【稗史(はいし)倭人伝】

稗史とは通俗的かつ非正統的な歴史書等をいいます。 現在進行形の歴史を低い視点から見つめます。

法務省解体論…検察審査会の本質とは

法務省は不思議な役所である。
この役所は中央省庁としては考えられない形をしている。

法務省は、省として国家公務員一種試験合格者を採用していない。
いわゆるキャリア官僚の採用はしていないのである。
わたしはそのことを批判しているわけではない。

キャリア制度などという馬鹿な仕組みはとっとと壊してしまえ、と思っている。
そのことは別として、法務省の異様さを取り上げているのである。

「省として」とわたしは書いた。
法務省は「省」ではなく「局」別採用という形をとっている。
彼らがいくら出世しても採用された局の局長どまりということになる。
が、多分そこまで行くことは滅多にない。

それでは法務省にキャリア官僚がいないのかというとそうではない。
掃いて捨てるほどいるのである。
それでは彼らはどこからきたのか?

検察庁である。

検察庁は法務省の一組織である。
法務省での位置づけは、「特別な機関」である。
法務省の外局としては「公安審査会」、「公安調査庁」がある。
指揮系統は、同じく事務次官の下にある。

なぜ、検察庁が「外局」ではなく、わざわざ「特別な機関」として位置づけられるのか?
司法と行政の狭間にあるその性格も理由の一つであろう。
その役割の重要性もあるだろう。

しかし、それならそれで独立した省庁としてもいいし、内閣府の中に於いてもいい。
なぜ法務省の中に置いてあるのか?

検察庁にとって大変都合がいいからである。
さきにわたしは「法務省幹部一覧」について触れたことがある。
驚愕の法務省の実体…登石郁朗裁判長は何を守ったのか?
事務次官
   西 川 克 行 検事
大臣官房
  官房長
   黒 川 弘 務 検事
  訟務総括審議官
   青 野 洋 士 裁判官
  官房付
   林    眞 琴 検事
  官房審議官 
   中 川 清 明 (?)
   中 山 孝 雄  検事
   團 藤 丈 士  検事
   甲 斐 行 夫  検事 

偉い順に並んでいる幹部の出身を見るとほとんどが検事であり、中に判事が混ざっている。
法務省ホームページには出身までは書いてなかったので一々調べなければならなかったが、途中で馬鹿馬鹿しくなって止めてしまった。

法務省事務次官には検事しかなれないし、事務次官は検察の序列でいえば、No.4と言われている。
検事総長・次長検事・東京高検検事長に次ぐ、あるいはそれ以下の席次なのである。

法務省が検察庁の一部局なのである。
検察庁は法務省に自立されては困ると思っている。
だから局別採用などというとんでもない採用形態をとっている。
法務省プロパーのキャリアが自分たちと権力争いをするようにならないようにしているのである。

検察庁には、どうしても法務省を掌握していたい理由がある。

法務省にも所掌する審議会・委員会等がそれなりにある。
一例を挙げる。

検察官適格審査会
 主管省庁及び庶務担当部局課 法務省大臣官房人事課
検察官・公証人特別任用等審査会 - 検察官特別任用分科会
 主管省庁及び庶務担当部局課 法務省大臣官房人事課
司法試験委員会 - 司法試験委員会会議
 主管省庁及び庶務担当部局課 法務省大臣官房人事課

そのほか法務省所管の財団法人・社団法人等がまた多数ある。

周知のことではあるが、ほとんどの省庁所管の審議会・委員会等は事務局によって、委員が選ばれ運営されている。
テーマを選ぶのも、資料を用意するのも事務局である。
法務省の場合、事務局の実権は検事が握っている。

法務省はまた膨大な数の法律を所管している。
その範囲は国民生活のあらゆる局面にわたっている。
中にはこんなのもある。

日本国とアメリカ合衆国との間の相互協力及び安全保障条約第6条に基づく施設及び区域並びに日本国における合衆国軍隊の地位に関する協定の実施に伴う民事特別法(昭和27年法律第121号)

民法も刑法も、裁判所法も弁護士法もすべて法務省所管である。
彼らはその解釈も改正も思うがままである。

こんなのも法務省から出される。
「裁判官の報酬等に関する法律の一部を改正する法律案」

確かに日本は法治国家である。
そしてその法律は法務省が握り、その法務省は検事たちが支配している。
日本の支配者は検察庁なのである。

検察審査会法もまた法務省所管の法律である。
その改正は法務省が行う。
国会での議決は形式にしか過ぎない。
彼らはちょくちょく法律を改正する。

最高裁には法案提出権すらない。
法律を作ったり改正してほしいときは、法務省にお願いすることになる。

検事はもともと検事として採用され任官する。
いわゆる一般のキャリア官僚とは違う出発点を持つのである。
彼らは法律のプロではある。
それならそれで法律のプロとして職責を全うすべきである。
彼らに行政官としての仕事などだれも期待していないのである。

検察は都合のいいように”検察審査会法”をいじってきた。
運営は裁判所にやらせているが、裁判所も彼らの支配下にある。

検察審査会は、検察の不起訴処分に対して異議を申し立てる機関である。
検察の起訴処分に対しては不当を申し立てることはできない。
その場合は裁判所が無罪判決を出すから、という判断だろう。

