【稗史(はいし)倭人伝】

稗史とは通俗的かつ非正統的な歴史書等をいいます。 現在進行形の歴史を低い視点から見つめます。

沖縄「犯す」発言は見事な比喩…「言ってない」と「記憶にない」との距離

今回の沖縄防衛局長の発言は沖縄問題の本質を見事にえぐり出している。
比喩としては、まさにこれ以上ない適切な比喩と言える。
防衛局長は、これほど見事な比喩表現をしたことを誇っていい。

「犯す前に犯すと言いますか」

彼は、「環境影響評価(アセスメント)の評価書の提出」が、「沖縄を犯す」行為であると認識していたのである。
力ずくで自分の欲望を遂げる。
まさに「犯す」という表現がぴったりである。

しかも「不意打ち」を宣言している。
現地最高指揮官としてはこれもまた適切な戦術である。

事後の釈明もまた定番の「記憶にない」である。

沖縄防衛局長、不適切発言で更迭…防衛相陳謝 (YOMIURI ONLINE 2011年11月29日)
 同省は発言が報道された29日、田中氏を東京に呼び、発言内容を聴取した。田中氏は「犯す」と発言した記憶はないと釈明したものの、「そのように解釈されかねない状況だった」と語った。一川氏は辺野古移設問題への影響も考慮し、「弁解の余地はない」と更迭を決めた。


「言っていない」と言えば嘘になる。
そこで「記憶にない」となる。
他人の記憶までは検証できない。
だれも、嘘だと断言できない。

しかし「言ってない」ならば、普通は「言っていない」と言う。
「言った」記憶があるから、「記憶にない」と言う。
まして「(女を)犯す」というどぎつい言葉である。
普通の人の日常会話の語彙の中にはない言葉である。
「罪を犯す」とは使うが、「女を犯す」とは口にできない。
自分の使用範囲に入っていない言葉であれば、「言ってない」と断言できる。

防衛省はこの局長を早々と更迭した。
単なる更迭である。
公務員としての身分・待遇は何ら変わらない。

強姦未遂犯ならば、懲戒免職であろう。

防衛事務次官が沖縄に謝罪に行ったが、「犯す」意志を撤回したわけではない。
けんもほろろの応対をされるのは当然である。

さて、素早く田中聡沖縄防衛局長を更迭した一川防衛相であるが……。
いくら素人を辞任しているからといっても、お粗末すぎる。

「沖縄少女暴行事件の詳細知らない」 一川防衛相が答弁 (asahi.com 2011年12月1日)
一川保夫防衛相は1日の参院東日本大震災復興特別委員会で、1995年の沖縄少女暴行事件について「正確な中身を詳細には知らない」と答弁した。佐藤正久議員(自民)の質問に答えた。事件では米兵3人が小学生の少女を暴行。事件を契機とした反基地感情の高まりが、地位協定の運用見直しや米軍普天間飛行場の返還合意につながった。


そしてお粗末さでは人に負けないこいつも……。

野田首相発言全文=沖縄防衛局長の不適切発言 (jiji.com 2011/11/30)
-誠心誠意の気持ちを首相自身が沖縄で説明する考えはあるか。
 とりあえずきょうは防衛省の中江公人事務次官が現地に行って説明と謝罪をする予定だ。私の場合は適切な時期を考えたい。
 -首相がすぐにメッセージを発信しなかったことに不快感を持っている人もいる。
 藤村修官房長官から随時報告は受けていたが、(29日午後)8時に防衛相が会見をし、その方針について説明を聞いていた。その前に私が言うよりは、まずは担当大臣から会見をして、対応をお知らせするのが先だろうと思った。


まるで他人事である。
こんな問題で、後も先もあるまいに。

普天間:不適切発言での移設手続き影響なし 審議官級協議 (毎日jp 2011年12月1日)
日米両政府は1日、外務省で、外務・防衛当局の審議官級協議を行った。米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設問題を巡り、日本政府は同県名護市辺野古への移設に向けた環境影響評価書を年内に提出する方針に変わりがないことを説明。不適切発言による前沖縄防衛局長の更迭で、移設手続きに影響はないとの認識を伝えた。
 日本側からは、外務省の冨田浩司北米局審議官や防衛省の黒江哲郎防衛政策局次長、米側からはシファー国防次官補代理やグリーン在沖縄米総領事らが出席した。


官僚たちは、政治の騒ぎをよそ目に、粛々と強姦作業を進めているようだ。
今回の田中聡沖縄防衛局長の発言は、沖縄問題の本質を見事に言い当てた good job である。
後に続く者が現れることを期待する。



民主主義の確立のために!
人気ブログランキングへ
↑ ご面倒でもクリックをお願いします





下記もご覧下さい。
http://blog.goo.ne.jp/yamame1235


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村

古書 那珂書房
>







コメント

アメポチスパイバナナメリケン官僚が法匪政治を執る植民地ニッポン

この国の霞ヶ関役人が官吏公僕の立場権限を越えて米軍の治外法権の虎の威を借りて三権分立を侵し立法司法マスゴミと癒着談合して政治を壟断してきたのは地位協定あるがゆえです。原発利権などその最大最凶のものです。この官僚ファッショ政治は小泉アメポチスパイ政権時代に完成しました。その後は自民党は言うに及ばず民主党も菅前原岡田仙谷枝野野田等、みな小泉チルドレンです。米軍に奉仕するためには恥知らずな棄民テロ政治も嬉々として断行強制執行する、下品で愚劣な霞ヶ関アメポチスパイ官僚主導政治の最低のチンピラな手先どもです。

こんな腐ったアメリカさまべったり幇間宦官政治を日本国から一掃するには、人類史の恥辱「地位協定」の断固拒否、即時破棄が絶対必要であり、かつ十分条件であります。国会決議でも国民投票でも早い方で地位協定破棄を可決すればよいのです。結局のところ311に始まるこの亡国の一大危機にあたって日本に住んで独立不羈の誇りを取るか、奴隷の安楽(と言っても放射能テロを浴びながらですが)を取るかという問題だと思います。

  • 2011/12/02(金) 20:28:59 |
  • URL |
  • 通りがけ #-
  • [ 編集 ]

ガス抜きされず地位協定破棄貫徹

GHQ(今CIA)と霞ヶ関法匪官僚の常套手段 政治的ガス抜きですね。

>「55年体制から続く茶番劇大根役者共産党」

タイトルがすべてです。

おまけ「茶番劇」とは?
>腐れ親父の独り言様への自コメから
ttp://sacredplaces.cocolog-nifty.com/blog/2011/12/post-8208.html
>国民が決めるのは原発の推進廃止の二者択一ではなく、地位協定という奴隷契約をこのまま後生大事に続けていくのかそれとも地に叩き付けて破棄するのかの選択である。
今までに日本国が巨額の代価を払って輸入した莫大な核物質の処理については、地位協定を破棄して対米完全独立してから日本国民自ら決めるか、地位協定を維持して隷属植民地のまま宗主国アメリカ政府に決めてもらうかのふたつにひとつしかないのだから。
対米独立前に隷米スパイ霞ヶ関が支配する日本国内で「脱原発」の是非を論じることは国際的には極東辺縁のコップの中の嵐であり、「脱原発」国民運動や国民投票は世界政治史上まったくの無意味な政治運動ごっこ茶番劇になってしまうであろう。 <

(新時代創造さまttp://soubiken.blog20.fc2.com/blog-entry-1081.html
共産党は、無駄な小選挙区候補擁立をするな!落ちるだけ。への自コメント)

  • 2011/12/05(月) 08:01:25 |
  • URL |
  • 通りがけ #-
  • [ 編集 ]

これもガス抜き

さて、タイトルテーマ「一川防衛相やめる必要なし!!」について。
>新時代創造さまttp://cpt-hide-cook.seesaa.net/article/238554170.html

暴言を吐いたのは防衛局官僚トップであるから政治家である大臣に責任は全くない。大臣は問題官僚を直ちにクビにするだけでなく、そういう憲法違反の沖縄県民を騙し討ちにする防衛行政を防衛局が上から下まで上意下達で一体として「犯行」してきたことから、全員クビにして新たに民間から防衛局職員を公募するべきである。

新防衛局発足と同時に一川大臣が辞任する。これが大臣の正しい責任のとりかたである。悪い部下を持ったのが大臣の不運だったつうところが落としどころである。

前原如き犯罪者に他人をどうこういう資格なんぞかけらもないがね。これもまたマスゴミとグルになった霞ヶ関のバカの一つ覚え責任逃れガス抜き陰謀工作である。

  • 2011/12/05(月) 17:32:38 |
  • URL |
  • 通りがけ #-
  • [ 編集 ]

扶桑の島びとの伝統の責務

目に見えないがいま日本を地球史上最悪に汚染しているものがある。

放射能と地位協定。

このふたつの地球に対する冒涜犯罪はいずれも戦争狂略奪拝金主義国家アメリカ政府の下品な野望にもとづいているゆえ同根である。

ゆえにこれを同時に一体として日本から一掃するのでなければ、現実問題としてどちらをも一掃出来ないのである。

すなわち原発対策石棺化と対米独立地位協定破棄は同じひとつの日本独立問題であり、同時に遂行達成すべき扶桑の島を伝えゆく日本人の地球に対する神聖な責務である。

  • 2011/12/07(水) 12:01:45 |
  • URL |
  • 通りがけ #-
  • [ 編集 ]

日本人の責務

脱原発は未来永劫決して政治的に達成できない非現実的政治目標である。
国民をそれとなくあおってこの脱原発運動をさせることで、霞ヶ関とアメリカ政府は日本の国民的政治運動エネルギーが、憲法無視の治外法権悪用で自分達が日本国民を実質支配できる源である地位協定の破棄決議へと向かわないように狙いを外らそうと、マスゴミ報道をつかってガス抜きスピン攻撃を仕掛けているのである。
脱原発は日本国が大量に保有する核物質の処理を考えると絶対に実現しない。といって核兵器製造などは絶対に出来ない。それやればいっぱつで国連から滅ぼされるからね。
ただし地位協定を破棄すれば完全な国策としての最終処理機能を併せ持った原発を新規に山中に作り直すと言う、発送電分離した公的基礎電源を日本は保有することが出来る。
何度でも言うけど、まず地位協定破棄とフクイチ石棺化が最大緊急のミッションであり、地球に対する日本人の責務である。

日本人であるということはなかなかに大変なことである。が、この扶桑の島の民に生まれ育まれた以上は日本人でありつづけてよかったと思いたいものである。

  • 2011/12/08(木) 06:41:41 |
  • URL |
  • 通りがけ #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://yamame30.blog103.fc2.com/tb.php/209-253078e2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad