【稗史(はいし)倭人伝】

稗史とは通俗的かつ非正統的な歴史書等をいいます。 現在進行形の歴史を低い視点から見つめます。

バッド・ルーザー=マスコミの醜悪と悲惨…社説狂宴

予想はしていたが、ここまで汚くて醜いとは!
勝負に負けたら潔く負けを認めればいいものを!

グッド‐ルーザー【good loser】
  負けっぷりのいい人。潔く負けを認める人。負けても潔い人。
バッド・ルーザー【bad loser】
 グッド・ルーザーの反対
 負けっぷりの悪い人。潔く負けを認めない人。負けても潔くない人。

まず、表題からびっくり仰天の朝日社説から。

小沢氏無罪判決―政治的けじめ、どうつける (2012年4月27日)

けじめをつけなければならないのは、事件を捏造した検察であり、検察の手先となって小沢抹殺に血道をあげたメディアであり、検察審査会を悪用した裁判所であり、事件を利用して権力を簒奪した民主党のゴミ議院であり、あれやこれやの有象無象であり……。

しかし、よく見ると『政治的けじめ』となっている。
小沢一郎限定の『けじめ』ということらしい。

社説の論調は笑ってしまうほどの過激さである。
さながら朝日新聞社の、小沢一郎に対する新たな宣戦布告である。

しかしいい大人がここまで悔しさを剥き出しにするか?
まあ、朝日新聞社の断末魔のうめきと思えば腹も立たないが……。

ちょっとだけ引用しておこう。

 小沢氏の強制起訴によって、人々の視線が司法に注がれ、刑事責任の有無ですべてが決まるかのように語られてきた。
 だが、判決が出たのを機に、議論を本来の舞台に戻そう。これは根の深い政治問題であり、国会で論じるべきなのだ。
 それを逃れる口実に裁判が使われるようなら、検察官役の指定弁護士は、控訴にこだわる必要はないと考える。


要は、もう裁判は当てにできないから、小沢を国会に引き出せ、と言っている。
裁判が続くと、それを理由に小沢が国会に出てこないから、控訴をせずに判決を確定してしまえ、という逆ギレ状態である。

毎日も面白い。
判決文の都合のいいところだけを真実と認め、無罪という結論だけは認めたくないようだ。
どこも同じだが……。

社説:小沢元代表無罪 なお政治的責任は重い (毎日新聞 2012年04月27日)
 地裁は、元秘書らによる報告書への虚偽記載があったと認定した。「法と証拠」に基づいて判断する刑事裁判の結論を受け止めたうえで、その内容をしっかり見極めたい。

法と証拠に基づかないで下された登石推認判決をよりどころにする哀れさ。
政治的責任、道義的責任、説明責任と並べ立てたうえで、
『元代表らがあくまでも反対だというのなら、もはや離党するのが筋ではないか。増税法案に政治生命をかけるという野田首相も分裂も辞さない覚悟が一段と必要となる』
とブタの尻を叩きまくる。

馬鹿馬鹿しくなってきたが、ついでだから読売も見てみよう。

小沢氏無罪 復権の前にやることがある(4月27日付・読売社説)
◆「秘書任せ」の強弁は許されない

 結論はシロだが、「潔白」ではなく「灰色」という司法判断だろう。


これ以上取り上げてもしょうがない。

テレビの場合は、民法は無料放送である。
騙す相手は、不特定多数の一般国民である。
しかし、新聞の場合は違う。
新聞を読む人は朝日新聞の購読者であり、毎日・読売の購読者である。
いわば新聞社の固定客である。
お金を払って読んでくれている人たちである。

しかし、新聞社はこの人たちを騙しているのだ。
この程度の馬鹿社説で購読者を騙せると思っているのだ。
購読者の知性を徹底的に馬鹿にしているのだ。

わざわざお金を出して馬鹿扱いされている人がいる。
新聞に騙される人は、自分からお金を出して騙されに行っているのだ。

そして新聞を購読するということは、その新聞社の生存に力を貸していることになる。
新聞をお金を出して読む人は詐欺の被害者であり、詐欺師に生活費を渡す加害者でもある。

勝ったからいいようなものの、負けていたら、腹立ちの余り発狂しそうなほどの新聞社の汚さである。


祝・無罪判決!
人気ブログランキングへ
↑ ご面倒でもクリックをお願いします

人物破壊  誰が小沢一郎を殺すのか? (角川文庫)人物破壊 誰が小沢一郎を殺すのか? (角川文庫)
(2012/03/24)
カレル・ヴァン・ウォルフレン

商品詳細を見る


消費税「増税」はいらない! 財務省が民主党に教えた財政の大嘘消費税「増税」はいらない! 財務省が民主党に教えた財政の大嘘
(2010/12/15)
高橋 洋一

商品詳細を見る


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村

古書 那珂書房
>






コメント

登石を庇うような判決文を書いた大善

西松捏造事件から始まった司法、検察、マスコミの狂気の職権暴力による政治家抹殺行為は登石判決でその暴力のピークに達したが、小沢氏の総理抹殺を目的とし、また目的を達成した残り火のような今回の小沢判決で大善の判決文はマスコミにグレーグレーと意味不明の腐った言葉を吐かせつつ懲りずにも世間へのイメージ操作をさせる為に気を使ったような判決文だった。小沢氏を支持、不支持に関わらず、このようなあるまじき行為に及んだ、司法、検察、マスコミは心ある国民によって徹底的に責任を究明されなければならない。

  • 2012/04/27(金) 18:26:17 |
  • URL |
  • SN #-
  • [ 編集 ]

無罪判決がでたとはいえ、名ばかりで、さもありなんですな。

  • 2012/04/28(土) 01:40:09 |
  • URL |
  • らむちゃのパパ #GCA3nAmE
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://yamame30.blog103.fc2.com/tb.php/270-db8ca7bf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ろくでなしどもの負け惜しみを嗤うだけでは飽き足らないので、いっそのことこいつらみんなまとめて名誉毀損で訴えて羞恥プレイさせたらいいんじゃね?と思った件

 白はめでたいしるし、瑞ずい祥しょうとされる。奈良時代には白いキジが献上されたのを喜び、「白雉はくち」と年号を改めた例もある◆キジがめでたいのだから白いカラスも…と思 ...

  • 2012/04/27(金) 17:26:49 |
  • 痛みに耐えるのはこれからだ

FC2Ad