【稗史(はいし)倭人伝】

稗史とは通俗的かつ非正統的な歴史書等をいいます。 現在進行形の歴史を低い視点から見つめます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

愚かで醜い毎日新聞…小沢裁判への低すぎる視点

北朝鮮のテレビ放送はひどいな、と思いながらNHKを見ている国民。
事故を起こした新幹線車両を畑に埋めてしまった中国はひどいな、と思いながら福島原発事故のニュースを眺めている国民。
スーチーさんを軟禁していた軍事政権はひどいな、と思いながら小沢封じ込めを見ている国民。
中国やロシアの情報統制、言論弾圧、情報隠蔽はひどいな、と思いながら読売や朝日や毎日を読んでいる国民。

さて、そんな国民は小沢一郎の訴えをどう聞くのか?
たまたま目に付いたマスコミの反応の一つに、毎日新聞の腐った社説がある。
形ばかり検察に検証を求めているが……。

社説:小沢元代表公判 意味あった法廷の審理 (毎日jp 2012 年 3 月 20 日)
……
また、検察が検察審査会の起訴議決を誘導したとの元代表側の指摘にも正面から応えてほしい。裁判員制度にも通じるが、市民の判断を曇らせない仕組みは欠かせない。中でも、審査会への証拠開示は適切だったのか。一定のルールの必要性を含め、早急に議論すべきだろう。


単なるアリバイ作りの検察批判らしきものを長々と述べ立てているが、例によってここまでは前置きに過ぎない。
本題はここからである。
こいつ等の常套語法。
逆説の接続詞、『しかし』、『ただし』があとを引き取る。

>ただし、検察の失態と今回の公判の意義は区別して考えたい。

早速、『検察の失態』と、事件の矮小化が始まる。
失態ではなく、その本質が問われているのだ。
『検察の失態』と『小沢退治』は別に進めなければならない、というのが腐った毎日の言い分である。

>強制起訴を決めた際、検察審査会は「公正な刑事裁判の法廷で黒白をつける制度だ」と、刑事訴追に市民の意思を反映させる意味を強調した。確かに法廷で明らかになったことは少なくない。

まず、検察審査会の意義を肯定する。
「公正な刑事裁判の法廷で黒白をつける制度だ」!
要するに、疑わしきは起訴せよ、という検察審査会の言い分を追認する。
一応前提は置いている。
『公正な裁判』
毎日は、『公正な裁判』を信じ切っているらしい。

>たとえば、元代表は「政治資金収支報告書は一度も見たことがない」と被告人質問で言い切った。「政治資金の収支を全部オープンにしているのは私だけ」と折に触れ繰り返していた発言は何だったのか。
>また、必要性に疑問符がつく4億円の銀行融資の書類に署名した点について「何の疑問も感じなかった」と述べた。一般人とはほど遠い金銭感覚は他にも随所でみられた。
>元代表は最終意見陳述で「いかなる点でも罪に問われる理由はありません」と述べた。もちろん、刑事責任と政治家としての道義的責任は、切り分けるべきだ。だが、法廷での元代表の発言などを通じ、改めて国会の場での説明責任の必要性が示されたことは指摘しておきたい。


『公正な刑事裁判での決着』と言いながら、
最後は道義的責任!
説明責任!

ところで、”毎日”は小沢一郎の陳述を聞くか見たかしたのか?
肝心なところはことごとく無視して枝葉末節ばかりを取り上げている。
肝心なところというのは、次のような小沢一郎の陳述である。

>東京地検特捜部による本件強制捜査は、政権交代を目前に、野党第一党の代表である私を政治的・社会的に抹殺することが目的であり、それによって政権交代を阻止するためのものだったと考えられる。
それは、主権者である国民から何の負託も受けていない検察・法務官僚による議会制民主主義の破壊行為であり、国民主権への冒とくである。

今、日本が直面する危機を乗り切るためには、このような国家権力の乱用を止め、政党政治への国民の信頼を取り戻し、真の民主主義を確立する以外に方法がない。以上の見解は、これまで15回の公判を経て、ますます鮮明になったと思います。

ところが、東京地検特捜部による強力な検察審査会誘導はそれだけにとどまりません。先に裁判長が田代検事による石川元秘書の違法不当な取り調べについて「個人的なものではなく、組織的なものであったとも疑われる」と指摘され、花崎検事による池田元秘書の取り調べについても、「利益誘導があった」「取り調べメモを廃棄した」と認定されたとおり、当時の佐久間部長、齋藤副部長、吉田副部長、木村主任検事ら特捜部あげての審査への誘導工作だったと考えられます。

それは正に、議会制民主主義を破壊し、国民の主権を冒とく、侵害した暴挙と言うしかありません。
その実態が15回の公判を通じて、具体的事実によって、いよいよ鮮明になったことが、本裁判の一番の意義であると私は思います。


毎日も小沢一郎も『公判の意義』に言及している。

毎日は、『国会の場での説明責任の必要が明らかになった』ことがこの一連の公判の意義であると言う。
小沢一郎はこの公判の意義をこう言っている

『検察は、2年間もの長きにわたって、不当・違法な捜査を行い、あまつさえ検察審査会の審査・議決を誘導して、強力に政治への介入を続けました。
 それは正に、議会制民主主義を破壊し、国民の主権を冒とく、侵害した暴挙と言うしかありません。
その実態が15回の公判を通じて、具体的事実によって、いよいよ鮮明になったことが、本裁判の一番の意義であると私は思います』


『議会制民主主義を破壊し、国民の主権を冒とく、侵害した暴挙』という小沢一郎。

『検察・法務官僚による議会制民主主義の破壊行為であり、国民主権への冒とくである』
『国家権力の乱用を止め、政党政治への国民の信頼を取り戻し、真の民主主義を確立する』

この小沢一郎の主張には全く目をつぶり、説明責任、道義的責任を叫び続ける毎日新聞・マスコミの醜さには、改めて強い怒りと軽蔑、そしてそれ以上に深い絶望を覚える。



民主主義の確立のために!
人気ブログランキングへ
↑ ご面倒でもクリックをお願いします





下記もご覧下さい。
http://blog.goo.ne.jp/yamame1235


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村

古書 那珂書房
>





コメント

小沢氏の説明責任とは何か?

裁判を見聞したら分かるだろうに。
小沢抹殺の旗振り役を率先策動してきた毎日さんよ。
事件の中身をマトモに分析・調査・報道する責任を放棄した新聞屋が何をおっしゃいますかね。

  • 2012/03/25(日) 11:58:47 |
  • URL |
  • アンチョビ #SziNSl4A
  • [ 編集 ]

毎日新聞の論説委員から記者の論説や記事は、どう贔屓目に見ても国民に正しい情報を提供する媒体ではありませんね。報道を発する側が生活を維持する小銭のためにご主人様の意に沿った作文を偏重して延々と垂れ流しているとも申しましょうか。別に小沢氏の件に限った話でもありませんが、しかし小沢氏のことに関しては、もうこの3年、見事にいろんな社会の歪みに伴って、報道が価値がないどころか、これほどまでに恣意的な害悪な媒体であったという事実を、相当な人々にオンタイムで見せつけられたと思います。彼らの偏向誘導は不都合な事実をことごとく隠蔽して滑稽な感情論の排泄に終始。結局、その報道のおぞましさに始めから違和感を感じていた国民が公平な視線を意識して自らがそれぞれ多極的に情報を分析して見解を持つと、その分析の正しさを証明する「証拠」が次々に明らかになる。そこに至っても毎日などの公害排泄機関は、恥をその都度書き捨て、いよいよ収まりが悪くなると、自己防衛を意識したような、開き直りもいよいよ甚だしい陳腐な言説を試みる。今や、それなりの国民のほうが彼らより、情報分析を多角的に真摯な姿勢で行っていて、そういった人々の見解のほうが余程見解として信頼に足るのは時間の経過の都度に明らかになってきた。それに比べて、毎日その他のおぞましさといったら呆れ果てるのも通りこして言葉もありません。小沢氏の件は裁判がそのような公害と呼べる報道の実態と同質な推認で唾棄すべき姿を晒しても、その事実は事実として永遠に残りますからね。その経緯は日本だけではなく、海外でも注視されてきたし、100年経過したときに公平性や原則を吐き捨てた推認裁判登石の名前も、検察の実態も、法務省や、第五検察審査会の指定弁護士の闇に包まれた選定の実態や、小沢裁判の為に恣意的に操作したようなそれぞれの日程や新規制度の導入、それらの意味のない事実の隠蔽も固有名詞とともに確実に残ります。これまでに、検察の首脳の名前や背景、登石や大善の裁判長の名前、司法と検察と法務省の制度の問題、これら固有名詞と見えにくかった実態がここまで多くの国民に懐疑の念とともに認識されたことがあったでしょうか。それほど人々が、郵政公社疑獄を無視して小沢秘書逮捕から一貫して氾濫したおかしな報道と、検察、司法の背徳性にショックを受けてきて、そんな人々が報道と関係なく余程、客観性とバランスのとれた認識を確認しあい潜在的に共有する世論が確実に広がって、その息吹は一度も萎えることなく、より堅牢に染み亘っていった。ある国民は怒り、ある国民は自分達への侮蔑に呆れ果てた。政権交代にいたる希望を奪い取り返しのつかない時間を失わせたことに、裁判長や検察首脳のおぞましさに。その共同正犯が毎日他メディアと与太記者の訳だから、彼らの主張など、国を壊滅させた大本営発表や軽薄な見解で国民を煽った昭和5年頃からの最低のメディアと変わらないか、それ以下だということでしょう。毎日新聞が公害と偏向、誘導の総本山、大本営発表が更に醜く犯された「共同通信」に事実上吸収され、与良や岩見というゲテモノの食い扶持を維持するために創価新聞の印刷工場と相成った現在では、もう駄目なのは解りきっているのだから、早くつぶれたほうが国の為、国民の為ではあります(それほど酷い)。何より紙という貴重な資源を彼らの醜い落書きのために消化させるのは資源の究極の無駄ではないかとも感じている昨今でございます。それにしても今までは決して認知されることのなかった登石裁判長の名前や判決に至る過程の詳細、佐久間氏や大鶴氏、樋渡氏の名前から天下り先まで、多くの国民が当たり前のように認知している。これは疑問から実態を認知しようとする、国民の自発的な興味によって成されて、同時にそれらの問題を自身の問題として真面目にとらえた。それは口コミと各所議論によって成熟されてきました。その間メディアはただ意図的な信頼できないものという軽蔑というステイタスを見事に晒しました。もう誰もメディアなど普通に信用しませんね。

