【稗史(はいし)倭人伝】

稗史とは通俗的かつ非正統的な歴史書等をいいます。 現在進行形の歴史を低い視点から見つめます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TPP・消費税・反小沢…国民を騙す民主党は1日も早く潰さなければならない!

民主党の中枢には松下政経塾出身者がずらっと顔を並べている。
野田佳彦・前原誠司・玄葉光一郎……。
そして政経塾出身でないが、驚くほど彼らに似ている連中がいる。
菅・仙谷・岡田・枝野・安住……。

どっちがどっちに似たのか分からないほどこの連中は親和性がある。

この連中はそろって消費税増税派である。
そしてTPP推進派である。
さらに不思議なことに彼らはすべて反小沢である。

これまでのところ小沢一郎自身は、TPPに対してさほどはっきり反対論を唱えているわけではない。
ただTPP反対論者が親小沢派に多いことは確かである。

しかしながら野田たちと小沢一郎との対立は、決して政策の中身そのものからきているのではなさそうだ。
政策というよりは、政治家としての立ち位置の違いからきているものと思われる。

官僚・財界・アメリカからどれだけ自立しているか。
自立しようとしているか。
小沢一郎は明らかにこちら側に立っている。

野田らは向こう側にいる。
官僚・財界・アメリカの側である。
向こう側の利益を計ることが自分たちの利益につながる。

彼らは向こう側のために国民を騙す。
「バスに乗り遅れるな」
「アジアの成長を取り込む」
「早期参加で有利な条件をかちとる」
「途中で離脱も可能」
「最後は国会が批准を決める」

彼らは抜かりなくガス抜きも施す。

首相の判断制約せず「慎重意見が多数」民主党提言案 (産経ニュース 2011.11.9)
環太平洋連携協定(TPP)交渉参加の是非を検討する民主党のプロジェクトチーム(鉢呂吉雄座長)は8日、国会内で役員会を開き、提言案をまとめた。交渉参加に慎重な意見が多数を占めたことを盛り込むと同時に、野田佳彦首相の判断を制約する内容にはせず、参加の判断は政府の方針に事実上委ねた。


お笑いぐさである。
「参加の判断は政府の方針に事実上委ねた」?
野田が始めから参加の腹であることを知っての上である。
単なるガス抜き・アリバイ作りに過ぎない。

野田の国民騙しは消費税でも同様に行われる。

首相、消費増税法案成立後の総選挙を強調 衆院本会議 (asahi.com 2011年11月7日)
野田佳彦首相は7日の衆院本会議で、社会保障費を賄うための消費増税に関して「(今年度中の)法案提出の暁には成立に全力を尽くし、実施する前には総選挙で民意を問う」と述べ、衆院総選挙を実施する時期は法案成立後とする考えを改めて示した。


法案が成立してからでは手遅れである。
法案が成立すれば、役所は早速準備に入る。
たとえすぐに解散・総選挙が行われても新内閣発足までは2ヶ月以上かかる。
消費税法案停止・廃止の審議に何時入れるかは分からない。
既成事実だけが積み上げられていく。
いつの間にか後戻りできなくなっている。
法案成立後では民意を問うことにはならない。

そしてこんな連中にすり寄る奴らがいる。

鹿野農水相 野田首相の方針受け入れ「和を以て貴しとなす」 (産経ニュース 2011.11.1)
 鹿野道彦農水相は1日昼、民主党鹿野グループの会合であいさつし、政府・民主党がアジア太平洋経済協力会議(APEC)首脳会議前の意見集約を目指している環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)の交渉参加問題について「決まったことについては、野田政権を支える与党として冷静な対応をしていこう。『和を以て貴しとなす』の精神だ」と述べた。
 野田佳彦首相はAPECでTPP交渉参加を表明する方針でいることから、鹿野氏の発言は、自らも首相の方針を受け入れるとともに、民主党の議員は首相の方針に従うべきだとの考えを示したとみられる。


TPP交渉参加に反対なのか賛成なのかよく分からない。
本音は、”どっちでもいい”のだろう。
党内の”和”を最優先にする。
TPPに賛成・反対は言わずに、”和”を大事に野田の決定に従う。
つまりは党内主流派にくっついていくという判断に過ぎない。
国民の生活よりは我が身が大事、ということである。

こういう政党に存在価値はない。
心ある議員は離党にとどまらず民主党解党に向け全力をあげよ。

受け皿?
自分で考えなさい。

いずれにしろ民主党にとどまる限り、あなたたちに明日はない。



民主主義の確立のために!
人気ブログランキングへ
↑ ご面倒でもクリックをお願いします





古い記事は下記にてご覧下さい。
http://blog.goo.ne.jp/yamame1235


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村

古書 那珂書房
>








コメント

国民生活が第一という看板は未だにかかっているのかもしれませんが、その精神は、もう全くないというか正反対ですね。
国民生活を犠牲にして、世界に貢献する、企業の便宜を図るという図式。もはや詭弁の民主党はいらないと思います。

  • 2011/11/10(木) 01:10:59 |
  • URL |
  • らむちゃのパパ #..viGdfQ
  • [ 編集 ]

小沢氏はTPP反対です

民主党の屑っぷり以前に、政治家になる人間というのはろくなのがいない、というのが最近の感想です。家業が政治家、無職でどーとでもなる奴、変わり者で集団行動できない奴、こんなところじゃないでしょうか。まともな連中は生活ありますから、サラリーマンとか公務員とか、堅実な職業選びますしね。

ところで、小沢氏は小沢事務所のtwitterで、反対を明言してますよ。
@ozawa_jimusho 小沢一郎事務所
今日、一部紙面等で『TPPについて「小沢氏前向き」』と報じられておりますが、それは誤りです。今の拙速な進め方では、国内産業は守れません。
10月21日

  • 2011/11/10(木) 13:34:55 |
  • URL |
  • chiba #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://yamame30.blog103.fc2.com/tb.php/198-77cc1e19
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

【TPP参加反対】今こそ生活を守るために市民革命を起こそう!【ノダ豚内閣打倒!】

 2011年11月11日。この日は多くの日本国民にとって「悪夢の日」として記憶されるであろう!情報隠蔽が行われる中、広範な国民各層からの反対論を無視して操り豚ノダがTPP協議への参加を決めたからだ!  しかも国会開催中で集中審議すら行われたにも拘わらず、主権者の代...

  • 2011/11/13(日) 00:02:46 |
  • ステイメンの雑記帖 

野ブタの頭の中はアメリカ隷従100%

 野ブタの頭の中ではもう答えは決まっている。 党内での賛否など関係ない。TPP参加ありきで「政治決断」とやらをするだけだ。 賛成論、反対論、両論併記しといて「もう議論 ...

  • 2011/11/09(水) 15:05:47 |
  • 痛みに耐えるのはこれからだ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。