検察審査会の本質は検察の監視機関ではなく、検察の補完機関である。
検察が起訴できない事件を、検察審査会がハードルを下げて起訴するのである。

検察審査会とは、国民に代わって検察を監視するのではなく、検察と一緒に国民を監視する機関なのである。

急がれるのは、法務省を利用した検察の支配構造の解体である。
検察は、検察本来の仕事に専念するべきである。



民主主義の確立のために!
人気ブログランキングへ
↑ ご面倒でもクリックをお願いします





古い記事は下記にてご覧下さい。
http://blog.goo.ne.jp/yamame1235


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村

古書 那珂書房
>








コメント

下等官権と下等メディアと舐めあい下等政治家と

亭主さま。そして皆様。涼しくなりました。一目瞭然、法務省組検察庁の法務省全体指揮権の維持。亭主さまのご指摘は鋭くもっともだと思います。また検察庁内部でも普通の検事と法務省組検察官とは色分けされていて指揮系統を独占しているのが上級検察官の道を約束される法務省組でしょう。目的と実態はまさに法務省検察官組による司法の指揮系統維持のためでしょう。検察と司法は一応別組織になっていても判検交流と法務省組織をかすがいにして実際は阿吽の呼吸で意思統一が出来ている。それが有罪率99.6%の意味であり、佐藤福島県元知事が賄賂がゼロで有罪という珍妙な判決が下った訳でしょう。小沢氏の秘書と同じくまず有罪ありきの起訴で出鱈目な取り調べによって脅迫しながら事実関係なく有罪に必要な言葉を脅し取る。大鶴や前田に関わらず、特定の政治勢力を潰すための魔女狩り起訴と魔女狩り裁判の実態はそんなものでしょう。だから、大鶴や前田のような、取り調べに問題があると解っていても法務省組検事達、例えば樋渡によって担当に送りこまれる。確信犯ですよ。それで大鶴にしてみれば組織に責任の全てを被せられて我慢ならなくなって「組織」を退職した。小沢氏抹殺に関していえば加えて小沢氏の政治勢力を抑えつける与党内の力が必要になる。つまり菅内閣成立時からの仙谷や岡田、枝野、安住等による民主党乗っ取り組です。自民党清和会系と同じく彼らは何をしても起訴対象にされず、マスコミも叩かない保障を得る。以上の応援を得て、小沢氏の勢力を切り崩す役割を担う。裏切りのご褒美はより俗な政治権力だ。メディアも、官僚も、彼らと阿吽の談合を三位一体でする。菅や仙谷のような目先の欲望に溺れて魂を売る政治勢力と上記の勢力が国民を下等国なみの奴隷にする。ほんとうは彼らも含めて国の環境を取り返しがつかないくらいに悪化させて滅びの道をひたすら突き進んでいる。さらに軽蔑すべき下等メディアの偏向報道により判断力を奪われた国民。目先の欲に塗れた下等メディアと下等官僚に下等政治勢力の政治家たち。小沢氏に健全な民主主義脱皮のため改革されるとなると検察と司法とマスコミと彼らと尻を舐め合うヒヨッコ政治家がスクラムを組む。下等な官僚と最も軽蔑すべき下等メディアと馬鹿下等政治家によるスクラムの結果は技術力低下、少子化、国民劣化、国滅ぶですね。

  • 2011/10/11(火) 18:20:37 |
  • URL |
  • SN #-
  • [ 編集 ]

これはひどい

このような仕組みになっているとは初めて知ることができました。日本にはとんでもなく古い、不合理な仕組みがのうのうと生き残ってますね。それも国の最高機関に。小沢一郎さんの戦いの本質を知る国民も非常に少ないし、日本は本当に良くなって行けるのか・・・・
希望は失わず行きたいですが。

  • 2011/10/11(火) 19:47:41 |
  • URL |
  • 民秀官愚 #WMOnGFbU
  • [ 編集 ]

>検察審査会とは、国民に代わって検察を監視するのではなく、検察と一緒に国民を監視する機関なのである。

 本来、検察審査会は犯罪被害者の「泣き寝入り」を防ぐためのものであったはず。
 明石花火大会歩道橋事故での警備体制が杜撰だったのでは?とこの制度が適用されていましたね。
 「クロ」を「シロ」としたのはおかしい。だから検察審査会でもう一度検証してくれというのが明石での事例ですが、小沢一郎に関しては全く逆。
 「シロ」であることがわかっているのに「シロ」を「クロ」にしてしまうために検察審査会を悪用した。ご丁寧にも審査に係わった人たちの個人情報を楯にとって合法的に隠匿している。

 なるほど、法務省の内幕ひとつとってみても三権分立が形骸化していて、組織防衛のためには平気で罪を作るのだというのがよくわかる指摘です。

  • 2011/10/12(水) 15:13:58 |
  • URL |
  • junk_in_the_box #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://yamame30.blog103.fc2.com/tb.php/191-65291d43
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad