんでもないバカ女をオリーブの木に選んでしまったものだ。
敵に攻撃されると、言い訳のために味方を生け贄に差し出す。
敵には完全に舐められるばかりである。
敵はおもしろがって何度でも攻撃してくる。
その都度、オロオロして醜い言い訳を繰り返すバカ女。
名前は言うまい。


今年最初のブログだが、愚痴ばかりになってしまった。



頑張れ、小沢一郎! 人気ブログランキングへ
↑ ご面倒でもクリックをお願いします


「本当のこと」を伝えない日本の新聞 (双葉新書)「本当のこと」を伝えない日本の新聞 (双葉新書)
(2012/07/04)
マーティン・ファクラー

商品詳細を見る

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村





コメント

明けましておめでとうございます。
新年早々から愚痴しかでないのも致し方ないです。でも、マスコミも、この国の有り様も、ずっと正義や正論がないがしろにされてきたこの国の歴史を思えば、今に始まったことではなく、常にいつもこうであったというべきかもしれません。それにしても、小沢さんは嘉田氏をかいかぶっていましたね。

  • 2013/01/18(金) 11:57:33 |
  • URL |
  • らむちゃのパパ #GCA3nAmE
  • [ 編集 ]

未来の党との合流は誰しも唐突感を覚えた筈だが、政界に科学者を取り込むなど、新鮮である面では納得のいく戦術でした。
結構、支持票を集めたものと確信できますが、選挙結果の怪しさが其れを物語ってるではありませんか。
小沢氏は何もかも分かった上での公示直前での目晦まし戦術に出たものと推察します。
どうせ一票の格差問題で再選挙は必至と考え、当初100人の立候補予定を半減させてリスクを抑えつつ不正のボロを露呈させる手に出たのではあるまいか。
でなかったら、不正が完璧に成され、疑義の持たれかたも無視できる程度で終わったものと思います。
小沢氏の主張を続けるような、国民が目覚めて自立共生社会の成熟を図るには必須の荒業を仕掛けたと観るのは、あながち邪推でもあるまい。
氏の沈黙の奥には、今も高度で緻密な政治戦略が渦巻いているに違いない。

  • 2013/01/18(金) 19:09:52 |
  • URL |
  • anarogu #SziNSl4A
  • [ 編集 ]

小沢氏は「深傷を負ったが、命まで取られたわけではない。」
まさにこれに尽きる。敵は、マスゴミ、検察等は、氏の完全抹殺をねらったのだ。いまも政治家で居続けていることは大失敗なのだ。

しかも、どうも小沢氏はこれまでの政界、政党のあり方から、まるで隔絶した動きを展開・画策しようとしているように思える。

小沢氏の今の立場は、小政党であること、テーゼの一貫性を手放さないこと、動ける国民政治家集団であることなど、これからの活動のためにいい条件を保持していることだ。

その納得いく中身は、後日示せればと思う。
今日はここまで。

  • 2013/01/19(土) 09:24:20 |
  • URL |
  • shige #XZD.ONyA
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://yamame30.blog103.fc2.com/tb.php/391-390ad9e4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「ロケットスタートでデフレ脱却です。 まず手始めに・・皆さんの収入を下げ、物価を急上昇させます」 アベのリスク

今年最初の更新です。 随分長らくお待たせして・・ と言っても、待ってない人も大勢いるので (苦笑) 今年も適当に更新していきましょう。 (笑) 年明け早々・・ 暗い話題が世間を包...

  • 2013/01/17(木) 16:18:41 |
  • ラ・ターシュに魅せられて

FC2Ad