【稗史(はいし)倭人伝】

稗史とは通俗的かつ非正統的な歴史書等をいいます。 現在進行形の歴史を低い視点から見つめます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

菅直人より気持ち悪い野田佳彦

騙される政治家の代表は何と言っても鳩山由紀夫であろう。
個人として騙されるのは勝手だが、政治家として騙されるのは国民に対する裏切りにつながる。
騙された鳩山は、騙すつもりはなくても、人を騙す側になる。
その鳩山に騙され続けてきたのが小沢一郎である。
そしてわれわれ国民も常に騙される側にいる。

菅は総理辞任を匂わせて鳩山を騙した。
そして菅は一旦不信任の危機を乗り切ると以後はがんとして”辞任時期”明言を裂け続けた。

唯一、菅が言い続けたのは、”一定のメド”がついたらということであった。
不信任案の否決は、6月2日の事であった。
3ヶ月粘ったがついに8月30日に退陣。

それからわずか2ヶ月半しか経っていないのに、はるか昔のことのようにも思える。

これ以上菅首相の詐欺を許すな (産経ニュース 2011.6.5)
……
 採決前に震災対応で「一定のめど」がついた後に退陣する意向を表明した菅直人首相が、不信任案が否決されたとたん、夜の記者会見では少なくとも来年1月まで長期続投する考えを示したのですから、これは明らかな「詐欺」です。
 密室の政治家同士の約束なら、だましたり、だまされたりということは日常茶飯事ですが、菅首相の退陣意向の表明はテレビ中継され、国民の目の前で行われました。われわれマスコミだけでなく、国民のみなさんのほとんども「菅首相は近く辞めるんだ」と思ったことでしょう。それを夜になって、長期続投の意向を表明するのは、明らかに国民を欺く行為です。
 ただ、われわれの取材によれば、菅首相は初めからそのつもりでした。一見、退陣の意向と思わせる演説をして不信任案を否決したら、退陣の時期を明示していないことをたてにとって、政権を続けていけばよいと考えたようです。そうなら極めて悪質、陰湿な行為といえます。


明日にも辞めそうなことを言ってからからほぼ3ヶ月。
その間、菅の発言・答弁はただひたすら”言質を与えない”ことを旨としていただけのものである。
「決定的な一言」さえ言わなければいいというのが菅の戦術であった。

一昨日の参院予算委員会での野田の答弁を聞いていて菅に通ずる気持ち悪さを覚えた。
山本一太議員が10回以上、「協議の結果しだいでは交渉に参加しないという可能性もあるのか」と質したが、野田はついに「参加せず」という言葉を避け続けたのである。

「国益にかなうよう」
「何が何でもという訳ではない」
「いろいろな選択肢」

思いつく限りの言い換えをしていたが、それでも「参加しない」という言葉だけは吐かなかったのである。
この薄気味悪さは菅以上である。

山本議員は野田の答弁に対して、「二枚舌」と非難した。
しかし、野田は二枚舌ではない。
始めから、曖昧な発言しかしないことにしているのである。
「二枚舌」ではなく、「灰色の舌」なのである。
白でもなく黒でもない。
始めから灰色の言葉でしゃべっているのである。
「解釈は色々あるでしょう」と野田自身は言うが、はじめからそれを意図した物言いをしているのである。

言い逃れができることを計算しながら発言している野田。
国民を騙すことだけを考えている野田。
ここには言論に対する真摯な姿勢は皆無である。
言葉が心から切り離されて単なる道具に成り下がっている。

言い逃れに窮すると野田は、今度はエフタープとかいうものを持ち出してきた。
”TPPはエフタープへの一里塚”だと。

エフタープなどまだ議論にもあがっていない。
昨日の予算委員会で、あたかもエフタープが国家の規定方針・自明の正義であるかのような口ぶりで質問者の片山虎之助を煙に巻いていた。
「エフタープをいかんと言われたらどうしようもない」と人をバカにした態度で逆襲にでる野田。
そんなことで怯む片山もだらしない。
エフタープとは、Free Trade Area of Asia Pacific (アジア太平洋自由貿易圏)ということらしい。

戦後、自由貿易という大義名分を振りかざして世界に君臨しようとしてきたのがアメリカである。
もはやわれわれは”自由貿易”という呪縛から抜け出る時期にきているのではないか?

自由貿易とは強者の論理である。
弱者にとっては迷惑極まりない。

日本にとって自由貿易は必ずしも不利なことばかりではないだろう。
農業以外の分野ではある程度の利益を得るかもしれない。
総体として、数字の上で、あるいは金額ベースでは多少の利益が見込めるかもしれない。
しかし、それが国内体制・法規にまで手を突っ込んでくるとなると話は違う。
いま議論されているTPPは、貿易とか関税とかの範疇をはるかに超えている。

野田政権は、間違いなくアメリカの利益を国民の利益よりも優先させている。
TPPの内容について分かっていることも隠している。
「交渉に参加しなければ中身は分からない」と言うが真っ赤なウソである。
中身の分からない危険なところに自分から飛び込んでいくバカはいない。
分かっていて飛び込むのは狂人である。

今、野田内閣を潰さなければ泣きを見るのはわたしたちである。

しかしそれにしても、菅の後に野田とは……。

野田内閣打倒!
民主党政権打倒!
民主党即時解党!

ついでに自民党解党!
そして混沌の中から”国民の生活第一党”を誕生させたい……ものだ……が……。



民主主義の確立のために!
人気ブログランキングへ
↑ ご面倒でもクリックをお願いします



下記もご覧下さい。
http://blog.goo.ne.jp/yamame1235


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村

古書 那珂書房
>







コメント

予定どおりにぶら下げられた総理の人参を頬張った野田

民主主義という不完全ながらも、現在考え得る唯一の制度をより理想に近づける努力をしない先進国モドキが現在の日本ではないでしょうか。様々な生みの苦しみはあるだろうけれど、現在の政治家で唯一民主主義の理想に上向きに具現化できる可能性と実力を持った政治家が小沢一郎でしょう。理想的な民主主義に近づくことを頑なに拒絶する既得権の連中が反小沢勢力で、彼らから予定通り与えられた総理の人参を食べた飼い犬が野田でしょうね。ツケは国民にすべてまわってきますね。

  • 2011/11/17(木) 23:45:53 |
  • URL |
  • SN #-
  • [ 編集 ]

いつもながら、亭主さんの弁舌はさわやか、切り口あざやかですね。感心しました。

  • 2011/11/18(金) 01:56:10 |
  • URL |
  • らむちゃのパパ #-
  • [ 編集 ]

合理性と非合理性

TPP推進派が二言目には消費者の利益と言う。国鉄や電話局の民営化の時も大々的に民営化によるコスト合理化と消費者への利便性の還元という似たような理由を第一義に掲げた。国営の意義は国民へのサービス、シビルサービスにある。一方民営化の根拠はコストの合理化と仕事の質の向上で結果的に国民にサービスが還元されるとする。当然、国営が大企業として民営化されるさいには、国民に利益が還元されなければならない。民営化とは形を変えたシビルサービスの方法論なのだ。しかし日本の実態は民営化が本来のシビルサービスの一環として成されてはなく、半官半民会社が指導なき省庁に保護されてとんでもない金額を徴収する極悪税金収奪民営化となっている。本来あるべき国民へのサービスなど存在せず、あるのは国民への仕打ちである。米国の利益、官僚と御用政治家の利益のため国民は自由も生きる権利も奪われている。

  • 2011/11/18(金) 15:58:37 |
  • URL |
  • SN #-
  • [ 編集 ]

良心の異常な欠如

民主党ってのは、よくも次から次へと、屑を排出できますね。
まあ、類は友を呼ぶ、わけですから、あの穴から出てくるのは同じ狢だけなんでしょうけれども。
日本企業の工場の海外移転が進んでるとか。TOYOTAも米国にでかい工場作りましたね。これからのトレンドは、米国への移転ですかね。米国の賃金、だだ下がりみたいですしね。米国を拠点に、米韓FTAを利用して、韓国へ輸出、TPPを利用して、日本へ輸出。米国は雇用確保に躍起ですから、ドル安誘導の他にも、何かしら人参ぶら下げるかもしれませんね。経団連にとっては自由貿易万々歳、ですな。
日本は悲惨ですね。外国企業のみならず、日系企業も逆輸入で日本市場を狙ってきますしね。成長なんてしやしませんね。失業者増大、給料低下で、国民の納税力はつるべ落とし。唯一、グローバル企業の法人税収入が増加しそうですが、これだって、法人税下げろの大合唱ですから、良くて横這いなんじゃないでしょうか。
消費税アップ、所得税アップ、社会保険料アップ、年金受給年齢アップ、医療費自己負担アップ、国債残高アップで、日本国民、大ピンチですわ。

  • 2011/11/18(金) 19:23:33 |
  • URL |
  • chiba #-
  • [ 編集 ]

野田総理は駄目です。

野田総理は二枚舌ではなく灰色舌との喩えはおもしろいですね。
仰る通り、野田総理は言葉を濁し続けている。どの様にも取れる表現を使い回して責任との言葉から、一番遠い政治を行っている。
言葉を使う職業の政治家が、自らの言葉のリスクヘッジだけにこだわりだしたら、政治は前に進まない。
実際、日本の国会では言葉で煙にまく事しかしないから何にも決められないし、何も宣言できていない。でも、その癖に海外でゲリラ的に勝手に政治判断し宣言を行い国際公約をぶちまける無茶苦茶な政治を行っている。
こんな無責任で無茶苦茶な政治を続けていれば、遠からず国内外で大きな問題を引き起こすに違いない。
既にあちこちで煙がで始めているが…。
私も早く野田総理は辞めさせるべきと思います。

【TPPの真実】

TPPの黒幕 経産省女性官僚がやったコト

<慎重派が呼んで吊るし上げ>

マイクを握り、身ぶり手ぶりで説明する女性官僚。
彼女こそ、いま、TPPの黒幕と呼ばれる
宗像直子・経済産業省通商機構部長(グローバル経済室室長)である。
なぜ、彼女が黒幕と呼ばれるのか。
 
日米で言った言わないでモメている野田首相発言、
「日本は全ての物品サービスを
(TPPの)貿易自由化交渉のテーブルに乗せる」というセリフ。
これは経済産業省が事前に用意したペーパーに書かれていて、
これを作成したのが宗像なのである。
 
問題のペーパーはAPECのためにハワイに先乗りした
枝野経産相にカーク米通商代表との会談用として渡された。
たまたま枝野に密着していたテレビが映したことで、存在がバレた。
その後、枝野はカーク通商代表との会談に臨み、
あとからハワイ入りした野田首相はオバマ大統領と会談、
交渉参加に向けた協議に入ることを表明した。
枝野も野田もペーパーに書かれているような発言をしていないと言うが、
米国は、野田がこのペーパーに沿ったセリフを表明したと発表。で、
宗像は与野党のTPP慎重派から吊るし上げを食らっているのである。
「18日に開かれた民主党の慎重派の勉強会にも呼ばれて、
経緯を聞かれていました。

宗像氏は首相の会見前に用意した発言要旨だったとし、
首相の会見のあと、
その趣旨を反映させたものに差し替えなかったため、
ペーパーが残ってしまったと言い訳しました。
でも、外形的にはTPP参加の旗振り役である
経済産業省が極めて前のめりの参加表明文書を作り、
それが米国に伝わって、
日本の見解として発表されてしまったとしか見えない。
それに対して、日本は訂正すらも求めていないのだから、
おかしな話です。本当に差し替える気があったのか。
経産省が交渉で、そう言わせようとしたのではないか。
枝野氏はその通りの発言をしているのではないか。
疑惑は尽きないし、“違う”と言うなら、
枝野大臣とカーク通商代表との議事録を公表するか、
『米側の発表は誤り』と日本から声明を出すべきです。
宗像氏本人か、上司か、大臣か。
誰かが責任を取らなければ、慎重派も収まらないと思います」
(ジャーナリスト・横田一氏)
 
今回はたまたまTVが映像を撮っていたからよかったものの、
それがなければ、交渉の裏で役人が
勝手に何をやっているかわかったもんじゃない。
そう思うと、ホント、日本の官僚は恐ろしい。

宗像氏は東大法卒、ハーバードでMBAを取得した後、
1984年通産省に入省した。通商経済政策局経済協力課、
総務課課長補佐などを経て、
ブルッキングス研究所やジョージワシントン大で研究をした。
新自由主義に染まった役人の身勝手な暴走は許されない。


記事から。

  • 2011/11/21(月) 23:30:17 |
  • URL |
  • 国民! #6GgKOieI
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://yamame30.blog103.fc2.com/tb.php/202-1e0fef5a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。