【稗史(はいし)倭人伝】

稗史とは通俗的かつ非正統的な歴史書等をいいます。 現在進行形の歴史を低い視点から見つめます。

悪官僚と馬鹿政治家とお人好しの国民…消費税増税の逆乗数効果

消費税増税の負の影響は散々言われている。
それでも野田は、「不退転」だとか「命を懸ける」とか、自分一人で盛り上がっている。

野田の洗脳は解けない。
洗脳を解くには、その人のことを心から心配する人の存在が不可欠なのだ。
オウムや統一××とか占い師とかによる洗脳を解くには、家族の愛情と熱意が必要だっだ。
それじゃ、親身になって心配してくれる人のいない奴はどうすればいいのか?

強制隔離しかあるまい。

昔、松下幸之助が、税金の高さを嘆いて「一揆ものだ」と言ったことがある。
しかし、今考えるとこれは松下幸之助の個人の問題だったのだろう。

長者番付国内一位を続けた松下幸之助には、我慢ならない税額であったのだろう。
以前は所得税の最高累進税率は75%であった。
せっかく貧乏人から巻き上げて稼いだお金を税金としてとられるのが、つまり貧乏人に返すことが悔しかったんだろう。
今では40%に下がっている。

なぜ所得税の引き上げではなく、消費税なのか?
所得税率の引き上げに反対する声のいくつかを挙げてみる。

「努力した人が報われなければならない」
この場合の”努力”とは儲けたお金の多寡で判断される。
一生懸命働いてもお金を稼げない人は、「努力の足りない人」なのだ。

「働く意欲をなくす」
結構ではないか!
そいつがいなくなれば、誰か他の人がその穴を埋める。
一人で埋められなければ3人でも5人ででも埋めればいい。

お金持ちが「海外へ逃げ出す」
多分これが最大の嘘である。
逃げ出せないのだ。

海外に出て行って、日本で以上に稼げる奴なんてほんのわずかである。
ダルビッシュやイチローなどのスポーツ選手ぐらいである。
あとは国内に稼ぎ場所があるのだ。
国内で生じた所得には国内で課税される。

海外に逃げても精々住民税が安くなる程度である。
これはかつて竹中平蔵が使っていた手法である。
彼は1年おきにアメリカと日本の間で住所を移していた。

たくさんお金を稼いだ人は、日本という土壌・背景があってお金が稼げたのである。
松下幸之助は、一個何十円かの二股ソケットを貧乏人に売ってお金を稼いだのである。
「一揆」なんて言っている場合ではなかったのだ。

貧乏人の代弁をしたのだ、というのなら松下政経塾なんていう悪徳政治家養成塾なんて作るはずはなかろう。

所得税収入 ……26.7兆円(1991年)
22年度収入……13.0兆円
理由……所得税減税(累進税率の引き下げ)+不景気

所得税の減少分を消費税で埋めるということであろう。

消費税の逆進性は多くの人が指摘している。
消費税増税は社会政策的な側面からは、明らかに誤った方策である。

経済政策的にはどうか?
わたしは、こちらのマイナスの方がずっと大きいのではないか、と素人なりに疑っている。

かつて菅直人が「乗数効果」の意味が分からなくて、国会で赤っ恥を掻かされた。
自民党の林芳正議院が偉そうに菅を追求していた。
単なる「イジメ」に過ぎなかったのだが……。
菅は「消費性向」と言う言葉でも突っ込まれていた。

林はもともと消費税増税論者である。
しかし、消費税増税には「乗数効果」との矛盾が潜んでいる。
(乗数効果……政府や企業が投資することで得られる効果が、さらなる経済効果へと波及していき、初めの投資から何倍もの経済効果を得られること)

増税には、「乗数効果」の反対の効果がある。
「逆乗数効果」と言ったらいいかもしれない。

家計に余裕がある時はまだいいが、今は家計が徹底的に痛めつけられている。
可処分所得=消費支出という家計が増えている。
これは貯蓄へ回す余裕がないということを意味している。
景気が良ければ当然、可処分所得>消費支出という関係になる。

可処分所得=消費支出=消費(財・サービスへの支出)+消費税
可処分所得が一定であれば消費支出も一定のままである。
その中で消費税が増加すれば、消費が減ることになる。

個人商店を例に取ってみよう。
売り上げが、2~3%程度減ると仮定する。
(余裕のある家計は消費を減らさないかもしれないからである)
これは利益が2~3%減ることを意味するのではない。
固定費やその他の経費を引いた残りのもうけの部分のあらかたが無くなってしまうところが出てくるのだ。
しかしその商店経営者の家計としての消費支出は確実に5%分増えていく。
その家計は収入・支出の両面でダブルパンチを浴びることになる。
これが全国津津浦々で起きることになる。
もちろん低所得階層ではきっちり5%分消費が減る。

これはまたもう一つの側面も持つ。
消費税は、消費性向の高い部門から、最も経済効率の悪い政府部門への資金移動なのである。

完全に負のスパイラルに突入し、しかもそれは大きさと激しさを増していく。
消費税増税は二重三重の「逆乗数効果」を持つ愚策中の愚策である。

どうしてもお金が欲しいのなら、所得税の増税、特に累進税率の上限を上げていくのが正しい。
それは、消費性向の低い家計から消費性向の高い家計への所得移転を意味し、それでこそ乗数効果も期待できるというものである。

