【稗史(はいし)倭人伝】

稗史とは通俗的かつ非正統的な歴史書等をいいます。 現在進行形の歴史を低い視点から見つめます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大林宏元検事総長に”厳重注意”処分が下された過去・No.2小津博司氏も

”やらせ”が日本という国の中にすっかり定着してしまった。
ついに内閣総理大臣・与党党首と野党第一党党首が、場所もあろうに国会でテレビ中継付きで”やらせ党首討論”をやってしまった。

古くは、と言っても高々10年ほど前だが、”やらせタウンミーティング”というものが行われていた。
最近では、九州電力の”やらせメール”があった。
九州電力には、追加の”やらせ”まであった。
どこまで腐っているのか!
九州電力と佐賀県の新たなる「やらせ」タッグ 八木啓代のひとりごと

新しいところでは政府・民主党による”一体改革の説明会”なるものがある。

「自治体政策フォーラム・愛知」樽床幹事長代行(2月25日)
「明日への責任」対話運動・大阪 藤井最高顧問(2月25日)
「明日(あした)の安心」対話集会in山口 小宮山厚労大臣(2月25日)
「明日(あした)の安心」対話集会in長野 岡田副総理(2月18日)
「明日(あした)の安心」対話集会in滋賀 安住財務大臣(2月18日)

 安住のミーティングについては、「説明会に参加したのは、財務省側が呼びかけた経済団体の関係者で、所要時間も1時間という限定的なものだった」と書かれている。

経団連も自助努力の必要性を感じたのか?
さながら”政・官・財の一体改革”になってきた。

社会保障・税一体改革に関する説明会開催 経団連タイムス No.3073 (2012年2月9日)

さて、”やらせ”の元祖である。

タウンミーティング 小泉内閣の国民対話 ウィキペディア
日本で2001年 - 2006年、小泉内閣が実施した閣僚や有識者と一般市民が対話するとしていた政治集会である。いわゆる“やらせ”・“仕込み(サクラ)”(偽装)が行われていたことが後に発覚した。


この”やらせミーティング”で取り扱われたテーマは多岐にわたっていた。
仕組みは、タウンミーティングを開きたいと希望する省庁が内閣府大臣官房タウンミーティング室に要望を出してオーケーが出ると開催できるという。
最も多かったのは、文科省で「教育基本法」改正の世論作りのものである。
次が「司法改革」関連である。
”裁判員制度”導入についての世論誘導が目的である。

”やらせ”がばれて、法務省幹部が処分を受けている。

大林宏  司法制度改革TM運営の指揮に当たった当時の刑事局長 - 厳重注意
小津博司 当時の官房長 - 厳重注意

大林宏
2004年 - 法務省刑事局長
2006年 - 法務事務次官
2007年7月 - 札幌高等検察庁検事長
2008年7月1日 - 東京高等検察庁検事長
2010年6月17日 - 検事総長
2010年12月27日 - 依願退官
2011年4月1日 - 大和証券株式会社監査役

小津博司
2004年(平成16年)6月25日 法務省大臣官房長
2006年(平成18年)6月30日 法務省刑事局長
2007年(平成19年)7月10日 法務事務次官
2009年(平成21年)7月14日 札幌高等検察庁検事長
2010年(平成22年)12月27日 次長検事
2011年(平成23年)8月11日 東京高等検察庁検事長。

大林宏は見事にというか順調に検事総長に。
小津博司氏も現在、検事総長候補の一番手。

”厳重注意”という処分は、彼らには痛くもかゆくもないものらしい。

”やらせタウンミーティング”ではこんな事まで行われていた。

入場者の選別  2005年11月27日に京都府京都市で行われた「文化力親子タウンミーティング」の際に、入場者の中に問題を起こす者がいるとして、この参加者の応募受付番号をあらかじめ落選する番号に設定し、作為的に選別していた。

これに対して、落選させられた京都市左京区在住の中学校の男性教諭(56歳)と大学の女性職員(54歳)の夫妻ら4人が、『表現の自由』を侵害されたなどとして、総務省や京都市を相手取り、総額800万円の支払いを求める訴訟を京都地裁に起こした。同地裁は2008年12月8日、「タウンミーティングへの参加権は法的保護に値しない」として、訴えを棄却する判決を言い渡したが、その後2009年9月17日に控訴審の大阪高裁は一審判決を変更し、「抽選の信頼性と、タウンミーティング参加への期待は法的保護に値する」として、原告のうち3人について計15万円を支払うよう国と京都市に命じた。


現在では、くじ引きソフトもずいぶんと進化している。
何事も過去の積み重ねがものを言う。

”やらせ”というにはやらせる人間がいる。
日本のトップ二人に”やらせ”ることのできるのはどんな奴なのか?
そいつこそ、間違いなく日本の最高権力者であろう。

“野田・谷垣極秘会談”財務省幹部らが仲介 (テレ朝ニュース 03/02)
党首討論の4日前、先月25日に行われた野田総理大臣と自民党の谷垣総裁の極秘会談は、財務省の幹部らが仲介していたことが明らかになりました。




民主主義の確立のために!
人気ブログランキングへ
↑ ご面倒でもクリックをお願いします





下記もご覧下さい。
http://blog.goo.ne.jp/yamame1235


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村

古書 那珂書房
>






コメント

つくづくやらせにはため息がでますね。自分たちの利権を守るためになんでもやる構図がすけてみえてきます。そんなのに乗せられる政治家の質も透けて見えますね。
社会保障の一体改革といいつつ、社会保障を切り捨て増税する。社会保障の充実以外には使いませんと言いつつ、その実、財政再建も必要だと言ったする。
分厚い中間層を作るとかいいつつ、そういう政策を何もしない。消費税増税で少なくなった中間層に更に打撃を。あなたの命を助けに来ましたと言いつつ、首を絞める。言っていることとすることがまるで逆なこの国になってしまいました。

  • 2012/03/03(土) 12:25:08 |
  • URL |
  • らむちゃのパパ #GCA3nAmE
  • [ 編集 ]

「やらせ」社会には本当に呆れ果ててしまいます。昔は「やらせ」に対する抑止力が様々にあったようですが、マスコミも含めて年々酷くなっているようです。計画的に罠を仕掛けるようにマスコミと騙しても、数年後には判るのに情けないですね。テレビや新聞の「洗脳言葉リピート」も幼稚であほらしいの一言です。この情けない現状を何とかしないと、こんなことでは、この国に喜びも誇りも永遠に取り戻せませんね。

  • 2012/03/03(土) 20:01:47 |
  • URL |
  • SN #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://yamame30.blog103.fc2.com/tb.php/248-f00fa633
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

政界カチカチ山

 野ブタとダメ垣が会った会わないで一悶着起こしているようで。 まあ、どうせほぼ一斉にマスゴミが報じたということはリークされたと考えるのが自然か。密談なんてものはバレて ...

  • 2012/03/03(土) 21:52:33 |
  • 痛みに耐えるのはこれからだ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。