【稗史(はいし)倭人伝】

稗史とは通俗的かつ非正統的な歴史書等をいいます。 現在進行形の歴史を低い視点から見つめます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小沢離党で求心力を失った民主党と上昇気流の小沢新党

野田・岡田・仙谷・前原・枝野・菅・藤井・渡部……。
反・小沢という点では彼らの結束は固かった。
ある意味、彼らを結びつけていた力は小沢一郎の存在であった。
彼らには理念も哲学も知性もない。
彼らはただただ、反・小沢という点で、利益共同体・運命共同体であった。

その小沢一郎がいなくなった。
今はまだ小沢側からの切り崩しにおびえている。
それが一段落したら彼らは何をするのだろう。
彼らはただひたすら政界というところで自分だけが生き残ることを目標として暮らすことになる。

今のところマスコミは小沢攻撃を続けてくれている。
しかし、いつまでもというわけにはいかない。
国会内第三党の野党に過ぎない小沢新党を攻撃しても政治報道にはならない。
小沢新党報道は政治報道ではなく、自ら政界レポーターの位置に身を落とすことを意味する。
なんといっても政治は政府・民主党中心に動くのだから。

悩みは自民党も同じである。
今はまだ自分たちも気がついていないだろう。
何と言っても自民党は野党第一党である。
政権与党と一緒になって第三党攻撃は様になるまい。
これまでは小沢一郎攻撃という目標もあり、名目もあった。
小沢攻撃が政権与党攻撃にもなっていた。
妥協を引き出す戦術にもなっていた。

しかし、国会で政府側に座っているわけでもない小沢新党を攻撃することはできない。
攻撃の相手は民主党しかいないのである。
いじめて潰すか、それともいじめて子分にするか?

野田もビックリするだろう。
仲間のはずの自民党がなぜオレを攻撃するの?

小沢を攻撃しているときは頼りになった岡田も前原もオレの椅子を狙っている。
当然だろう。
彼らにしてみれば野田辞任、代表戦勝利しか総理大臣になる道はないのだから。

総選挙の惨敗は目に見えている。
政権どころの話ではない。
党が消えちゃうかもしれないのだ。
次の次はないのだ。

そして今度は小沢新党が攻撃に加わるのだ。
野田の生き延びる道はない。

すでに馬糞(まぐそ)の川流れが始まっている。
まぐそは流れているうちにバラバラになる。

造反の新人13人が政策研究会立ち上げ (産経ニュース 2012.7.6)
 消費税増税法案の衆院採決で造反した民主党当選1回の13人が6日、増税反対の研究会「真の一体改革を実現する1期生の会」を立ち上げた。代表世話人は福田衣里子、熊田篤嗣両氏。


より幅広い層の支持を得るためにはそれもいい。
必ずしも小沢新党との連携を言う必要はない。

鳩山氏ら23人「消費税研究会」…離党予備軍? (YOMIURI ONLINE 2012年7月6日)

鳩山はどうでもいいが……。
自分たちだけで勝手に動いていてくれればいい。

こっちの動きは注目すべきである。
流れは完全にこちらに来ている。

「民主党は終わった」小沢新党参加の岩手知事 (YOMIURI ONLINE 2012年7月10日)
 岩手県の達増知事は9日の記者会見で、週内に民主党を離党して、同党の小沢一郎元代表が結成する新党に参加する意向を表明した。
ただ、任期の途中で衆院選に立候補する考えは否定した。達増知事は同日夜に行われた県議会緊急質問の答弁で、「3年前に国民の支持を受けた民主党は終わったと思う」と、新党に参加する理由を述べた。
 達増知事は記者会見で、「今週中に民主党を離党する手続きを取りたい」と述べ、同党県連に離党届を提出し、11日に発足する「小沢新党」への参加を表明した。達増知事は「私本人は何も変わらない。日本の新しい政治を切り開く運動の母体になる政党が、新党の形になることに合わせた手続きをするだけだ」と理由を述べた。


これで小沢一郎の後継者ができた。
小沢はいつでも達増拓也にバトンタッチできる。
達増も今から衆院選立候補など口にする必要はない。

いろいろな形が考えられる。
いずれにしろ達増を小沢新党の顔として売り出さなければならない。

党副代表にしておく。
そして東北復興担当の責任者に据える。

東北復興を旗印にした地方政党を立ち上げてもいい。
彼のぶれない姿勢は頼りになる。

今後五月雨式に民主党離党者は増えていく。
自民党を含めて既成政党の急激な弱体化が進む。

今日7月11日、いよいよ小沢新党が立ち上がる。
頑張れ、小沢一郎と同志たち!
あなた達は単に小沢一郎の同志なのではない。
わたしたち国民の同志なのだ!

小沢自身が立て!ダメなら 達曽拓也岩手県知事という選択もある (2012/07/02)



頑張れ、小沢一郎!
人気ブログランキングへ
↑ ご面倒でもクリックをお願いします

戦後史の正体 (「戦後再発見」双書)戦後史の正体 (「戦後再発見」双書)
(2012/07/24)
孫崎 享

商品詳細を見る

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村






コメント

そうだろうか

国民や国益等そっちのけで、己の選挙だけの政治家が本当に我々日本の為になるのでしょうか?自分が金儲けした以外、国や国民の為に何をしてくれたのですか?

  • 2012/07/11(水) 07:13:36 |
  • URL |
  • ラテッチャン #-
  • [ 編集 ]

亭主のおっしゃる通り。
国民の同士だ。日本人の悪いところは、常に「してもらう」ことを期待するところだ。
普段、政治家に無関心のくせに、選挙で1票投じたくらいで、でかい顔をする。
有名人が無名の頃、一度飯をごちそうしたくらいで、いつまでも「あいつは俺が食わせてやった」と言い続ける輩と同じ位見苦しい。
1票投じた相手は、下僕ではない。我々の同士だ。不足しているところも多かろう。いわれなき批判に耐え難い気持ちになる時もあろう。鼓舞し、手伝ってやらねばなるまい。
政治家を働かせたいのなら、もっと積極的に関わることだ。選挙区の代議士の報告会に顔を出し、意見を述べることだ。おいらのみたところ、若者はほとんどきていない。もっと若い連中は政治家と関わらなきゃ駄目だ。
常に受け身でいるのなら、何をされても文句は言えまい。

  • 2012/07/11(水) 12:29:51 |
  • URL |
  • chiba #-
  • [ 編集 ]

財務省の利権が第一

財務省利権の象徴的腹話術人形、野田が都合の悪い用済み詐欺用語「シロアリ」を抹殺して、新たな詐欺用語「待った無し」を喚き続ける。税収が下がる事実は隠しシロアリに続く「待った無し」「安定財源」と大嘘を吐く。野田の飼い主の財務省は消費税を上げれば軽減税率の撒き餌と自分の利権と私腹肥やし放題。国民など全然かんけいない。財務省は国民のためにあるのではなく財務省自身つまり組織の利権の為に存在するのははっきりしていますね。戦後日本、特に冷戦後は決定的ですね。

  • 2012/07/11(水) 14:19:52 |
  • URL |
  • SN #-
  • [ 編集 ]

民主党が終りなのは目に見えていますが、小沢に期待するのは如何なものか。彼は日本をシナに売る積りですよ。シナ共産党が日本に攻めて来た時は、彼は人民解放軍の前線司令官として、売国の先頭に立つでしょう。そんな人間に期待するのは正にあきめくら以外の何者でもありません。

小沢グループの弱点は

 小沢一郎が何でもかんでもやらなきゃいけない。選挙に対しても自ら陣頭指揮を執らなきゃいけないあたりに頭が潰れればあっという間に瓦解する図式は変わっていないように思う。陸山会事件で小沢一郎が執拗に攻撃されたのも民主党は小沢一郎で保っているからという認識があったからだと考えます。達増知事が加わることは新党結成以上に意味のあることかもしれません。既得勢力は小沢の子分とけなすでしょうが、地元をよく知っている知事であれば復興担当としては復興省を建てるよりよほど実のあることができるはず。

  • 2012/07/11(水) 21:00:22 |
  • URL |
  • junk_in_the_box #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://yamame30.blog103.fc2.com/tb.php/319-0551f0de
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

“自立と共生”を理念に、小沢新党「国民の生活が第一」が発足

消費税増税法案での衆議院採決に反対→離党を経ての新党発足。18時からの新党設立総会と記者会見をニコ動の生中継で見てたのですが、さて、これを正確に報道する新聞・TVがどれほどあるのやら(苦笑)。司会から外国特派員の方は・・・と言われて挙手・質問していた新華社...

  • 2012/07/12(木) 22:29:42 |
  • ボヘミアンな京都住まい

小沢一郎が終わった政治家というならどうして夕方のニュースにわざわざ中継を入れるんだろうね?w

・・・実に面白い(某ドラマの福山雅治風にw)。 終わった政治家なら何をしようが放っておけばいいじゃん。だってさ、50人に届くかどうかの少数政党でしょ?内閣不信任案が出 ...

  • 2012/07/11(水) 21:02:04 |
  • 痛みに耐えるのはこれからだ

「9月解散・・10月選挙? やっぱり、8月解散がいいかな? 11月解散も、悪くないし・・」 揺れるダメ垣、ブレる野田

久々の更新となってしまいました。 なんと申しましても・・先週木曜日。 大誤解のうえ開催されましたお不快。 60余命の皆様に (笑) お越し戴き・・ 心より熱く・・御礼申し上げます!(笑) 狭いお席で・・...

  • 2012/07/11(水) 12:23:42 |
  • ラ・ターシュに魅せられて

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。