こいつも、菅をいじめて偉そうにしていられる立場ではない!
 ↓ 
自民・林芳正議員に非難ゴウゴウ!“3・11”にパーティー (zakzak 2012.03.19)



民主主義の確立のために!
人気ブログランキングへ
↑ ご面倒でもクリックをお願いします

消費税「増税」はいらない! 財務省が民主党に教えた財政の大嘘消費税「増税」はいらない! 財務省が民主党に教えた財政の大嘘
(2010/12/15)
高橋 洋一

商品詳細を見る

日本の統治構造―官僚内閣制から議院内閣制へ (中公新書)日本の統治構造―官僚内閣制から議院内閣制へ (中公新書)
(2007/07)
飯尾 潤

商品詳細を見る


下記もご覧下さい。
http://blog.goo.ne.jp/yamame1235


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村

古書 那珂書房
>






コメント

消費税増税は、増税分5%の実質、所得カット、年金カットと同じですね。可処分所得が減り、かつまた同時に消費が減退します。消費をうながさないとならない時にこんなことをするのは、全く逆です。本来は、たくさんお金をため込んで使わない連中から税をとって、社会福祉として下々の者にまわさないとならないのですが。こんなイロハのイも、財務官僚はわからないというか、棄民政策として、あえて逆をやろうとするんですよね。

  • 2012/04/09(月) 08:47:13 |
  • URL |
  • らむちゃのパパ #GCA3nAmE
  • [ 編集 ]

インボス制

インボス制

  • 2012/04/09(月) 12:49:58 |
  • URL |
  • インボス制 #-
  • [ 編集 ]

住民サービスの低下

目黒区 校舎建て替え延期 保育料値上げ
施設料値上げ 図書館の開館時間短縮。

基金残高220億円減少

借金増やした大型事業

目黒区は何故財政難になったのか。
区が1990年代後半から次々と手がけてきた、
大型事業に原因がある。

都立大学跡地開発に203億円。
中目黒駅前再開発に169億円。
区役所新庁舎移転に244億円。

大型事業を手がけた事で、区の起債発行額も膨れあがって、
1994年から8年連続で100億円超。

結果、年間予算に占める公債費の割合は2009年度決算ベースで、
13,9%と23区で最も高い平均の2倍の以上のもなった。

その一方で、財政調整基金など3基金を順次取り崩していき、
基金残高は1997年度の計262億円から、
2002年には計41億円まで急減。
借金を増やしつつ貯蓄を消費するという資金繰りを続けた。

緊縮財政の下で、学校の建て替えや、
特別老人ホームの着工などの見送りを余儀なくされた。

中止を免れた事業もある。
その1つが「目黒天空の庭」。

区が投じる工費は13億円。
ジャクンクション工事に従がって建設が進む近隣の高層ビルには、
図書館を移転させこちらの費用は25億円。

庭園は維持管理費などは区が同会社から
工費とほぼ同額を受け取ることから、
事業継続が決まったが、
住民サービスの低下を強いられる区民の目は冷ややかだ。

↑「”汚い金”が国からの税金が流れる」

区内で10年以上介護保険のケアマネジャーをしている女性は言う。
「本当に税金は有効に使われているのか。
現状ではとてもそう見えない」


北区も2012年度予算で歳出抑制が追いつかず、
財政基金の全額68億円を取り崩した。
備えを怠ったツケは結局、区民が支払う事になるのだ。


自治体の長の報酬例。

毎月の報酬           126万円。
ボーナス(期末手当・毎年)  562万円。
退職金(4年ごと)       2144万円。
4年間で1億466万円。

任期が続いても必ず4年ごとに退職金が支払われる。


都知事はたった4年間で4000万円も退職金を貰う。
「もちろん税金です」

都知事の退職金は4年間で40万円で十分ですし、
彼らの高い無駄な報酬が財政圧迫を招いている原因の1つですし、
国家公務員の年間報酬は現在の半額にするべきです。
そして天下り、渡りは法律で禁止し死刑という厳しい罰則を作るべきです。

消費税は取引税、例えば野菜なら5段階に消費税が取られています。

     生産者 → 農協  →  卸  →  中卸 → スーパー →  消費者

 5%     1,05 × 1,05 × 1,05 × 1,05 ×  1,05=27,6%
10%     1,1  × 1,1  × 1,1  × 1,1  ×  1,1 =61,1%

消費税10%なら大企業は6兆円のボロ儲け
http://gendai.net/articles/view/syakai/136076

「トヨタ本社がある愛知の豊田税務署は約1150億円の『赤字』です。
税務署はトヨタに毎月、200億円近くを振り込まなければならず、
遅れると巨額の利息が付くので大変です」


トヨタなんか倒産すれば良いのに。

松下幸之助一派のパナソニックが倒産するかもしれません。

シャープは台湾の企業に買収されたらしいです。

  • 2012/04/13(金) 20:08:48 |
  • URL |
  • 国民! #6GgKOieI
  • [ 編集 ]

しかしマスコミも消費税の本質を語ろうとしませんね。企業は鐚一文負担せずに消費者が100%負担する、本質的に弱いものを叩く税制ですね。GDPは緊縮して落ち込み、失業率が飛躍的に上昇するのがわかっていても、甘い汁は維持したい。そのためにどれ程の多大な人々が路頭に迷うことになろうとも。

  • 2012/04/14(土) 20:49:20 |
  • URL |
  • SN #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://yamame30.blog103.fc2.com/tb.php/262-0e1d4b59
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad