【稗史(はいし)倭人伝】

稗史とは通俗的かつ非正統的な歴史書等をいいます。 現在進行形の歴史を低い視点から見つめます。

読売の声は神の声…マスコミは巫女か霊媒師

洗脳された人間にとって、洗脳した人間の声は神の声である。
洗脳された人間には、理性も知性も意味を持たない。
ただただお告げの実践こそが価値ある行為なのである。
そして次のお告げを待つ。
お告げがないと、神に見捨てられたかのように不安になる。

野田を洗脳したのは財務省である、と思っていたがどうもそれだけではなさそうだ。
小川前法相の指揮権発動つぶしの素早い動きをみると、検察・法務省の洗脳も進んでいたのだろう。
大飯原発の性急な再稼働決定をみると、経産省の洗脳もかなりのものである。

どうやら野田の洗脳は、個々の官僚の仕事ではなく、官僚機構、官僚組織そのものが担ったものなのであろう。
野田の神は官僚なのである。

官僚が野田にとっての神ならば、神の声を伝える者がいる。
神自身が直接伝えることもあるが、巫女や霊媒師の役目を務めるものがいる。
新聞・テレビである。
この連中は神の声を伝え、お告げの正しさを保証し、お告げの実践を要求し、後押しする。

読売・社説

6月9日付 大飯再稼働へ 国民生活を守る首相の決断
6月9日付 消費税修正協議 日本再建の大局を忘れるな
6月8日付 東電OL殺害 検察を敗北に導いた新証拠
6月8日付 上海協力機構 欧米への対抗姿勢を懸念する
6月7日付 修正協議へ 党利党略排し大胆に譲歩せよ
6月7日付 人口減少本格化 次世代支援にもっと知恵を
6月6日付 日本の製造業 成長市場の攻略で巻き返しを
6月6日付 菊地容疑者逮捕 「オウム」実態解明につなげよ
6月5日付 野田再改造内閣 日本の命運かかる6月政局
6月4日付 内閣改造へ 消費税修正協議の環境整うか
6月4日付 ユーロ急落 欧州の努力を促す市場の警告
6月3日付 「開店休業」国会 法案停滞は与野党の怠慢だ
6月3日付 シリア情勢 停戦を順守させ流血止めよ
6月2日付 野田・輿石会談 首相はぶれずに「採決」へ進め
6月2日付 円と人民元 日中貿易を拡大する直接取引
6月1日付 大飯再稼働へ 「容認」とは福井県に失礼だ
6月1日付 中国書記官疑惑 諜報活動への警戒を怠るな
5月31日付 野田・小沢会談 「もう一度」は時間の浪費だ
5月31日付 原子力規制組織 緊急時には首相指示が要る
5月30日付 国会事故調 反省なき菅前首相の脱原発論
5月30日付 エジプト情勢 イスラム伸長で進む「二極化」
5月29日付 エネルギー比率 「原発ゼロ」では立ちゆかない
5月29日付 携帯ゲーム規制 健全性を重視したビジネスに
5月28日付 社会保障改革 中長期の政策課題は切り離せ
5月28日付 海底資源開発 政府主導で戦略を構築せよ


消費税と原発再開への叱咤激励、野田応援一色である。
現在のところ、神の関心はこの2つのようである。

読売自身が洗脳されているようにもみえるが……。
やはり、お告げを伝える巫女というところだろう。
神の声を発する官僚。
神の声を伝えるマスコミ。
神の声に従う野田。

そして日本の神の上に控えている世界神がいる。
財務省に100兆円のお金を出させる神。
神の意向に沿う者だけが出世できる外務省。
神の国の経済システムに組み込まれることを願う経産省。
神の国の軍隊に有料で駐留して貰っているアホ国家。

神に会っていただくだけでありがたがる総理大臣。
総理大臣の評価は神に会っていただく時間の長さで測られる。

さて神のお告げの一例をみてみよう。

野田・小沢会談 「もう一度」は時間の浪費だ(5月31日付・読売社説)
首相が民主党の小沢一郎元代表と会談し、消費税率引き上げ関連法案の成立への協力を要請した。「社会保障と財政の状況を踏まえれば、一体改革は待ったなしだ」と迫った。
 小沢氏は、「増税前にやるべきことがある」と従来の姿勢を崩さず、法案に賛成できないと明言した。さらに、「行政改革による無駄の排除」「社会保障の理念の後退」「デフレ脱却が途上」の3点を主張したという。
 双方の主張を吟味すれば、明らかに大義は野田首相にある。


早くも神のご託宣が下された。
神は論理を超えた存在である。
神は説明しない。
神は告げるだけである。

『大義は野田首相にある』

解釈や説明は巫女や神官の仕事である。
ここからが巫女の仕事、巫女の腕の見せ所である。

>消費税率引き上げは昨秋以降、党代表選や一体改革関連法案の了承などの党内手続きをきちんと経ている。少子高齢化に伴って社会保障費が増大する中、増税先送りは財政を一段と悪化させよう。
 小沢氏の「増税前にやるべきことがある」との主張は、改革先送りのための常套(じょうとう)句に過ぎない。行革やデフレ脱却の重要性は、党内論議で何度も確認されている。


もともと神は我が儘勝手、不条理な存在である。
その理不尽な言葉を解釈する巫女はありとあらゆる屁理屈を動員する。
愚かな民衆を騙すのはさほど苦労ではない。

もともと大衆全部を納得させようとしているわけではないのだ。
大多数が納得すれば、残りの少数は黙ってしまうと思っているのだ。

> 関連法案の成立には、自民、公明など野党との法案の修正協議が欠かせない。自民党は「小沢氏との決別」を協力の条件の一つに掲げている。再会談が与野党協議の妨げとなるのなら、いずれ会談打ち切りを決断する必要がある。 
 野田首相は、関連法案採決時の党内からの造反について「党として対応する」と語り、処分を辞さない構えだ。一体改革に「政治生命を懸ける」と言明している以上、今国会での法案成立を最優先すべきで、安易な妥協は禁物だ。 
 自民党が社会保障制度改革基本法案の骨子をまとめるなど、一体改革をめぐる与野党協議の機運は徐々に高まってきている。この機を逃してはならない。


巫女の解釈は明確でなければならない。
断定的でなければならない。
解釈に曖昧さを残してはいけない。
読売はそれをしっかり実践している。
理想的な巫女の姿勢を保っている。

神は正邪を超えた不合理な存在である。
巫女はその神のお告げにもっともらしい解釈を与えて飯を食っている。

神は、神の存在、神の正義、神の全知全能を疑う者には罰を下す。
そしてそこでも巫女の口を借りることになる。
神の僕たる読売・朝日ほかのマスコミは日々競って神への忠誠に励んでいる。



頑張れ、小沢一郎!
人気ブログランキングへ
↑ ご面倒でもクリックをお願いします

「官僚は犯罪者」は世界の常識「官僚は犯罪者」は世界の常識
(2010/10/27)
高山 正之

商品詳細を見る


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村






コメント

官僚制度とメディアの戦前と戦後

戦後官僚の質の劣化、メンタリティーの劣化が特に著しいのは衆目の一致するところだと思います。
敗戦を迎えた日本はGHQに官僚制度だけを米国に、性格に言えば米国人の一部勢力の利用の為、温存されました。
彼らに忠誠を誓い日本の国民の労働力等を全て彼らの思惑どうりに支配する駐在員として、温存され組織、仕組みをシステム化されました。
戦後、交通が発展し世界的に情報が共有されると、日本はGNPが世界何位と言いながら突出して自殺者が多く、西洋の国々と比べて国民が圧倒的に自由、幸福感が希薄です。
様々な形で労働賃金、光熱費、交通費を国に徴収された挙句、その収支も国民に公開されない。
このようなシステムの中で官僚や全国規模のメディアの質が劣化しないはずがない。
質の劣化に歯止めは存在せず、とことん腐るのは必然であります。
国民一人一人が責任を持つようになる土台が存在しない。
国の収支の徹底した情報公開もその重要な土台です。
国民の選択と考察の権利、情報公開が存在しない、あってはならない構造に「民意」というのは一般的な意味であるはずが無い。
あるのは彼らは本当は独立し自覚を持って「民意」に存在して欲しくはないが、彼らの思惑がすんなりとなるように、そして如何なる場合も責任を「民意」に転嫁する為だけの「民意」です。
風を吹かす役割を担った大メディアの言う「民意」とは、そういった「民意」です。
メディアも彼らと釜の飯を貪る同胞ですから米国に忠誠を誓う勢力、つまり官僚の元締めである財務省や自民党、旧清和会、野田や前原、仙谷等、基本的に自分達の権力維持の為に日本国民の幸福より米国人の一部勢力の贅沢を平気で優先する国賊とは金のために洗脳売りを請け負う国賊仲間であります。
官僚やある政治勢力と時に国民の幸福を食い散らかす仲間の補佐と洗脳係として誘導を仕掛けておきながら、全ての結果はごまかし「民意」に転嫁する。
この最低の構造のどこに「民意」が存在しますか。
始めから情報を隠匿する国の構造と腐った大メディアの相対的な仕組みの上で「民意」などは彼らが最も存在してはならないものとして歴然としています。

読売、毎日、朝日、産経、共同、日経、時事、各テレビ局、etc
彼らは核心的、意図的に戦略として「民意」を使ってきましたが、彼らの腹黒い「民意」使いは公害なのだから、いい加減音声や字を世間に撒き散らかすのは止めてもらいたい。
彼らは本当に国の恥です。

  • 2012/06/10(日) 20:17:39 |
  • URL |
  • SN #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://yamame30.blog103.fc2.com/tb.php/296-2c173209
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

沖縄の民意は次回総選挙の国民の民意を示唆・増税修正協議は国民の声に反する

 沖縄の民意は次回総選挙の国民の民意を示唆・増税修正協議は国民の声に反する最新Web情報を集めてみると、

  • 2012/06/13(水) 11:05:27 |
  • 国民の生活が第一は人づくりにあり

まとめtyaiました【読売の声は神の声…マスコミは巫女か霊媒師】

洗脳された人間にとって、洗脳した人間の声は神の声である。洗脳された人間には、理性も知性も意味を持たない。ただただお告げの実践こそが価値ある行為なのである。そして次のお告げを待つ。お告げがないと、神に見捨てられたかのように不安になる。野田を洗脳したのは財...

  • 2012/06/10(日) 21:34:03 |
  • まとめwoネタ速neo

増税論議で国民の声がマスコミに登場しない不思議・登場するのは官僚天下時代の自公の主張ばかり

 国民に諦めムードを広げるためかマスコミに登場するのは民主の公約保護提案ばかり、

  • 2012/06/10(日) 11:07:26 |
  • 国民の生活が第一は人づくりにあり

FC2Ad