【稗史(はいし)倭人伝】

稗史とは通俗的かつ非正統的な歴史書等をいいます。 現在進行形の歴史を低い視点から見つめます。

4月26日、国家が精神的死を迎える

地震、津波、原発事故というこの国の歴史始まって以来の国土の災難が続いている。
そして今、国家の精神的崩壊の瀬戸際に立っている。

4月26日、小沢一郎裁判の判決が下りる。
法律と証拠に基づけば無罪判決である。
しかしそう考える人たちのほとんどが有罪判決を危惧している。

なぜか?
裁判所が法と証拠に基づいて判断を下す、ということを信じられなくなっているからである。

判決を下すのは”裁判所”ではなく、法衣という黒い制服をまとった大善文男という一人の公務員・官僚なのである。

裁判官というエリート公務員を支配するのは法と証拠ではなく、”公務員・官僚の論理”である。
官僚・公務員の論理とは、組織防衛、そして出世と保身である。
小沢一郎は、法と証拠によって裁かれるのではない。
裁判所に裁かれるのではない。
大善文男という一人の官僚によって裁かれるのである。
”官僚の論理”によって裁かれるのである。

そのことが4月26日に明らかになる。
そして国家の精神的頓死が明らかになる。

正義・良心・公正・自由……。
すべての精神的価値の死が明らかになる。

それは、悪人と、悪人に騙された愚人の勝利である。

日本国憲法に三権分立の文字はないが、だれもが日本は三権分立の国だと思ってきた。
実はそうではなかったということに気がついてしまった多くの国民がいる。
司法は裁判所という機関が担っているのではなく、判事という官僚が支配していた。
裁判所は最高裁事務総局という部署によって管理・運営されているという実態が明らかにされてきた。
この事務総局は、法衣を脱いだ裁判官によって運営されている。
法衣を脱いだ裁判官に残っているのは、公務員の論理・官僚の論理しかない。

検察庁は検事という官僚が、官僚の論理で運営している役所であることはすでに明らかである。

そして行政の中心に座るべき内閣が官僚に支配されている惨状を私たちは日々見せられている。

それにもまして国会の惨状は目を覆わんばかりである。
国会は国権の最高機関であり、唯一の立法機関である、という憲法の条文はまったく空文化している。
国会議員はだれもが行政の長たる内閣総理大臣の座にあこがれ、省庁のトップたる大臣の椅子を狙う。
国会は大臣の供給基地に成り下がっている。
国会議員は行政の長たる首相・大臣を目指すだけで、立法機関の一員としての職務・責任を全うしようという気概も矜持もない。
国会が国権の最高機関であるならば、与党・野党にかかわらず国会議員は政府に対する管理・監督権を発揮しなければならない。
党議拘束なんかでヘナヘナになっている立場ではないのだ。

国会議員は内閣の出す法律案はすべて拒否すべきである。
必要な法律は我々が作る、という責任感と気概を持て!
内閣は我々の作った法律の枠内で仕事をしろ、と言うべきなのである。

行政に法律を作らせてどうするのだ!
行政は、予算の決算と承認だけを国会に諮ればいいのだ。
外交・防衛・教育等はすべて憲法・法律に則って執行していればいいのだ。
法は行政を縛るものなのだ。

法治国家とは、行政機関が法律を作って国を治めるのではない。
法が行政機関に法の範囲内で政治を行わせるのだ。
そして法は国民の代表たる国会が、国会議員が作るものなのだ。

政府は法律の下で仕事をするべきなのだ。
法律を変えてはいけないのだ。
法は行政の道具ではない。
行政が法の奴隷なのだ。

法律を官僚が作り、法律を官僚が使い、法律で官僚を守る。
あってはならないことなのだ。

憲法では、内閣に法案提出権を認めている。
本当は、認めてはいけないのだ。
アメリカ大統領には法案提出権がない。
それでも国は運営できている。

国会議員に立法の責任者たる自覚があるなら、すべての内閣提出法案を否決せよ。
そしてそれに変わる法案を自らの手で作れ!

国権の最高機関の一員たる自覚と矜持があるのなら、司法の不正を見逃すな!
唯一の立方機関の一員としての自覚と矜持があるのなら、行政から立法権を取り戻せ!

官僚の奴隷に堕している野田政権をたたきつぶせ!
野田内閣に尻尾を振る民主党をたたき壊せ!

建前上は辛うじて残っていた民主主義国家、法治国家という国家の精神が4月26日で完全に崩れ落ちようとしている。
正義が消える。

三権分立国家ではなく、三権合一国家の完成である。
三権を統べるもの、それは”官僚”であり、”官僚の論理”である。



民主主義の確立のために!
人気ブログランキングへ
↑ ご面倒でもクリックをお願いします

財務官僚の出世と人事 (文春新書)財務官僚の出世と人事 (文春新書)
(2010/08)
岸 宣仁

商品詳細を見る

消費税「増税」はいらない! 財務省が民主党に教えた財政の大嘘消費税「増税」はいらない! 財務省が民主党に教えた財政の大嘘
(2010/12/15)
高橋 洋一

商品詳細を見る


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村

古書 那珂書房
>






コメント

【稗史(はいし)倭人伝】
稗史とは通俗的かつ非正統的な歴史書等をいいます。 現在進行形の歴史を低い視点から見つめます。
4月26日、国家が精神的死を迎える
地震、津波、原発事故というこの国の歴史始まって以来の国土の災難が続いている。
そして今、国家の精神的崩壊の瀬戸際に立っている。

4月26日、小沢一郎裁判の判決が下りる。
法律と証拠に基づけば無罪判決である。
しかしそう考える人たちのほとんどが有罪判決を危惧している。

なぜか?
裁判所が法と証拠に基づいて判断を下す、ということを信じられなくなっているからである。

判決を下すのは”裁判所”ではなく、法衣という黒い制服をまとった大善文男という一人の公務員・官僚なのである。

裁判官というエリート公務員を支配するのは法と証拠ではなく、”公務員・官僚の論理”である。
官僚・公務員の論理とは、組織防衛、そして出世と保身である。
小沢一郎は、法と証拠によって裁かれるのではない。
裁判所に裁かれるのではない。
大善文男という一人の官僚によって裁かれるのである。
”官僚の論理”によって裁かれるのである。

そのことが4月26日に明らかになる。
そして国家の精神的頓死が明らかになる。

正義・良心・公正・自由……。
すべての精神的価値の死が明らかになる。

それは、悪人と、悪人に騙された愚人の勝利である。

日本国憲法に三権分立の文字はないが、だれもが日本は三権分立の国だと思ってきた。
実はそうではなかったということに気がついてしまった多くの国民がいる。
司法は裁判所という機関が担っているのではなく、判事という官僚が支配していた。
裁判所は最高裁事務総局という部署によって管理・運営されているという実態が明らかにされてきた。
この事務総局は、法衣を脱いだ裁判官によって運営されている。
法衣を脱いだ裁判官に残っているのは、公務員の論理・官僚の論理しかない。

検察庁は検事という官僚が、官僚の論理で運営している役所であることはすでに明らかである。

そして行政の中心に座るべき内閣が官僚に支配されている惨状を私たちは日々見せられている。

それにもまして国会の惨状は目を覆わんばかりである。
国会は国権の最高機関であり、唯一の立法機関である、という憲法の条文はまったく空文化している。
国会議員はだれもが行政の長たる内閣総理大臣の座にあこがれ、省庁のトップたる大臣の椅子を狙う。
国会は大臣の供給基地に成り下がっている。
国会議員は行政の長たる首相・大臣を目指すだけで、立法機関の一員としての職務・責任を全うしようという気概も矜持もない。
国会が国権の最高機関であるならば、与党・野党にかかわらず国会議員は政府に対する管理・監督権を発揮しなければならない。
党議拘束なんかでヘナヘナになっている立場ではないのだ。

国会議員は内閣の出す法律案はすべて拒否すべきである。
必要な法律は我々が作る、という責任感と気概を持て!
内閣は我々の作った法律の枠内で仕事をしろ、と言うべきなのである。

行政に法律を作らせてどうするのだ!
行政は、予算の決算と承認だけを国会に諮ればいいのだ。
外交・防衛・教育等はすべて憲法・法律に則って執行していればいいのだ。
法は行政を縛るものなのだ。

法治国家とは、行政機関が法律を作って国を治めるのではない。
法が行政機関に法の範囲内で政治を行わせるのだ。
そして法は国民の代表たる国会が、国会議員が作るものなのだ。

政府は法律の下で仕事をするべきなのだ。
法律を変えてはいけないのだ。
法は行政の道具ではない。
行政が法の奴隷なのだ。

法律を官僚が作り、法律を官僚が使い、法律で官僚を守る。
あってはならないことなのだ。

憲法では、内閣に法案提出権を認めている。
本当は、認めてはいけないのだ。
アメリカ大統領には法案提出権がない。
それでも国は運営できている。

国会議員に立法の責任者たる自覚があるなら、すべての内閣提出法案を否決せよ。
そしてそれに変わる法案を自らの手で作れ!

国権の最高機関の一員たる自覚と矜持があるのなら、司法の不正を見逃すな!
唯一の立方機関の一員としての自覚と矜持があるのなら、行政から立法権を取り戻せ!

官僚の奴隷に堕している野田政権をたたきつぶせ!
野田内閣に尻尾を振る民主党をたたき壊せ!

