【稗史(はいし)倭人伝】

稗史とは通俗的かつ非正統的な歴史書等をいいます。 現在進行形の歴史を低い視点から見つめます。

騒ぐマスコミに迷惑顔の裁判所と検察庁

判決前よりマスコミの騒ぎ方がひどくなっている。
馬鹿な奴らだ。
勝負がついたのも分からずにまだ戦っているつもりなのだ。
祭りの終わった後でも踊り狂っているアホ。

さてその無罪判決であるが、「法と証拠」に基づいているのは、主文だけである。
小沢元代表裁判 判決の要旨 (NHK NEWS WEB 2012年4月28日)

主文 被告人は無罪

これ以外は登石郁朗判決とたいして変わらぬ内容である。
というより、守るべきものを守るための詭弁、こじつけの羅列である。
ただ守るべきものが多すぎて、醜悪極まりない論文になってしまったのは、致し方のないところである。

大善裁判長が守ったもの

登石郁朗推認判決
東京第五検察審査会
検察審査会事務局
最高裁事務総局
検察審査会制度
東京地検特捜部
検察庁
最高裁
指定弁護士

そして実はマスコミも守ってやったのだ。
マスコミの根拠のない小沢攻撃にも、それなりの正当性を与えてくれたのに……。

それを”真っ黒けの灰色”だの”ほとんど黒”だの”極めて黒に近いグレー”だのと余計なことを言い立てて……。

指定弁護士:あんまり騒がれると控訴しなくちゃならなくなる。せっかく裁判長が顔をたててくれたのに……。
検察審査会:控訴なんかされたらこれまでのインチキがばれちゃうじゃないか……。
検察庁:控訴なんかされたら特捜部解体だけでは済まなくなるじゃないか……。
最高裁:控訴なんかされたら何が飛び出すか分からない。脛に無数の傷持つ身なんだから……。

みんな腰が引けているのに……。

小沢一郎:控訴なんかしたら徹底的に戦う。これまでより悪くなることはないんだから!この際、日本の膿はみんな絞り出してやる!

無罪判決後のマスコミの狂態には、さすがに愚かな国民も驚きあきれているだろう。

マスコミはこれからどうやって小沢一郎と戦うのだ?
唯一の情報源だった検察はもう味方してくれないのだぞ。
島流しに手かせ足かせ状態なんだから。

東京特捜幹部をサクッとまとめて告発してまいりました 八木啓代のひとりごと

佐久間達哉元特捜部長、
大鶴基成元次席、
木村匡良元主任検事、
斎藤隆博特捜副部長、
吉田正喜元副部長を偽計業務妨害、
田代政弘検事を偽証、
堺徹特捜部長、
斎藤隆博特捜副部長を犯人隠避で、まとめて告発状!

記事も放送もこれからはすべて憶測と創作でやらなくちゃならないのだ。
マスコミは小沢・弘中コンビの名誉毀損訴訟や損害賠償訴訟に耐えられるのか?

裁判所だって尻に火がついている。
もう味方はしてくれない。

国民も国会議員も少しずつ利口になってきている。
マスコミだけがますますバカになっていく。


祝・無罪判決!
人気ブログランキングへ
↑ ご面倒でもクリックをお願いします

人物破壊  誰が小沢一郎を殺すのか? (角川文庫)人物破壊 誰が小沢一郎を殺すのか? (角川文庫)
(2012/03/24)
カレル・ヴァン・ウォルフレン

商品詳細を見る


消費税「増税」はいらない! 財務省が民主党に教えた財政の大嘘消費税「増税」はいらない! 財務省が民主党に教えた財政の大嘘
(2010/12/15)
高橋 洋一

商品詳細を見る


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村

古書 那珂書房
>






コメント

マスコミ各位殿

マスコミ各位殿。時事通信、共同通信、読売、朝日、毎日…殿。是非とも貴社に世論調査していただきたい事項がある。「当社の世論調査に意図的な数字の捏造があると思うか」「世論調査する側が打ち出す調査表題になんらかの意図、恣意性があると思うか」「世論調査はする側の多数の本質的な大メディアとしての罪と罰を行う大メディア側が恣意的な調査対象と意図的数字を発表して民意に転嫁する言い訳を含む手段としていると思うか」以上を題目を是非とも調査していただきたい。阿呆な大メディアの調査は信用のは常識であるから、公正な世論調査を利害関係のない第三者にやってもらいたいものだ。

  • 2012/04/30(月) 10:16:22 |
  • URL |
  • SN #-
  • [ 編集 ]

訂正

→「阿呆な大メディアに信用がないのは今や常識であるから…」

  • 2012/04/30(月) 10:25:56 |
  • URL |
  • SN #-
  • [ 編集 ]

誰かがどこかに書いていたが、大善判決は当初は「有罪」だったが直前になって「無罪」に変更した、と。
たしかに判決文の文脈を見るかぎり「有罪」のほうがピッタリくる。
もし書き換えたのなら、なぜ「無罪」と書き換えたのだろうか?
私の独断だが最高裁(事務総局)は自組織の防衛を優先したものと思う。
「有罪」にすることによるメリットとデメリットを計りにかけた結果だろう。
要するに「臭いものにフタ」をしたのだ。
森ゆうこ議員や八木啓代氏の活動も大きい。
それほど連中は追い詰められていたのではないか。
「無罪」にしても地に落ちた検察が今以上に批判を受けるのは仕方がないが、最高裁まで火の粉をかぶるのは断固避けたかったのだろう。
誰より恐ろしい小沢氏を排除し失権させる目的は十二分に果たせたのだから。
そして無能洗脳バカ政権を維持出来たのだからオンの字だろう。

検察や最高裁が味方になってくれなくとも、俺たち11社記者クラブには、談合捏造編集と言う裏技が有るもん

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://yamame30.blog103.fc2.com/tb.php/274-a282fcd5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad