【稗史(はいし)倭人伝】

稗史とは通俗的かつ非正統的な歴史書等をいいます。 現在進行形の歴史を低い視点から見つめます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東京地検特捜部のうれしい誤算と悲惨な誤算

三年近くも、日本中の邪悪な攻撃にさらされながら倒れない小沢一郎というのも大した人間である。
東京地検特捜部が満を持して小沢一郎抹殺作戦を開始したのは、09年3月3日のことであった。
容疑は政治資金規正法違反。
この日東京地検特捜部は大久保隆紀秘書を逮捕、3月24日に起訴。

東京地検は政治資金規正法違反として小沢の公設第一秘書と西松建設前社長を起訴。起訴状によると、公設第一秘書は2003年から2006年にかけて西松建設からの献金と知りながらダミーの政治団体「新政治問題研究会」「未来産業研究会」の名義で小沢の資金管理団体である陸山会には2100万円、小沢が代表を務める民主党岩手県第四区総支部には1400万円の寄付を受取り、その上で政治資金収支報告書に虚偽の記載を行ったとされた。(ウィキペディアより)

起訴後も拘置が続き、大久保氏は逮捕から85日間過ぎて、5月26日に保釈された。
この間、弁護側は保釈申請を出していなかったらしい。
特捜部は陸山会事務所を始め数カ所に家宅捜索に入り、膨大な量の資料を押収している。
証拠隠滅の恐れなどまったくないのにもかかわらずである。

第1回目の公判が開かれたのは、何と12月18日だった。
第2回目は、年を越して1月13日。
ここで検察側要請の証人が西松建設の2つの政治団体は実態のある団体であるという衝撃的な証言してしまった。
一転、検察は追い込まれたかに見えた。
次の第3回公判は2010年1月26日に予定されている。
このままでは大久保秘書は無罪になってしまう。

すると検察は、「陸山会土地購入事件」を突如こしらえて1月15日に小沢事務所の元秘書大久保隆規、石川知裕、池田光智の3氏を逮捕という離れ業にでたのである。
前回公判からわずか2日後、次回公判の11日前である。
なんとしても第3回公判を開きたくなかったのだろう。
さらに驚くべき事に、東京地裁(登石郁朗裁判長)は1月22日、公判4日前になって、1月26日から2月26日まで予定されていた西松建設違法献金事件の公判4回をすべてとりけしてしまったのである。
それに簡単に同意してしまった弁護士もお粗末すぎるが……。

続けて検察は大久保氏に対する訴因変更を申し立てた。
西松事件をなしにして、陸山会事件という新たな裁判をはじめたのである。
登石郁朗裁判長は形ばかりの抵抗を見せたが、結局検察の申し立てを受け入れた。
85日間の拘留は一体なんだったのか。

この登石郁朗という裁判長が、推認に次ぐ推認で3人に有罪判決をだしたことは周知のところである。
大久保氏については、西松事件での有罪判決まで下したのである。
自分で訴因変更を認めてしまったこととつじつまを合わせたものだろう。

この間、検察・裁判所にとって幸運だったのは、民主党が彼らの味方になっていたことである。
一部の跳ねっ返り議員を除いて、菅も岡田も仙谷も枝野も検察の味方であった。
鳩山はバカだし。
マスコミが味方するのは分かり切っていた。
自民党も味方する。
裁判所は身内同然である。
その上、民主党まで彼らの味方になるとは、検察にとってはうれしい誤算であったろう。

しかしここまでしても検察は小沢一郎を起訴できなかった。
それでも検察審査会による起訴は検察の計算に入っていた。
検察は慌てなかった。

次なる誤算は思いもかけないところから生じた。
大阪地検特捜部である。
村木裁判で特捜部による証拠捏造が発覚した。
検察庁は手際よく捏造犯・前田検事を切り捨てた。
しかし検察に対する信頼は地に落ちてしまっている。
おまけにその前田検事が思いがけず飼い主の手を噛んだ。
「小沢を起訴できなければ検察の負け」
「都合の悪い証拠は出さない」
「裏金は検察の妄想」
言いたい放題に検察の恥部をさらけ出した。

大阪地検特捜部の暴走が東京に跳ね返ってきたのだ。
前日の公判では、田代検事による捜査報告書の偽造まで明らかになってしまった。

狙った小沢一郎は、その力を大分封じられているとはいえ、いつ逆襲に転じるか分からぬ底力を保っている。
一方の検察はズタズタボロボロである。
マスコミの勢いも弱まった。
民主党も、親・小沢議員の離党攻勢に晒されている。
いまや検察の頼りは裁判所のみである。

登石郁夫裁判長のようなむちゃくちゃな判決を大善文男裁判長が下してくれることを、検察はただただ祈るばかりである。

小沢一郎は、総理大臣になれなかったが、まだ自分の両足で立っている。
それに引き替え……。

東京地検特捜部長・佐久間達也……法務総合研究所国連研修協力部部長(左遷?)
最高検公判部長・大鶴基成……退官(逃亡?)
東京地検特捜部副部長・吉田正喜……法務総合研究所研修第2部長(追放?)
東京地検次席検事・谷川恒太……最高検検事→宇都宮地検検事正(強制疎開?)
東京地検特捜部検事・田代政弘……新潟地検検事(流罪?)
大阪地検察特捜部検事・前田 恒彦……法曹資格剥奪・受刑者・収監中

悲惨としか言いようがない。
彼らを待ち受けていた運命こそ、彼ら自身にとって最大の誤算であったろう。



民主主義の確立のために!
人気ブログランキングへ
↑ ご面倒でもクリックをお願いします



下記もご覧下さい。
http://blog.goo.ne.jp/yamame1235


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村

古書 那珂書房
>





コメント

司法は、公正な判断機関ではないですから、亭主さんの考察のように小沢有利、検察誤算といきますかどうか。この国では、民主主義とか統治機構とか公正とかは、単なる幻想で民衆を惑わす煙幕にすぎないですから。

  • 2011/12/31(土) 19:57:15 |
  • URL |
  • らむちゃのパパ #GCA3nAmE
  • [ 編集 ]

此処まで来れば司法筋も破れかぶれ、大手のメディアさえ報じなければ国民の7~8割方は騙し通せますね。
時間をかけて最高裁までもつれ込ませる手を算段してる最中でしょう。
その内に現役の役どころは雲隠れして、後は野となれ山となれ、どうだって良いんでしょうよ。
小沢さえ座敷牢へ閉じ込めてさえ居れば大任を果たしたご褒美にありつける訳であろうから。

  • 2012/01/01(日) 01:11:01 |
  • URL |
  • Analog #SziNSl4A
  • [ 編集 ]

謹賀新年

今年は良い年、としたいものですね。
小沢氏、最高裁まで引っ張られ、角栄の二の舞にならなければよいのですが。
前横浜市長中田氏の「政治家の殺し方」を購入しました。中身はこれから拝読しますが、中田氏も相当ご苦労された模様。ある日突如として出てきた身に覚えのない破廉恥スキャンダルの数々。裁判には勝ったものの、政治家としては死に体となってしまったわけで。氏は自殺まで考え、ボロボロにされたのに、元凶のマスコミはのうのうと暮らしているわけです。橋下市長の破廉恥記事を書いた奴もケロっとしてそうですね。
さらし者にし、世の中の審判を受けなければならない人間はごまんと居そうです。

  • 2012/01/05(木) 12:52:19 |
  • URL |
  • chiba #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://yamame30.blog103.fc2.com/tb.php/219-762a3820
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。