【稗史(はいし)倭人伝】

稗史とは通俗的かつ非正統的な歴史書等をいいます。 現在進行形の歴史を低い視点から見つめます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

驚愕の法務省の実体…登石郁朗裁判長は何を守ったのか?

登石判決の異常さはすでに多くの方が指摘しているのでここでは触れない。
ここでは、この異常判決が生まれた背景、土壌を考えたい。
この判決は登石郁朗裁判官一人の思想や資質に帰するものではないと考えるからである。

本来、司法権は裁判所に属し、その最高権威は最高裁判所にあるはずである。
しかし、この最高裁がその権威と役割を正当に果たしていないところに問題がある。
最高裁の判事は15人いる。
彼らに対する国民のチェック権は国民審査によって担保されるはずであるが、これは実際には全く機能していない。
国会における弾劾裁判所、裁判官訴追委員会もこれまた有名無実に近い存在である。
最高裁判事の指名権は内閣にあるが、国会の承認は要らない。
15人の出身枠はほぼ固定されている。

官僚  2
検察  2
学者  1
弁護士 4
裁判官 6

法律の専門家でもない行政官僚がなぜ二人も最高裁判事の椅子に座るのか?
検察官がいることも異常である。
学者枠では現在、岡部喜代子氏が入っている。
経歴を見ると首をかしげざるを得ない。

昭和49年 司法修習生
昭和51年 判事補任官
その後,名古屋地裁,札幌地家裁,東京地裁において勤務
昭和61年 大分地家裁判事
平成元年 東京家裁判事
平成5年 依願退官
平成5年 弁護士名簿登録(東京弁護士会)
平成9年 東洋大学法学部教授
平成22年4月12日 最高裁判事


17年間裁判官生活を送っている。
学者としての経歴は、13年程度である。
彼女が日本を代表する学者の一人なのか?
わたしは法学者としての彼女の業績などまったく知らないので、それに関しては何とも言えない。

官僚二人は、
櫻井龍子 厚生労働省
竹内行夫 外務省

さて検事である二人の経歴。
古田佑紀
1967年 東京大学法学部卒業
同年  司法修習生
1969年 検事任官
1984年 法務省刑事局参事官
1987年 東京地方検察庁検事
1990年 法務省刑事局青少年課長
1991年 法務省刑事局国際課長
1993年 法務大臣官房審議官(刑事局担当)
1998年 宇都宮地方検察庁検事正
1999年 最高検察庁検事
同年  法務省刑事局長
2002年 最高検察庁刑事部長
2003年 次長検事
2004年 退官
2005年 同志社大学法科大学院教授
2005年8月2日- 最高裁判所判事


その経歴のほとんどが法務省暮らしである。
検事というより法務省役人と言った方がいい人物である。

もう一人の検事出身者は横田尤孝氏
昭和44年 中央大学法学部卒業
昭和45年 司法修習生
昭和47年 検事任官
その後,東京,仙台,宇都宮,横浜各地検等に勤務
……
平成9年 司法研修所上席教官
平成11年 最高検検事
平成12年 奈良地検検事正
平成14年 法務省保護局長
平成15年 法務省矯正局長
平成17年 広島高検検事長
平成18年 次長検事
平成19年 退官
平成20年 弁護士登録(第一東京弁護士会)
平成22年1月6日 最高裁判事


こちらもやや短いが法務省で暮らしたことがある。

裁判官出身者にもおかしな経歴の人物がいる。

寺田逸郎
略歴
昭和47年 東京大学法学部卒業
昭和47年 司法修習生
昭和49年 判事補任官
その後,東京地裁,札幌地家裁,大阪地裁において勤務
昭和56年 法務省民事局付検事
昭和60年 在オランダ日本国大使館一等書記官
昭和63年 法務省民事局参事官
平成4年 法務省民事局第四課長
その後,同局第三課長,同局第一課長
平成10年 法務大臣官房秘書課長
平成13年 法務省大臣官房司法法制部長
平成17年 法務省民事局長
平成19年 東京高裁判事部総括
平成20年 さいたま地裁所長
平成22年 広島高裁長官
平成22年12月27日 最高裁判事


裁判官としての実務期間は無きに等しい。

こんな連中が巣くっている法務省はどうなっているのかと思って見てみると、驚愕そのものである。
法務省のホームページに幹部名簿がある。

法務省
事務次官
   西 川 克 行 検事
大臣官房
  官房長
   黒 川 弘 務 検事
  訟務総括審議官
   青 野 洋 士 裁判官
  官房付
   林    眞 琴 検事
  官房審議官 
   中 川 清 明 (?)
  同
   中 山 孝 雄  検事
  同
   團 藤 丈 士 検事
  同
   甲 斐 行 夫  検事 


法務省発表通りの並びである。
偉い順に並べているものと思われる。
法務省が検察庁の完全支配下にあることが分かる。

最高裁には司法研修所というものがある。
司法試験合格者は一定期間ここで教育を受ける。

最高裁ホームページより
司法修習は,裁判官,検察官,弁護士のいずれの道に進む者に対しても,同じカリキュラムで行われます(統一修習制度)。この統一修習制度は,司法官(判事及び検事)の養成と弁護士の養成を二元的に行っていた制度を改めたものであり,昭和22年に司法修習制度が開始されて以来,我が国における法曹養成の一貫した方針となっています。それぞれの立場からの事件の見方を学ばせることにより,広い視野や,物事を客観的,公平に見る能力を養うとともに,法律家間の相互理解を深める意義もあります。このような統一修習制度は,国際的に見ても特徴のある制度であり,我が国において,高い評価を受けています。

ここでまずみっちり仲間意識とエリート意識がたたき込まれる。
登石郁朗裁判長もここの教官であった。
およそどのような教育がなされているのか、見当がつこうというものである。

判事・検事・弁護士が同じ教育・訓練を受ける。
その間給料が国から出ていた。
最近貸し付けという制度にするとかしたとか言っていたが……。

一旦起訴されたら99%以上の有罪率という数字は、法曹一家の協同作業がなければあり得ない数字である。

出発点で同じ釜の飯を食ってきた連中である。
彼らは法務省を舞台に、そして法務省を隠れ蓑にして何でもできるのだ。
判検交流も盛んなようだ。
仕上げは最高裁での法曹一家の勢揃いである。

彼らは国民から遊離した、彼ら自身の独立王国を築いている。
司法のための司法。
法曹一家のための司法。
だれも手出しはできない司法王国。
検察の危機を裁判官が助けるのは当然至極、彼らの世界では美徳なのである。

小沢一郎が戦っているのはこのような”司法”という名の独立王国なのである。

”司法”を国民の手に取り戻すのは容易なことではない。
しかし、今すぐできることもある。
法務省を政治家が管理することである。
最終的な人事権は法務大臣が握っているのである。
まずは、検事の幹部登用を拒否することから始めればいい。

法務省という彼らの重要拠点を政治が取り戻すのだ。
それが「国民のための司法」への第一歩になる。



民主主義の確立のために!
人気ブログランキングへ
↑ ご面倒でもクリックをお願いします







古い記事は下記にてご覧下さい。
http://blog.goo.ne.jp/yamame1235


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村

古書 那珂書房






コメント

後世まで語り続けなければならない

世紀の選挙直前、政権交代確実と言われた小沢代表時の大久保秘書逮捕から公判を経て突然変異の奇形生物のように凄まじくグロテスクな判決を読んだ登石裁判長の地裁結審まで。この事実は未来永劫風化させてはいけませんね。司法組織が司法の概念を踏みにじり、憲法と在民主権をあかるさまにその委託された権力を行使して抹殺した日。
マスコミと癒着しているからパンダも三日だろうと国民を甘く見ている。馬鹿も甚だしい。この数年の間、マスコミの偏向報道に怒りながら、動向を冷静に見ていた何百万という国民がいて、その国民は数を確実に増やしている。既にマスコミの偏向報道でどうにかなるような問題ではない。その人々の内に秘めた怒りは並大抵の怒りではない。元検事総長の樋渡と地裁裁判官の登石の名前はこの国の健全な民主主義への脱皮を待たずとも必ず日本史に刻まれる。
司法権力で睨みながらマスコミと財界に甘汁を与えて民主主義を潰せると奢り甚だしく勘違いしている連中よ。宗教改革、絶対王制の崩壊を経ても民主主義一方にしか向かわかった歴史を軽く考えてはいないか。
君達の大罪は決して忘れ去られることはないでしょう。

  • 2011/10/05(水) 12:35:50 |
  • URL |
  • SN #-
  • [ 編集 ]

先日の秘書3人の有罪判決は、この国の腐った構造を考えれば、予想されたことですね。官僚の村木氏と小沢氏の秘書とは、彼らにとっては、月とすっぽんほどの違いがあり、初めから有罪認定があり、人権などないのだということを改めてしらされました。小沢氏の冒頭陳述もNHKは、悪意をもって紹介していました。
小沢氏がどう戦うかはわかりませんが、もっと力のある後継者が欲しいところです。

  • 2011/10/08(土) 08:34:16 |
  • URL |
  • らむちゃのパパ #GCA3nAmE
  • [ 編集 ]

らむちゃのパパ様

いつも暖かいコメントをいただきありがとうございます。
お言葉に甘えて返信のほうは怠っています。
申し訳ございません。

あの判決には、腹が立つやら力が抜けるやら……。
まあ、そうも言ってばかりはいられないので少しずつでも言いたいことを言っていこうと思っています。

  • 2011/10/09(日) 20:44:36 |
  • URL |
  • 亭主 #-
  • [ 編集 ]

この司法村の生み出した、まさに村の利権を守るための判決に、新聞各社でまともに批評した社が、少なくとも大手では皆無だったのは、日本のジャーナリズムの現状をよくあらわしていますね。
結局この国のジャーナリズムには、冷静客観的にしかも合理的な判断よりも、この国の体制の中に留まる事の方が優先されるという事でしょう。
こんな裏事情があるにもかかわらず、小沢非難をつづける人たちは、海外の人たちから見たらどう映るのでしょうね。
こんな愚か者で構成される国など、それこそTPPで食いつぶしてやれという事になるのでしょう。

  • 2011/10/14(金) 10:45:24 |
  • URL |
  • 風太 #seTEoywg
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://yamame30.blog103.fc2.com/tb.php/187-f87a7202
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

書かねばならぬこと  「小沢の決断」・・天木直人氏のコメント

こんな自由と民主主義の危機には、たとえ死ぬ寸前だろうが書かねば成らないことがある。 以下は「天木直人のブログ」http://www.amakiblog.com/blog/からコピー 私はこういった声を待っていた。 ルビコンを渡った小沢一郎を私は応援する  小沢一郎の公判がはじまった。  

  • 2011/10/06(木) 17:36:05 |
  • f-kafkappaの日記~緑と青の風にのって~

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。