【稗史(はいし)倭人伝】

稗史とは通俗的かつ非正統的な歴史書等をいいます。 現在進行形の歴史を低い視点から見つめます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

史上最低の野田内閣で日本は破滅へ向かう

2年前鳩山内閣が成立した。
戦後初の本格的な政権交代である。
鳩山は党の総力を挙げるつもりで組閣に臨んだことだろう。
小沢一郎は代表を退いてはいたが、党の幹事長として存在感を示すことになった。
まだ党内対立とか小沢はずしなどというものは顕在化していなかった。
鳩山は心おきなくその時点で最良と思われる人選ができたはずである。
もちろん党内力学は働いたろう。
最強メンバーとはいかないところもあったろう。
しかし、鳩山総理、小沢幹事長のもと、菅・岡田・前原・仙谷・枝野・原口等、民主党内でそれなりの存在感を示していた連中はほぼ網羅していた。

今回の野田内閣を見ると愕然とさせられる。

▽総理 野田佳彦(衆院)
 ▽総務相 川端達夫(衆院)
 ▽法相 平岡秀夫(衆院)
 ▽外相 玄葉光一郎(衆院)
 ▽財務相 安住淳(衆院)
 ▽文部科学相 中川正春(衆院)
 ▽厚生労働相 小宮山洋子(衆院)
 ▽農林水産相 鹿野道彦(衆院)
 ▽経済産業相 鉢呂吉雄(衆院)
 ▽国土交通相 前田武志(参院)
 ▽環境相 原発事故担当 細野豪志(衆院)
 ▽防衛相 一川保夫(参院)
 ▽官房長官 藤村修(衆院)
 ▽国家公安委員長 拉致問題担当 消費者担当 山岡賢次(衆院)
 ▽金融・郵政担当相 自見庄三郎(参院・国民新)
 ▽古川元久国家戦略・経済財政担当相(衆院)
 ▽行政刷新・国家公務員制度改革担当 蓮舫(参院)
 ▽復興担当相 平野達男(参院)

鳩山内閣の閣僚は川端達夫ただ一人である。
その川端も文部科学相であった。
野田総理自身が財務副大臣に過ぎなかった。
わずか2年前のことである。
総選挙があったわけでもない。
時を経て、政治家の交代があったわけではないのだ。

よく、「総理の資質」とか「リーダーの資質」というような言い方がされる。
何をさして「資質」というかは難しいところであろう。

政治家には「格」というものがある。
「重み」と言ってもいい。

いくら「頭」がよくても、いくら「潜在能力」が高くても、いくら豊富な”経験”があっても、それだけで人は動かせない。
人を動かすためには、「格」や「重み」といったものが必要なのである。

「最善の命令」でも、それが行われなければ意味がない。
「最善の方策」でなくてもそれが実行されればそれなりの効果はあがる。
「リーダーの資質」とは、部下が従わざるを得ない存在の重さである。

「地位が人を育てる」という言葉がある。
しかし、2年の間に財務副大臣→財務大臣→総理大臣と頂上まで登り詰めてしまった野田佳彦が、少しでも育ったか?
菅内閣で財務大臣に引き上げられたが、それからの1年3ヶ月の間、ひたすら無能をさらけ出し続けただけであった。
育ったのは”自意識”だけであろう。

「位負け」という言葉もある。
実力以上の地位にいるために、かえって苦しむことを言う。

この男の場合、苦しむのは国民のほうである。
本人は、「どうせドジョウだから」と開き直っている。
もっともこのところの総理大臣たちがひどすぎたから、それなりの自負はあるのかもしれない。

鳩山内閣で副大臣を務めたのが二人。
古川 元久
中川 正春

政務官はゼロ。

初入閣は10人。

菅内閣での大臣経験者は7人。

大臣経験者とは言っても、蓮舫や細野のようなヒヨッコもいれば、復興担当相平野達男のように松本龍の辞任で間に合わせに引きあげられていたのも混ざっている。
国民新党の1人も入っている。

こんな連中に、与野党議員たちに対する説得力など期待できるはずはない。
まして、官僚を説得したり命令したりということができようはずがない。

野田は確信犯であろう。
自分自身が官僚を指揮しようなどという意欲は全くない。
政治は官僚に”お任せ”のつもりであるから、こんな人事が平気でできる。
なまじ見識があり、実力がある人間を大臣にしたりすると、官僚といざこざを起こすかもしれない。
そんな奴は絶対に大臣にしてはいけない。

財務大臣は財務省に協力するだけでいい。
外務大臣は外務省とアメリカの言うとおりにすればいい。
防衛大臣はノータリンでいい。
官房長官は、誰にでも頭を下げていればいい。

野田内閣の主要政策?
官僚とマスコミを味方にすること。
それ以外は何にもない!

野田内閣が史上最低の格下内閣であることは間違いない。
”フンドシ担ぎ”がいきなり大関・横綱と取り組んでいるようなものである。

幸い私たちには新しい伝統ができつつある。

”駄目な総理はコロコロ代えろ!”




民主主義の確立のために!
人気ブログランキングへ
↑ ご面倒でもクリックをお願いします





昨年までの記事は下記にてご覧下さい。
http://blog.goo.ne.jp/yamame1235


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村

古書 那珂書房








コメント

発足早々から増税議論ですから、納得いきませんね。時限立法の復興増税も、ガソリン税と同じく、臨時増税が恒久的な税にされそうです。財務省主導のお飾り内閣という感じですね。結局、いつまでもやりたい菅総理に鈴をつけたのも、財務省だったのかもしれません。
それにしても復興予算19兆円を今、避難している人の数で割れば一人あたりいくらになるんでしょう。一億円くらいになりそうです。4人家族だと4億円。大災害といっても、東北以外で隣家の火事で家をなくした人、先日の台風で名古屋で家が浸水した人には、何もなくて、なぜ岩手、仙台、福島の沿岸部だけ特別なのか、なんか納得いきません。

  • 2011/09/25(日) 08:17:04 |
  • URL |
  • らむちゃのパパ #GCA3nAmE
  • [ 編集 ]

政治家が、役人がという前に日本人に構造的な欠陥があるのではと思います。それを克服しないとだめなのかと。

  • 2011/09/27(火) 06:09:43 |
  • URL |
  • とりごん #AaIT8m4I
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://yamame30.blog103.fc2.com/tb.php/179-a03bd3bf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。