【稗史(はいし)倭人伝】

稗史とは通俗的かつ非正統的な歴史書等をいいます。 現在進行形の歴史を低い視点から見つめます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TPPで棚田が消える…もはや民主党を解体させる時だ

政府・民主党のTPP前のめりが尋常ではない。

「第三の開国」
「バスに乗り遅れるな」
「世界の潮流」
お笑いのようなお題目が彼らの口から漏れる。

TPP、遅れれば条件不利に…枝野経産相
(2011年10月16日19時47分 読売新聞)
枝野経済産業相は16日、NHKの番組に出演し、政府内で検討が進む環太平洋経済連携協定(TPP)について「世界の流れから遅れてしまうと、結果的に日本により不利な条件が押しつけられる」と述べ、早期の交渉参加が必要だとの考えを示した。

(ロイター 10月20日)
10月20日、野田首相はNHKの番組で、TPP交渉参加問題について「一定の時期に結論は出さないといけない。完全にルールが決まってから入るとハードルが高くなる可能性がある」と早期結論の重要性を強調した。


不利な条件が押しつけられれば、参加しなければいいだけの話である。

参加反対の中心が農業部門にあるとみたのか、こんなことを打ち出してきた。

水田規模10倍で競争力強化 農業再生基本方針 (asahi.com 2011年10月25日)
基本方針には、国際競争力の弱い水田農業の規模を平地でいまの10倍程度の20~30ヘクタールに広げるほか、1次産品の生産・加工・流通を一体的に手がけて付加価値を高める取り組みなどの体質強化策を盛り込んだ。


前原もこんなことを言っていた。

「日本の国内総生産(GDP)における第1次産業の割合は1.5%だ。1.5%を守るために98.5%のかなりの部分が犠牲になっているのではないか」

前原には言わせれば、98.5%のGDPのために1.5%を犠牲にするのは当たり前ということなのだろう。
野田や前原たちはそこに人々の暮らしを見ることはない。

20~30ヘクタールに広げる?
当然そこから漏れる人たちが出てくる。
たとえば棚田。

imagesCAO92DS7.jpg

機械化は難しいし、集約するのも難しい。
外国との競争だけでなく、国内での大規模農家、農業企業との競争からも取り残されていく。
程度の差こそあれ、このような農地はいくらでもある。
このような農地はやがて放棄され国土の荒廃につながっていくだろう。

美しい風景を守れ、というのではない。
ことは生き方の問題にかかわる。
このようにして生きてきた人々の、その生き方を簡単に否定する、そのことにわたしは怒りを覚える。
人間や国土の価値をGDPや数字でしか捉えられないその発想に腹を立てているのである。

しかも、その数字さえもまやかしばかりではないか。

2011年7月現在、TPPにはシンガポール、ニュージーランド、ブルネイ、チリ、米国、オーストラリア、ペルー、ベトナム、マレーシアの9カ国が交渉に参加している。

交渉に参加している9カ国中にアメリカの占めるGDP割合はほぼ85%である。
ほかの8カ国のGDP総計はアメリカの7分の1である。
貿易額などたかがしれたものである。
アメリカにとって大した意味は持たないはずである。

しかし、ここに日本が加われば話はガラッと変わる。
日本のGDPは、他の8カ国合計のほぼ2倍半である。

アメリカにしてみれば、小口の客に多少サービスしても、金持ちのカモを一人引っかければ大もうけである。

元々は田舎の乗り合いバス。
金持ちのアメリカ人が乗り込んできたと思ったら運転席を占拠。
アホなお大尽が乗り込んでくるのを待っている。

さてそのお大尽、”環太平洋戦略的経済連携ナンタラ”というご大層な名前にコロリ。
慌ててバスに飛び乗ったがお客はガラガラ。
運転手のアメリカ人がニタニタ笑っている。
降りようと思っても簡単には降ろしてくれない。

”自由貿易”とは金持ちに都合のいい理屈である。
それはイギリスの植民地支配にとっては確かに便利なものだった。
しかし自由貿易が正当性を持つのは、双方の国力が均衡し、しかも双方が善意で行動する場合である。
いまだに自由貿易論の教科書扱いされているリカードの比較生産費説・自由貿易論はこの前提条件を無視している。
この前提条件が満たされない限り、ドイツの経済学者リストの保護貿易論はそれなりの正当性を持つことになる。

戦後、世界で最も保護貿易の恩恵を受けてきたのは日本であろう。
日本は保護貿易によって産業育成・農業保護を両立させてきた。
戦後農政がまるでデタラメであったにもかかわらず、曲がりなりにここまで生き延びてきたのは保護貿易のお陰である。

今、日本は自らアメリカの餌食になろうとしている。
保護貿易のお陰でで成長してきた産業界が、身の程もわきまえず強者として振る舞おうとしている。

自動車が国を支えている。
機械・化学・電子産業が国を支えている。
農林漁業など足手まといなだけである。

根底にあるのは、前原の傲慢と同じものである。

交渉分野は24に及ぶ。
おそらくどの大臣の所管にも関係する。
「バスに乗り遅れるな」理論で、アホ揃いの大臣たちが国会を乗り切れるのか?
「乗数効果」が答えられずに立ち往生した菅直人の二の舞、三の舞が続出することは間違いない。

TPPという意外な問題が民主党政権の崩壊につながりそうだ。
いよいよ民主党を解体すべきときがやってきたのだ。
小沢一郎でもこの政党はもうどうにもならない。
小沢一郎に期待することは、もう一度小沢新党を立ち上げることだけである。

小沢一郎よ、民主党への未練を捨てよ!



民主主義の確立のために!
人気ブログランキングへ
↑ ご面倒でもクリックをお願いします



古い記事は下記にてご覧下さい。
http://blog.goo.ne.jp/yamame1235


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村

古書 那珂書房
>








コメント

TTPに参加したら、日本の農業は壊滅するのは火をみるより明らかですね。たとえ規模を10倍にしたところで、慰めにしか過ぎないでしょう。日本の食糧自給率は激減しますね。また壊滅するのは農業だけでなく、あらゆる内需に影響するでしょう。いよいよ米国は日本のケツの毛を抜きにくる仕度をはじめましたね。小泉改革で非正規労働者がたくさん登場して日本の多くの中産階級が壊滅しましたが、次の標的は残りの部分です。

  • 2011/10/28(金) 07:58:55 |
  • URL |
  • らむちゃのパパ #GCA3nAmE
  • [ 編集 ]

経団連にだまされるな!~TPPは大企業のみが肥え太るだけだ

TPP:交渉「途中離脱あり得ぬ」 経団連会長が批判
http://mainichi.jp/select/biz/news/20111025ddm008020126000c.html

経団連の米倉弘昌会長は24日の会見で、
日本が環太平洋パートナーシップ協定(TPP)交渉に
参加した後でも途中で離脱できるとの見方を
藤村修官房長官が示したことについて
「離脱という表現は不穏当」と批判した。
その上で「交渉途中の離脱はあり得ない。


日本として国益にかなうかどうかは
(協定を批准する段階の)国会の議論で決めればよい」と述べた。
さらに米倉会長は「国内農業(の存続)と
TPP(交渉への参加)が二者択一のように議論されるが、
両方やらなくてはいけない。日本の農作物は品質が高く、
大規模化でコストを下げていくべきだ」と
交渉参加の必要性を改めて強調した。

一方、政府の国家戦略会議に
民間メンバーとして参加することに関連しては
「自民党政権時代の経済財政諮問会議は
いろんな省庁の(利害)対立があって大変だったと聞いている。
(戦略会議は)そういうことがないように国民にとって
何が大切かという観点から議論したい」と表明。
取り上げるべきテーマとして、成長戦略の策定や、
税と社会保障の一体改革、TPP問題などを挙げた。

記事から。

漁業と農業はTPP参加見送りし、
まず実験としてトヨタをはじめ自動車産業や、
経団連企業や大企業はだけ参加し、
骨の髄まで地獄を味わい倒産するべきです。

原子力がなくなると産業に影響があると、
経団連企業は海外移転とほざいて国を脅し、
経団連企業含め経営陣のただの怠慢に過ぎませんし、
経営努力をするのが経営陣の仕事です。
法人税下げないと海外に拠点を移すぞと、
脅しをかける経団連企業。
ヤクザと右翼団体の脅しと何1つ変わらない。

アメリカのGMみたいに経営陣が総退陣しないで、
エコカー減税、エコポイントで国民と国に迷惑をかけ、
含み利益を溜め込み派遣切りをする、
経団連企業やその他の大企業が許せません。

江戸時代から商売3代目で駄目になると言いますが、
経団連企業も3代目4代目になり駄目になっていますし、
ホンダ技研は息子を社長にしなかった事は、
素晴らしいことですし他の経団連企業も見習うべきでした。
トヨタもマツダも一族が支配している事も大問題ですし、
大王子製紙の社長も大問題だし、
政治家も3代目4代目で日本は駄目になっています。


ラジオで大橋巨泉がアメリカにTPP参加するから、
沖縄米軍基地をグアムに移転が条件だとか、
沖縄米軍基地をグアムに移転しないのなら、
TPPには参加しないと外交をやるべきたと言っていました。

100,000年後の安全
http://www.uplink.co.jp/100000/

国民をナメてんのか? 東電 資産売却たった4000億円のア然
http://gendai.net/articles/view/syakai/133302

原発がなくとも電力は足りるか
http://www.taro.org/2011/10/post-1109.php

公務員宿舎サイアク~“騒ぐ国民悪い”と言わんばかりの意見に唖然
http://www.zakzak.co.jp/society/politics/news/20111026/plt1110261138003-n1.htm

  • 2011/10/30(日) 12:24:05 |
  • URL |
  • 国民! #6GgKOieI
  • [ 編集 ]

「バスに乗り遅れるな」
かって何十年も前にどこかの国で声高に叫ばれたフレーズ。結果は焼け野原でしたが・・・。

  • 2011/10/31(月) 02:11:15 |
  • URL |
  • bella_donna #-
  • [ 編集 ]

大規模化だって?

自立している2・30haの農家などどんだけ居りますかいな?。
今でさえ彼らの多くは巨額の借金を抱えつつ助成金で食い繋いでいませんか?。
米国自体も補助で競争力を保ってる事例が相当あるといわれている。
全国津々浦々の農村社会をどうして維持していく魂胆か!。
いよいよ持って弱小農家は食っていくためにも土地は離しません。
国内で企業が儲けるために一次産業に投資する物好きが何処に居りますか。
宮城の知事が唱えてる漁民のサラリーマン化なども全く無知蒙昧な戯言でしかないことと断言しておく。

  • 2011/10/31(月) 11:36:30 |
  • URL |
  • 穴露愚 #SziNSl4A
  • [ 編集 ]

悪徳経団連企業

極悪協定TPPに加入したいのは経団連 大企業が儲かる
銀行も儲かる 商社も儲かる 産地偽装も合法に

http://george743.blog39.fc2.com/blog-entry-871.html

なぜ日本は加盟したい?

1.企業の海外進出が有利に

TPPに加盟しよう!と一番勢い込んでいるのは
「経団連(日本経済団体連合会)」という団体だ。

経団連は日本の大企業の集まりで、
その会長はいわば財界のボスのようなもの。
大企業に都合のいい政策を取るように
政府に働きかけるのが役割だ。
その経団連が「日本はTPPに加盟するべきだ」と
執拗に政府に迫っている。

ちなみに経団連の現会長は住友化学会長。

副会長はたくさんいて、その所属企業は全日空、
三井不動産、トヨタ自動車、東芝、新日鉄、日立、
小松製作所、NTT、三菱商事、三菱東京UFJ銀行、
丸紅、JR東日本、第一生命、
三井住友フィナンシャルグループ、
日本郵船、三菱重工。

こうした企業がTPP加盟に
賛成する理由はいくつかあると思う。

たとえば、大手の製造業なら、
いろんな材料や部品を外国から輸入しているが、
その際に関税がなくなれば原料費が抑えられる。
また、外国から安い賃金で働く労働者が入ってくれば、
人件費を安く抑えられるかもしれない。

でも日本にいる限りは最低賃金の足かせは外せない。
それよりもっとずっと人件費を安く抑える方法がある。
それは海外へ工場を移転してしまうことだ。

ベトナムあたりに行けば、人件費はずーっと安い。
しかもたいていの発展途上国では
排水や排ガスなどの環境基準が、
日本よりもかなり緩い。労働者を安く使えて、
環境を汚しても、文句を言われない。
これは企業にとってはオイシイ話だ。


そんなオイシイ海外進出を、
よりスムーズにしてくれるのが、TPPなんだ。~

~アメリカの企業クラッド社は、
メキシコで産業廃棄物を処理しようとした。
環境の悪化を懸念する声が高まり、
地元自治体は処理の許可を取り消した。
するとメタルクラッド社は「不利益を被った」
としてメキシコ政府を訴えた。

裁定は、メキシコ政府がクラッド社の
「内国民待遇を犯した」ことを認め、
1670万ドルもの賠償金の支払いを命じた……。
     

何かあったら、なんでも「外資系企業への差別だ!」
「内国民待遇を犯している!」と言ってゴネて、
ゴリ押しできるようになる、ってことかな。

2.日本の金融機関ももうかる

経団連の副会長には三菱東京UFJ銀行の会長と、
三井住友フィナンシャルグループの会長も入っている。
経団連がTPPを推進したいのは、
参加企業に金融機関が多いというのも理由だ。

金融自由化と円高を利用すれば、
日本の金融機関は海外の
金融機関を食いものにできる。

それに日本の郵貯と簡保(350兆円)、
農協共済(45兆円)など、
莫大な資産を食いものにできるのは、
アメリカの金融機関だけじゃなく、
日本の金融機関も同じだ。
一般市民には何の得にもならないけれど、
大企業だけは得をする、
という構図は、アメリカでも日本でも同じなんだ。


3.商社は表示の“自由”度が広がる

たとえば化粧品をつくるとき、
日本の材料が商品の値段の
45%以上を占めていれば、
中国でそれを混ぜ合わせて加工しても、
「メイド・イン・ジャパン」と表示できる。
          

「メイド・イン・ジャパン」の化粧品は
高級なイメージがあって、
アジアでは庶民の憧れの的といったところだ。
対する「メイド・イン・チャイナ」は……。
この違いは決定的といってもいい。

TPPに加盟すれば、こんなまやかしも、
合法になってしまうんだ。

1部抜粋。

経団連企業よ恥を知れ(怒)

  • 2011/10/31(月) 20:12:25 |
  • URL |
  • 国民! #6GgKOieI
  • [ 編集 ]

お馬鹿な米倉経団連会長。

米シンポジウム「TPP―アジア太平洋地域の成長の源泉」開催
-日本のTPP参加を日米の経済界が一致して強く支持

http://www.keidanren.or.jp/japanese/journal/times/2011/1020/04.html


「東京電力の技術力の高さ、モラルの高さは世界最高」
とお馬鹿な発言したお馬鹿な米倉経団連会長。

  • 2011/11/02(水) 20:27:58 |
  • URL |
  • 国民! #6GgKOieI
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://yamame30.blog103.fc2.com/tb.php/195-9471244d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

そんなにTPPやりたいなら選挙をやれ!

 おい、野ブタ!他人の言葉を引用するのは勝手だが、原稿読みしかできないんじゃ誰も信じやしないっての! ルーピーと言われた鳩山由紀夫でさえ、自分の言葉で所信表明演説をや ...

  • 2011/10/29(土) 15:53:21 |
  • 痛みに耐えるのはこれからだ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。