【稗史(はいし)倭人伝】

稗史とは通俗的かつ非正統的な歴史書等をいいます。 現在進行形の歴史を低い視点から見つめます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

茫然自失!朝・毎・読の狂気の社説

多分、世界で最も危険なメディアが日本の3大紙ではないだろうか。

読売 990万部
朝日 795万部
毎日 345万部

人口 1億2700万

アメリカでは、

USAトゥデイ           211万部
ウォールストリート・ジャーナル 208万部
ニューヨーク・タイムズ     103万部

人口 3億1400万

アメリカの場合、地方紙が多いこともあるだろうが、3大紙の国民に与える影響は、日本に比べて圧倒的に小さい。

発行部数は公称であるから、そのままには受け取れないが、だいたいの状況は掴めるだろう。
加えて、日本の場合はテレビがある。

NHK    = 政府
日本テレビ = 読売
TBSテレビ = 毎日
フジテレビ = 産経
テレビ朝日 = 朝日
テレビ東京 = 日経

これらは世界でも類を見ない巨大メディアだと言えるだろう。
そして彼らは常に同じ方向を見ている。
世論は3大紙+産経・日経によって簡単に作れる。

3紙の社説を並べてみると一目瞭然である。
開いた口がふさがらない。

消費税法案提出 首相は審議入りへ環境整えよ(3月31日付・読売社説)

 ◆野党と「政策スクラム」形成を◆

 政府が、消費税率引き上げ関連法案を閣議決定し、国会に提出した。

 野田首相が終始ぶれずに、年度内に法案を決定したことは評価したい。

 首相は、記者会見で、「大局に立つなら、野党と、政策のスクラムを組むことは十分可能である」と語り、野党に改めて協力を呼び掛けた。


メディアスクラムの成功を見習って政策スクラムか?
多分、メディアスクラムが羨ましいのだろう。

税制改革の法案提出―やはり消費増税は必要だ (朝日新聞 2012年3月31日)
 高齢化が急速に進むなか、社会保障を少しでも安定させ、先進国の中で最悪の財政を立て直していく。その第一歩として、消費増税が必要だ。私たちはそう考える。


「私たち」と社説氏が言うのが具体的に誰をさすのか分からないが……。
社説氏だけではなく、編集委員、編集局、記者全員、経営陣、読売も、毎日も……メディア全部なのだろう。

毎日の社説もすさまじい。

社説:消費増税法案決定 民・自合意に全力挙げよ (毎日jp 2012年3月31日)
◇与党なら決定に従え
首相はさきに「政治生命を懸ける」とも明言した。民主党内には早期の衆院解散を避ける思惑から、決着を次期国会以降に先送りさせようとする動きも根強いだけに、退路を断った自らの発言は重い。


この連中には何を言っても無駄だろう。
こいつ等が報道機関だと思うから腹が立つのだ。
本当はこの連中は報道機関ではないのだ。

単なる広告媒体なのだ。
記事は広告を集めるための小道具なのだ。
政治欄よりテレビの番組欄の方が大事なのだ。

転んでもただでは起きない読売新聞。ある意味わかりやすい。
新聞や書籍も税率をゼロや大幅に低くする国が多い。複数税率導入も検討すべきだろう』

そこへ行くと、朝日はたちが悪い。
『独立行政法人や特別会計にもまだまだメスが入っていない。とんでもない考え違いである』
だからそれが先だと言うのかと思えばとんでもない。
『ただ、歳出削減に限界があるのも事実だ』

毎日の狂気はとどまるところを知らない。
民主主義国家の隅っことはいえ、そこに生息している大新聞とは思えぬ醜さである。
早く潰した方が国民の為だ。
『首相は党分裂も辞さぬ覚悟で国会審議にのぞむ必要がある』
『消費増税は政権を懸けたテーマであり、党にとどまる以上は決定に従うべきだ』
『これ以上慎重派に安易な譲歩をすべきではあるまい』

まだまだ言い足りないのであろう。
『民主党の小沢一郎・元代表のグループの一部議員は、「閣議決定は認められない」として、政府や党の役職の辞表を提出した』(読売)
『小沢元代表は党の手続きに「強引」と異を唱え、グループ議員は政務三役の辞表を出すなど倒閣まがいの動きをしている』(毎日)

増税に反対しているのは、まるで小沢グループだけのような言い方をしている。
しかし、もしその通りなら小沢グループだけがまともな主張をしているのだ。
情けないのは、その他の民主党議員たちである。
こんな時に声を挙げない奴らは国会議員をやっている資格はない。
さっさと辞表を出して、ゴミ捨て場に行って新聞紙にくるまって転がっていろ。
ゴミ収集車が来て持って行ってくれる。



民主主義の確立のために!
人気ブログランキングへ
↑ ご面倒でもクリックをお願いします

人物破壊  誰が小沢一郎を殺すのか? (角川文庫)人物破壊 誰が小沢一郎を殺すのか? (角川文庫)
(2012/03/24)
カレル・ヴァン・ウォルフレン

商品詳細を見る


下記もご覧下さい。
http://blog.goo.ne.jp/yamame1235


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村

古書 那珂書房
>






コメント

読売の990万部は相当怪しいですよ。
昨日、読売が我が家にやってきて「金はいらないから3ヶ月だけ配らせてくれ」と言うんです。ココ近年の契約減少率はハンパないんだとか。金はいらない、ってことは販売店が被るつもりなんでしょうかね。ノルマがきついのかもしれないと思い「お好きにどうぞ」と言ったら、「ゴミを押しつけちゃってすみません」と販売員!身内にゴミ呼ばわりされちゃぁ、いよいよ終わりですな。
友人の話では、同様の電話を受けたことがあると言っていたので、広範囲で行われていることなんでしょうか。
急速な読者離れが、連中の、お上と電通への異常な傾斜を加速させているんでしょうね。

  • 2012/04/01(日) 19:28:59 |
  • URL |
  • chiba #-
  • [ 編集 ]

新聞が扇動ビラであるのはとうとう常識になったように思います。広告料維持のため販売店にゴミになる余剰紙を売り付けて余った新聞はまさしくゴミになるのですから、環境破壊甚だしいですね。問題はそれら新聞がゴミだけに留まらずに意図的に扇動された記事を読むと害になるということかなとも思います。無料でも限られた脳の記憶媒体に押し込むのはもったいないですが、それ以上に有害となれば本当に古新聞の使い道しかありませんから困ったものですね。それから記者はもう記者でも何でもなくただの阿呆だと思います。扇動の空気の中で会社が扇動したい馬鹿記事をデスクの顔色を伺いながらなんの知識欲も公正性もなく駄文を垂らし続けるのですから。

  • 2012/04/02(月) 21:42:14 |
  • URL |
  • SN #-
  • [ 編集 ]

拙宅にも、Y紙の売り込みが五月蝿くて・・。
購読を止める理由を件の殿様のせいにしていたのに、性懲りもなく入れ替わり立ち替わりにね。
米やら、洗剤やら、ビール券やら?・・・何やらを両手にお抱えで、何年も先の予約を、だってさ。
事と次第によっては再購読の約束を果たすべきか否か?、それが問題だ。

  • 2012/04/04(水) 00:05:13 |
  • URL |
  • 雑魚 #SziNSl4A
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://yamame30.blog103.fc2.com/tb.php/258-72e4918e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。