【稗史(はいし)倭人伝】

稗史とは通俗的かつ非正統的な歴史書等をいいます。 現在進行形の歴史を低い視点から見つめます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

”言うだけ番長”の上を行く”口先ペンギン”

始めは勇ましい。
ここは前原と一緒。
違うのはその言い回し。
前原はバカだから、思ったことをすぐ口に出してはドジを踏む。
枝野は始めから言い訳を考えてしゃべる。
タチの悪さでは枝野が上。

「直ちに影響が出るレベルではない」
この言い回しだけで、政権の危機をしのいだ功績は大きい。

東電に厳しいのは口だけ。
本気でやるつもりなどさらさら無い。

福島第一原発事故の損害賠償をめぐって枝野幸男経済産業相は、東京電力が公的資金を使った資金支援を受けるためには取引銀行など債権者や株主も「一定の」負担をすることが前提との考えを改めて示した。2011年9月13日の記者会見で述べた。(2011/9/14 )

今や、債権放棄も減資も話題にものぼらない。

「一定の」というのもこいつの常套語である。
便利と言えば便利な言葉である。
「一定の」とはどれだけなのか、だれにも分からない。

枝野経産相、東電に「行政指導」 一方的停止に難色 (産経新聞 2012/03/29)
経産相は「東電が自ら起こした原発事故や、その後の値上げの対応が適切でない結果として、今日の段階に来ている」とこれまでの東電の態度を批判。「(規制がない)自由料金部門だから経産省として直接関与できないが、あらためて東電に厳しく指導したい」と強調した。みんなの党の松田公太氏への答弁。


これも口だけ、言うだけ。
「厳しく指導」する気なんて始めからないのだ。

東電会長「枝野さんがやればいい」 経団連会長が“人事案” (産経新聞 2012/03/30)
 難航している東京電力の会長人事については「(原発事故は)国と東電の共同責任なのに東電に押しつけられたような形になっている」と主張し「今後(東電の経営責任が)どういうふうになるのかをあいまいにしたままでは依頼された方が引き受けるのは難しい」と強調。会見終了後、記者団の質問に答え「引き受け手がいないなら枝野(幸男経産相)さんがやればいい」などと話す一幕もあった。


嫌みなんだか皮肉なんだか本気なんだか分からないが。
もしかして、米倉は枝野ファンなのか?
ホントは東電に優しい枝野の本質を分かっているのかもしれない。

一見ぶれているように見えてぶれていないのが枝野なのだ。
真意は始めから最後まで一貫している。

大飯再稼働に暫定基準 ぶれる枝野氏、地元困惑 一晩で「反対」修正 (産経新聞 4月4日)
 関西電力大飯原発(福井県おおい町)の再稼働をめぐり、枝野幸男経済産業相の発言が迷走している。2日の国会で「再稼働に反対」と大見えを切ってからわずか一晩、3日朝には「今日は昨日の段階と違う」と発言を事実上修正した。


枝野が「再稼働に反対」と言えば、「再稼働に賛成」と言う意味なのだ。
口に出すときには、彼にはすでに言い訳もできている。
「今日は昨日の段階と違う」
今回はあまり上手いとは言えない。

> 「一歩前進と思っていたのに…。はしごを外されたようだ」。滋賀県幹部は3日、枝野経産相の豹変(ひょうへん)ぶりに言葉を失った。

これはだまされる方が悪い。
枝野はぶれていないのだ。
始めっから「再稼働に賛成」なのだから。
クチサキペンギンに騙された、と嘆く前に、己の無邪気さを嘆かなければならない。

この日の国会質疑の白眉は福島瑞穂と枝野とのやりとりである。
このやりとりを文字に起こしてくれている方がいた。
枝野ペンギンの語法を露わにしてくれる。
福島瑞穂はペンギン語が分かっているからなかなか厳しく突っ込むのだが、クチサキペンギンもしぶとい。
ペンギンの優勢勝ち?

ペンギン語法をぜひ味わっていただきたい。

「現時点ではわたくしも、今再稼働には反対です」枝野経産大臣4/2福島みずほ質疑(動画・内容書き出し) (みんな楽しくHappy♡がいい♪様より)

福島みずほ
安全性が十分だと科学者も言っていないんですよ。
だとしたら、なぜ政治が「安全だ」と言えるんですか?

枝野幸男
まだ安全だと判断しておりません。
さまざまな今のような経緯等について、
原子力安全保安院や原子力安全委員会での議論の経緯やそこからの報告書を
いま、精査をしているところでございます。

福島みずほ
今どう思われますか?枝野さん

枝野幸男
精査の途中ですのでまだ判断はしておりません。

人間とペンギンの噛み合わない質疑が始まる。
次が「地元」論争である。
福島瑞穂もこれまでに散々騙されて勉強している。
簡単には引き下がらない。


福島みずほ
もし、大飯原発に事故が起きれば、
世界の宝物に本当にセシウム、ヨウ素が降り注ぎます。
琵琶湖は1400万、近畿の人たちのための水がめ。
そこにヨウ素やセシウムが降り注ぐというのが、これがSPEEDIの結果です。
この結果を見て、地元の事をこの委員会でやってきました。
京都府、京都市、大津市、滋賀県、兵庫県。
これは地元でしょうか?

枝野幸男
あのー、何度も申し上げています通り、私は地元だけでいいとは申し上げておりません。
「地元のみなさんをはじめとする国民の一定の理解が必要だ」と、


焦点は「地元」とはどこか、ということである。
ただそれだけのことなのだが、枝野は、まあ、しぶとい。

>日本全国にあの福島の事故は直接間接に影響を及ぼしています。

>あえて聞かれれば日本中が地元です。

>あのー、繰り返し申し上げております通り、「地元のみなさんはじめとする国民の皆さんの一定の理解」が得られなければ再稼働はいたしません。
その場合に於いてはどこかで線引きをしてこの内側さえOkなら大丈夫だとか、この外側は関係ないという、そういう線引きをわたくしはするべきではないと思っておりまして、あのー、もちろん、より近い、より影響の大きいところほど、よりその発言は重いというふうに思っております。

>あの~、本当にですね、たとえば5キロだとか10キロなりですね、50キロなりという線を引いて、その内側の人はOKですと、その外側の人達は関係ありませんという、性質のものなのかと言えば、それは私は、実際原発事故の福島の影響を考えてもそういう性質のものではないとおもうんです。
もちろん、より大きな影響を受ける、より影響を受ける可能性のある方ほどですね、そうした皆さんの声をより重く受け止めなければならないという事は、わたしも当然の前提だというふうに思っておりますが、
しかし、じゃ、どこかで、じゃあ、30キロで切ったらいいんですか?50キロで切ったらいいんですか?
私はそういう問題ではないという事を、繰り返し申し上げているんです。

>あの~、今のお尋ねにね、どうお答えしても、
じゃあ、どこはどうなんですか?って全部聞かれたら、どこで線を引くのかって考えたら、先ほど申した通りにですね、全て日本中の皆さんが、原発事故が起きれば、影響を受ける可能性があるので、どっから先は関係ないという事は言えません。

>まさに「地元をはじめとする」の地元の要素が強い皆さんとして、重く受け止めなければならないと思っております。

>福島みずほ
少なくても、京都や滋賀県が同意が必要な地元であるという理解でよろしいですね。

枝野幸男
あの、まずですね、すみません。
保安院が適切でない事をご説明したのならお詫びを申し上げますが、わたくしは一貫して「同意」とかいう言葉は使っておりません。
「地元のみなさんをはじめとする国民の皆さんの一定の理解が必要である」と。


ここに枝野語法の神髄がある。
「同意とかいう言葉は使っておりません」
始めから意識して使わなかったから、こう断言できるのだ。
ついでに保安院の言ったという「地元の合意」という言葉まで「不適切」と切り捨ててしまった。
詐欺師はみんな言葉に慎重だし、ここぞというところではすかさず切り返す。。

そう言えば、菅直人も去年不信任問題で追い込まれたとき、最後まで辞任とか辞職という言葉を使わないで民主党内を騙したことがあった。

「地元」の範囲さえ特定しない。
「合意」ではなく「理解」という。
肝心なところでは「一定の」をかぶせる。

「地元の要素が強い皆さん」というのはだれのことかいな?
「爆発」を「爆発的事象」という言い換えもおかしかったが……。
福島瑞穂が尋ねたのは、「地元」ってどこかということだけなのだが……。

ペンギン語は疲れる。

この日枝野は退場を命じられた。
枝野経産相が退場処分「品位を汚す行為」

「品位を汚す行為」ではなく、「品位を汚す存在」と言った方がいい。



民主主義の確立のために!
人気ブログランキングへ
↑ ご面倒でもクリックをお願いします

日本の統治構造―官僚内閣制から議院内閣制へ (中公新書)日本の統治構造―官僚内閣制から議院内閣制へ (中公新書)
(2007/07)
飯尾 潤

商品詳細を見る


下記もご覧下さい。
http://blog.goo.ne.jp/yamame1235


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村

古書 那珂書房
>






コメント

今の政治はおよそ政治の体をなしてませんな。全て立ち往生状態です。その中で最少不幸どころか最大不幸社会が着々と進んでいます。本当に落ちるところまで落ちた、よく恥ずかしくないなと思います。
丁寧に説明する、一定の理解を得る、これらは相手に言うだけ言わせて、強引にこちらの意思を通すという意味のようですね。

  • 2012/04/06(金) 07:30:17 |
  • URL |
  • らむちゃのパパ #GCA3nAmE
  • [ 編集 ]

政権交代後、小沢さんは枝野を無役にした。
枝野という人間の胡散臭い本質を見抜いていたのだろう。
ペラペラ喋る軽薄な最も嫌いな男の一人だ。
それにしても民主党には唾棄したい連中が多い。
仙谷、菅、前原、野田、枝野、玄場、渡部などなど。
類は友を呼ぶのくちかな?

>前原はバカだから、思ったことをすぐ口に出してはドジを踏む。
>枝野は始めから言い訳を考えてしゃべる。

 これは的確に両者の本質を衝いていますね。
 前原は後先考えずに大言を吐いて言い繕うというのを繰り返すので口先番長と馬鹿にされるのに対して、枝野は常に逃げ道を残しておくことを意識し言質を取られないようにしゃべる。政治家としてはある意味で必須な素養なのかも知れませんが、枝野の場合はひたすら自己保身のみが目的。小利口、小狡いというのがぴったりです。

 原発再稼働にはじめから枝野は賛成というのはその通りでしょう。むしろ、そのために自分の「失言」が出ないように慎重に言葉を選んではぐらかしたり、かわしているのに終始していると理解すべきです。野ブタが丁寧な議論とやたら強調するのも枝野の「直ちに~」に通ずる者がありますね。どっちも詭弁であることに変わりはないんですが(怒)。

  • 2012/04/06(金) 14:17:04 |
  • URL |
  • junk_in_the_box #-
  • [ 編集 ]

さすが弁護士、というべきなんでしょうか。その点、瑞穂タンは下手くそ弁護士ですね。
政治家も官僚も法学部出身者が多すぎますね。高級官僚なんて、ほとんど東大法学部出身でしょ?
政治学部の連中はなにをやってるんでしょう?財務省なんかは、経済や商学、数学あたりを専門に勉強した連中が主流となるべきだと思いますが?
専門的な学問をしていない、法律馬鹿が行政をこねくり回しておかしくしています。
法律家にとっては、正義が勝つんじゃなくて、勝った方が正義ですからね。倫理だの道徳だの、きれい事を言っている奴は駆逐されますわな。
ペンギンはさしずめ、原子力村の顧問弁護士ですね。莫大な成功報酬を約束されているんですかね?例えば成功報酬に100億提示されたら、大抵の人間はぶれませんよ。

  • 2012/04/07(土) 18:17:25 |
  • URL |
  • chiba #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://yamame30.blog103.fc2.com/tb.php/259-aec23e21
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

東京地検前に行ってシュプレッヒコールをあげました!!

私、その瞬間、側にいた外国人メディアの方と握手しましたね。思いっきり強く握ったので痛かったかもしれません。 「伝えてください!!お願いしますと・・・」 皆様ご存知の通り、 「小沢無罪」判決が出ました。バンザ~イ!! 朝3時におきて、レアルとバイエルミュンヘン

  • 2012/04/26(木) 14:07:34 |
  • f-kafkappaの日記~緑と青の風にのって~

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。