建前上は辛うじて残っていた民主主義国家、法治国家という国家の精神が4月26日で完全に崩れ落ちようとしている。
正義が消える。

三権分立国家ではなく、三権合一国家の完成である。
三権を統べるもの、それは”官僚”であり、”官僚の論理”である。
Mattaku Sonotoori

  • 2012/04/22(日) 08:47:35 |
  • URL |
  • 鹿島防人 #tvF/68Yk
  • [ 編集 ]

残念ながら、小沢事件というのは、亭主さんが言われることが絵に描いた理想にすぎず、現実はこうだったということを如実に示してくれたにすぎないように思うのですよね。
ですから、私は小沢氏に無罪判決はでないように思います。論理の飛躍を駆使して、有罪判決がおり、それをメディアが補強援護してくれるのだと思います。

  • 2012/04/22(日) 11:09:51 |
  • URL |
  • らむちゃのパパ #BqEwgRj.
  • [ 編集 ]

石原都知事が、ワシントン講演で、なぜ官僚が腐敗するのか、について話していました。

石原氏曰く、
『かつて日本の官僚は優秀だった。それは、戦う相手=軍、がいたから。
昔の官僚は国のためにならないと、軍にくってかかる度胸があった。
今は非常によくない。自分たちの利益ばかり守ろうとする。
戦う相手がいなくなり、官僚自体が軍に、絶対的な存在になってしまった。
だから政治家も役人に使われてしまう。
瀬戸内海に橋を3本も架けさせたのも官僚。
福田元総理に、どう考えても無駄だ、と言ったが、余計なことを言うな、決まっていることだ、と言われてしまった。
こういうことがまかり通る背景には、国家の簿記が単式簿記である、というのがある。
先進国でこんな馬鹿なことをやってるのは日本くらいじゃないか。
複式簿記形式でないと財務諸表が作れない。
これによって、金を隠し誤魔化し、好き勝手できるようになってしまった。』


企業の会計制度は、それはそれは厳しいです。
領収証が1円単位なのはもちろんのこと、近年はコンプライアンスがどーのこーのと五月蠅くなり、清く正しくを証明するための雑務が増えました。
ところがところが。ここでも、お国に絡む方々は別基準で動いてるんですね。
政治家の政治資金収支報告書が、単式簿記だったことにも驚きましたが、日本列島で最も大きい会計体である国(地方公共団体も)が家計簿レベルのザル会計をやっているんじゃぁ、蓄財もやりたい放題ですな。
官庁会計は、昭和22年3月に施行された会計法なるものに基づいてるようですが、
昭和22年3月の会計って一体・・(;゚Д゚)。終戦から2年も経ってませんけど。どんだけ化石なんですか。
法律もいいかげん。
会計もいいかげん。
なにもかもいいかげん。

  • 2012/04/23(月) 00:49:44 |
  • URL |
  • chiba #-
  • [ 編集 ]

久しぶりに日経新聞の社会欄、小沢裁判記事を見て新聞の意図的な印象操作記事に今更ながら驚きました。「04年収支報告書に記載せず」「05年収支報告書に虚偽記入」と図入り説明。これを見れば事情に疎い人々は記入そのものの数字を虚偽に記入したと受け取るでしょう。全く悪意に満ちた意図的な記事としか言いようがない。新聞社はそのような質が新聞業界そのものの信用を失わせている元凶だということすら気がつかない。哀れなものです。

  • 2012/04/23(月) 14:05:34 |
  • URL |
  • SN #-
  • [ 編集 ]

「判決を下すのは”裁判所”ではなく、法衣という黒い制服をまとった大善文男という一人の公務員・官僚なのである。」
いつもながら、背景を知らないアホウにでもわかる、シンプルかつ本質を突いた素晴らしい文です。こういった文章が日本の大新聞の社説に載るようになったら随分違う世の中になるでしょう、、、 シカシ「世の中の大多数」はいつ気づくのでしょう、、、、 白アリも腹立たしいが、いつまでも騙されたままの人々にももっと絶望を感じてしまう昨今です。

  • 2012/04/24(火) 03:41:08 |
  • URL |
  • Yoshi #VFGCi3BI
  • [ 編集 ]

祝!無罪判決!!

まずはよかった。
圧力もあったでしょうに、大善裁判長、意地を見せましたね。
民主党執行部は意気消沈してるとか。救いがたい連中ですね。

  • 2012/04/26(木) 10:53:14 |
  • URL |
  • chiba #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://yamame30.blog103.fc2.com/tb.php/267-36f02c38
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

小沢元代表は元々無罪だ・暴力団事件の共謀罪と比較する検察官役は正気の沙汰ではない

 本日4月23日(月)の日経新聞43ページの社会面が、26日に判決が出る陸山会事件についての争点を報じている。表題は「陸山会事件 小沢元代表に26日判決」「元秘書との共謀 焦点」「間接証拠・判例、どう判断」検察官役の指定弁護士は(論告の証拠に困り)、でっち上げ事件?...

  • 2012/04/23(月) 18:58:35 |
  • 国民の生活が第一は人づくりにあり

FC2Ad