  • 2012/03/25(日) 12:58:11 |
  • URL |
  • SN #-
  • [ 編集 ]

フロッピー前田が「特捜と小沢の全面戦争。小沢を挙げられなければ特捜の負け。」と語ったように、大手新聞の主筆らも、自分達と小沢の全面戦争と思っているのでしょう。
小沢を追いつめる”空気”を作ることができなければ、彼らの負けなわけで、彼らとしても己の存在意義をかけた負けられない戦いなんでしょうね。
日本人の多くが、評価の基準を感情に置いている限り、こういう煽り屋は幅を利かせ続けるでしょう。
連中は確かに屑ですが、感情に流されることを好み、論理的に考えようとしない国民側にも大いに問題があると思います。

  • 2012/03/25(日) 14:19:28 |
  • URL |
  • chiba #-
  • [ 編集 ]

亭主さんの絶望には同感ですが、この人たちに期待する方が間違っているのではないでしょうか。この人たちは、自分たちに利益誘導してくれる人たちに、お仕事として、しっぽをふっているにすぎないのですから、中正公平な論評や記事を期待する方が間違っていたりすると思います。

  • 2012/03/26(月) 08:59:25 |
  • URL |
  • らむちゃのパパ #GCA3nAmE
  • [ 編集 ]

マスゴミに公正公平なスタンスを求めるほうがおかしいとの意見がありますが、マスコミとは国家(国民)に特別な許可をもらって初めて営業出来る事業ですよね。その特別な許可条件とは「公正中立」、「不偏不党」等々を遵守することを義務付けているのです。だからマスコミは偏った不公平な報道をしてはいけないのです。
小沢氏関連の一連の報道は言語道断であり絶対に許されるものではありません。
報道資格のはく奪も当然でしょう。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://yamame30.blog103.fc2.com/tb.php/254-c69102b1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

これって責任逃れじゃないか?

昨日の小沢冤罪裁判。最終弁論に対する指定弁護士のコメントは「的確な意見と評価できる部分もあれば、随分苦しそうな主張もあった。最終的には裁判所がどう判断するかだ。」 あ ...

  • 2012/03/27(火) 14:24:03 |
  • 痛みに耐えるのはこれからだ

世論調査の結果は「国民の生活が第一」政党・政権の誕生を国民は待ちわびている

 国民は「国民の生活が第一」政党・政権の誕生を待ちわびている。日経の世論調査では、約半数の人が既存政党に失望し新しい枠組みの政権(政党)の誕生を待ちわびている。小沢元代表の無罪判決が待ち遠しい。もとより楽観は出来ないが。天下り廃止政策を推進する小沢憎し...

  • 2012/03/26(月) 14:32:33 |
  • 国民の生活が第一は人づくりにあり

ハイ それまでョ / 植木等

□同時生中継 USTREAM 独立党TV【ネット中継環境に無い時はご容赦のほど】  http://www.ustream.tv/channel/dokuritsutou ハイ それまでョ / 植木等 http://youtu.be/1QFKt_vtye0 ☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★ ?...

  • 2012/03/25(日) 21:13:44 |
  • のんびりいこうよ!開店休業

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。