【稗史(はいし)倭人伝】

稗史とは通俗的かつ非正統的な歴史書等をいいます。 現在進行形の歴史を低い視点から見つめます。

TPP・EU・消費税…危険がいっぱい。野田を国外に出してはいけない。

消費税……増税
沖縄基地問題……強行
原発……推進
TPP……断固推進

野田・枝野・菅・岡田・仙谷・玄葉・前原……。

この連中は見事なほど一致した行動を取る。
なぜそうなるのか?

第一に国民の生活に対する無関心。
第二に官僚の言いなり。
第三にアメリカ絶対。
第四に口はうまいが嘘つき。
第五に反小沢。

彼らの行動原理は以上のほかには、個人としての卑しい欲望だけである。
保身。
利権。
権力。

前原グループの研修会とやらでの前原・仙谷らの発言が伝えられているが、彼らの本質を実によく分からせてくれる。

前原氏「不満持つ人に配慮すれば前に進まない」 (YOMIURI ONLINE 2011年10月29日)
 前原政調会長は長野県軽井沢町でのグループ研修会で、TPP問題を念頭に、「ある程度議論したら決めなければいけない。不満を持つ人に配慮すれば、政策は前に進まず、与党の責任を果たせない」とあいさつし、交渉参加に慎重な議員をけん制。


前原にとって、議論とは単なるガス抜きを意味するようだ。
「ある程度議論したら」
「不満を持つ人に配慮すれば、政策は前に進まず」
GDP1.5%の農業に配慮していては、TPPに加われないという持論であろう。
この愚かさと傲慢さにはただあきれるばかりである。

仙谷も負けてはいない。

反対派議員を念頭に「自分の信念か宗教的な関心か知らないが、党内合意を形成させないことを自己目的化している」と批判。

 仙谷氏は「農協はTPP反対でわめいて走っているが、物の分かる人を何人か捕まえて中立化する。あるいはこちらの応援団を中につくっていく」とも述べ、農協関係者や農協の支援を受ける議員の切り崩し工作が重要であるとの認識を強調した。(産経・2011.10.29)


「物の分かる人間を何人か捕まえて中立化する」!
この傲慢極まりない口調には言葉もない。

TPP反対の意見を、「宗教的関心」という一言で片付ける。
「党内合意を形成させないことを自己目的化」というのもあきれた言いようである。
仙谷に言わせれば、執行部に反対するすべての議論は党内政局を目的としたものになってしまう。

民主主義は議論に始まる。
その議論を頭から否定する。

この連中にとって議論とは、相手を言い負かすことでしかない。
相手の言い分を聞いて納得できれば自分の考えを変えるという姿勢は始めから持ち合わせていない。

この連中にTPP交渉参加の愚を説いてもまったく効果はない。
もともと反対論など受け入れるつもりなどないのだから。
「アメリカ盲従」という”宗教的信念”に凝り固まっている連中である。

首相 強行突破か TPP参加 迫る期限 (東京新聞 2011年11月3日)
推進派が前のめりなのは、首相が交渉参加への腹を固めており、首相自らが最終決断すれば、反対派も逆らえないだろうとみているためだ。
 実際、首相サイドでは、十一日に衆参両院の予算委員会でTPPに関する集中審議開催が決定したため、首相が予算委か記者会見の場で交渉参加を表明する案が浮上。首相周辺は「ぎりぎりまで党の議論を尊重するが、交渉参加の方針は揺るがない」と明かす。


議論の無意味さが浮き彫りになる。
「交渉参加の方針は揺るがない」のに、「党の議論を尊重する」?

TPP交渉参加の期限がAPECの舞台というのも野田の勝手な言い分に過ぎないのだが、国外で既成事実を作ってしまおうというのだろう。
ついでに消費税にもけりをつけようと思っているらしい。

野田首相、2日からカンヌ訪問へ G20首脳会合に出席 (産経ニュース 2011.10.31 )
 藤村修官房長官は31日午前の記者会見で、20カ国・地域(G20)首脳会合に出席するため、野田佳彦首相が11月2日から5日までフランス・カンヌを訪問すると正式発表した。
 11月3、4日のG20では欧州債務問題を踏まえて世界経済の安定化策などを協議し、首脳宣言を採択。野田首相は2010年代半ばまでに消費税率を段階的に10%まで引き上げると「公約」する。
藤村氏は、首脳会合での2国間会談について「調整中であり、発表できる段階にない」と述べるにとどめた。


どうやらG20出席は急遽きまったようだ。
消費税10%を発表するのが目的らしい。

多分それだけでは済まないだろう。
よけいなことまで口走りそうだ。

欧州基金への支援継続=野田首相、英紙と会見
【ロンドン時事】野田佳彦首相は28日付の英紙フィナンシャル・タイムズ(電子版)に掲載されたインタビュー記事で、規模拡充が決まった欧州金融安定化基金(EFSF)に関し、日本政府が引き続き支援する意向を表明した。(jiji.com 2011/10/29)


消費税を上げなくちゃならない国が、他国に援助かい?
震災・原発事故で断末魔の悲鳴を上げている国がよその国に資金援助?

折しもようやくまとまったEUのギリシャ支援も、ギリシャの国民投票問題で振り出しに戻ってしまった。
5兆円の円売り介入の言い訳もしなければならない。

そんなところにわざわざ飛び込んでいくバカ総理。
跳んで火にいる豚の丸焼き!

この連中を国外にだしてはろくな事がない。

自民党は野田をしっかり国会に貼り付けておけ。
それがあんたたち政治家の大好きな”国益”を守る一番の手だてである。



民主主義の確立のために!
人気ブログランキングへ
↑ ご面倒でもクリックをお願いします





古い記事は下記にてご覧下さい。
http://blog.goo.ne.jp/yamame1235


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村

古書 那珂書房
>








コメント

仙谷アホ

仙谷氏は「農協はTPP反対でわめいて走っているが、」ーーー仙谷の地盤の徳島県は農業県であり芋やレンコンで食っているのだ。TPPが施行されると防腐剤入りのレンコン、金時芋ということにナリ関西近郊農業で成り立つ徳島県は成り立ち行かなくなる。何を考えているのか。

  • 2011/11/03(木) 20:28:17 |
  • URL |
  • sijimi #-
  • [ 編集 ]

亭主さんのおっしゃる通りですな。この連中がいう議論とは、論じ合って結論を出す場でなくて、自分たちの主張、即ち結論を説明する場にしか過ぎないのですね。
そして、それらは選挙公約になかったことばかりです。こんなことがまかり通るなら、マニフェストなんか掲げる必要もないし、選挙自体が不必要。
それに5兆円の為替介入は、どぶに捨てたも同然ですな。どぶに捨てる金がこんなにあるのになんで復興を名目に増税するんでしょうか。

  • 2011/11/05(土) 00:58:08 |
  • URL |
  • らむちゃのパパ #GCA3nAmE
  • [ 編集 ]

第六に・・・

そして、第六に・・・責任を取らない。
小沢氏に責任をなすりつける。私は知りませんと居直る。存在感を消してしまう卑怯者集団。

  • 2011/11/05(土) 21:59:46 |
  • URL |
  • 言葉 #/NqcoQHs
  • [ 編集 ]

仙谷が財務省の飼い犬なのは政権交代前から臭っていました。財務省が仙谷を使い飼い犬総理として野田を想定していたのも、財務大臣就任ころから鮮明になってきて、小沢氏に対してキャンペーンをはったNHKがG20などにでた野田のコメントをさりげなくアピールする放送の感覚が、財務省、官僚、から飼い犬になることで政治権力を維持したい仙石や同類同質の権力欲にうつつをぬかすヒヨコ議員の言動を見ていて官僚→仙谷→野田担ぎ上げ→財務官僚の忠実な下僕である野田総理の実現を企んでいたとは全く予測通り。しかし今まで財務省主導政策は悪い結果しか生んでいないですものね。わかりやす過ぎますよね。

  • 2011/11/08(火) 05:56:44 |
  • URL |
  • SN #-
  • [ 編集 ]

経団連企業は含み利益を吐き出せ

トヨタ怖いよ。自殺率ハンパねえらしいよトヨタ、
トヨタ自動車、利益2兆円生む「プチ北朝鮮」の実態


世間では馬鹿みたいに持ち上げているマンせー本が多いが、
所詮愛知県の田舎企業。
豊田一族を頂点とした身分制度のある会社
100%出資の子会社に勤務したことがあるが、
内定時には「希望する年収を明示して正社員」で内定をもらったが、
内定通知書をよこさない。
催促すると「無駄なことはしないのがトヨタ流。
うちはトヨタだよ。安心して」と言われ入社。
入社日当日に「君の希望する年収では、
うちの給与体系に会わないから契約社員にしてくれ」
「約束が違うじゃないですか」と抗議すると、
「いやなら入社しなくていいんだよ」
トヨタのクルマを買うことはお決まり。
そして、翌年、「正社員との給与格差を均すために、
年俸を下げる」と一方的に通告。
「それなら、給与体系を見せてください」と言うと
「組合との協定で非組合員には見せられない」との一点張り。
その組合も組合財産が無いという形だけの組合。
さらに驚いたのは会社ができて
40年にもなるのに退職金規定が無い。
あまりのひどさに牢基に相談したが、
親会社がトヨタと言ったとたん、
労基の担当者が腰が引けて
「相手が悪いですよ。ここは我慢してください」だと

2ちゃんねるから。

トヨタだから泣き寝入りしてくださいだそうです。

2011年10月トヨタカローラ滋賀の営業マンが
琵琶湖に車で飛び込み自殺しました。
会社は公表せず。


キヤノン社員自殺は労災 自宅で長時間残業続ける
http://www.47news.jp/CN/200806/CN2008061301000592.html

過労で社員うつ病自殺 マツダに6300万円賠償命令
http://www.47news.jp/CN/201102/CN2011022801000225.html

うつ病になり自殺した自動車大手マツダ社員の
男性=当時(25)=の両親が、
会社に計約一億一千万円の損害賠償を求めた訴訟の判決で、
神戸地裁姫路支部は二十八日、
同社の事後対応による両親の精神的苦痛も認め、
計約六千三百万円の支払いを命じた。

中村隆次裁判長は判決理由で「自殺直前の労働は質的、
量的に過剰で、自殺は業務に起因する」と指摘。
「心身の健康への配慮を怠った」と、マツダの責任を認めた。

”さらに「葬儀で上司が冗談を言うなどし、
両親は二重に精神的苦痛を被った」と認定。”


原告代理人の弁護士は「事後対応を含めて責任を
認定した例は珍しいのではないか」と話している。
男性の父親(63)は判決後に記者会見し
「マツダは『全く責任がない』と自己保身の構えで
事実を隠蔽(いんぺい)し続けた。
判決を真摯(しんし)に受け止め、謝罪してほしい」と話した。

1部記事から。

TPPに参加するとさらに自殺者や過労死が、
更に増えるのでしょうね、
だから経団連企業の経営陣の家族から、
一家心中や自殺者が出ない事が、
不公平で許せないのです。

2010年3月12日朝、
愛知県刈谷市一里山町の
トヨタ車体富士松工場で、
製造中の 乗用車の窓ガラスに
「硫化水素充満中」と書いた紙が張られ、
車内で男性が倒れて いるのを、
従業員の男性が見つけ119番した。
男性はすでに死亡しており、
駆けつけた消防署員が確認したところ、
車内から硫化水素が 検出された。

県警刈谷署などによると、男性は40歳くらいで、
上下青色の作業服姿だった。
同社の 期間従業員とみられ、
後部座席の足元に横たわっていた。
車内には硫化水素を
発生させたとみられるペットボトルがあり、
車のそばには自殺をほのめかすメモが
置かれていた。乗用車はほぼ完成していた。

同工場では、プリウス、
エスティマなどの乗用車を生産。
工場は午前6時半から
翌午前3時まで稼働している。
事故の影響で一時稼働を停止していたが、
午前11時頃に 再開した。

2ちゃんねるから。

これはトヨタの自殺者の
記事2ちゃんの拾い物です。
実際の事件です。
労働組合も会社も一緒にマスコミを抑えて
大問題にはならなかったと思います。
大企業の従業員も精神安定剤を
服用するほどだと言うのはトヨタも同じ。
死ぬくらいなら辞めた方が絶対に良いですが、
日本人は真面目だから
ノイローゼになるほど自分を
追い詰めてしまうのだと思います。
今はどこも楽な仕事はありません。

あるブログ記事から。

あまり世間でもニュースになりませんでしたね。
TPPが決まるともっと日本人の自殺者が、
増えるのではないでしょうか。
正社員も派遣社員までも
人間扱いしない奴隷としかみない、
経団連企業に成り下がりました。
平成の野麦峠の時代がやってきました。

  • 2011/11/08(火) 22:12:02 |
  • URL |
  • 国民! #6GgKOieI
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://yamame30.blog103.fc2.com/tb.php/196-fce78619
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad