【稗史(はいし)倭人伝】

稗史とは通俗的かつ非正統的な歴史書等をいいます。 現在進行形の歴史を低い視点から見つめます。

安住財務相・野田総理という組み合わせは国家の自殺行為である

人事と口先だけで何とかなるほど今の日本は平穏無事ではない。
しかもその人事がお粗末そのものである。
お粗末人事の筆頭は安住財務相である。

野田は自分自身が「注視していく」の一言で財務大臣が務まったのだから、安住でも務まると考えたのだろう。

安住財務相:円高に断固たる措置 G7協調取り付けに全力 (毎日jp 2011年9月9日)
【マルセイユ赤間清広】先進7カ国財務相・中央銀行総裁会議(G7)出席のため8日深夜(日本時間9日早朝)、現地入りした安住淳財務相は記者団に対し、歴史的な水準にある円高について「行きすぎた場合には断固たる措置をとることも(G7会合で)申し上げる」と述べ、為替の過度な動きに、政府・日銀による円売り・ドル買い介入で対抗する日本政府の強い姿勢を示した。


文の構造は、
「安住淳財務相は記者団に対し、日本政府の強い姿勢を示した」
強い姿勢を示す相手が違うだろう!

安住財務相:ガイトナー米財務長官と会談 「財政再建を」 (毎日jp 2011年9月11日)
【マルセイユ(フランス南部)赤間清広】先進7カ国財務相・中央銀行総裁会議(G7)出席のため訪仏中の安住淳財務相は10日朝(日本時間10日午後)、マルセイユ市内でガイトナー米財務長官と会談し、両国が経済成長に配慮しつつ、財政再建を進めることが重要との認識で一致した。また、安住財務相は、行き過ぎた円高の是正に向け米国の協力を求めた。約15分の会談の大半が双方の財政問題に充てられたという。


「約15分の会談」!
双方通訳を入れているから、正味はその半分である。
突っ込んだ話などできるわけがなかろう。
アメリカ国債を100兆円近くも買ってやっている国の財務大臣がこんな扱いを受けている。

「円高阻止」空振り 日本は蚊帳の外 (産経ニュース 2011.9.10 )
【マルセイユ(フランス)=田辺裕晶】G7で日本は、歴史的な円高阻止のため欧米各国に協力を訴えた。だが、協力的な声は得られず、逆に世界経済の減速懸念に対処したい各国からは、「蚊帳の外」に置かれてしまった。
 「(各国の反応は)申し上げられない。私に対して発言を求めた国がなかったことは事実だ」。安住淳財務相はG7閉幕後にこう述べた。


マルセイユに蚊帳が有るかどうかは知らないが、産経もほかに表現のしようがなかったのだろう。
「わたしに対して発言を求めた国がなかった」
完全無視である。

世界第2位、第3位の経済大国日本の財務大臣が代わった。
各国共に情報はあつめただろう。
各国の財務・金融当局はさぞクビをかしげたろう。
これまで財政・金融・経済についての発言はゼロである。
いくら探しても見つからない。
判断の材料がないのである。
唯一見つけた発言が多分これである。

「学校のプールにガソリンを貯めたらいい」

これには各国の責任者も仰天したことだろう。
「こんなバカタレ、相手にするだけ時間の無駄だ」とだれもが考えたことだろう。
それでなくともアメリカは深刻な財政問題を抱えている。
ヨーロッパもギリシャ問題の見通しもつかない状況である。
ガソリンプール男のお守りをしてやるほど暇ではない。

野田財務大臣は今年、3月と8月の2回、為替介入を行っている。
いずれも数日後にはその反動で一層の円高に振れている。
野田総理ー安住財務相の”断固たる決意”などに驚く者などまったくいない。
むしろ介入してくれれば円買いのきっかけになる、と手ぐすね引いて待ちかまえている。

これに白川日銀総裁が加わるともはや”三バカトリオ”である。
これまでに白川は主体的に動いたことは皆無である。
誰が見ても当然なことを当然なときに行うだけである。
日銀の動きに対する警戒心など世界中どこにも見あたらない。

円高の根源は世界経済の不確実性=G7で白川日銀総裁
 [マルセイユ(フランス) 9日 ロイター] 白川方明日銀総裁は9日、日米欧7カ国(G7)財務相・中央銀行総裁会議終了後の記者会見で、歴史的な円高は世界経済の不確実性が増しているためだとした上で、欧米当局者に財政問題を進めるよう期待を示したことを明らかにした。


結局、”お手上げ宣言”である。

野田はせっせと経団連詣でに余念がない。
このところの経団連会長は、トヨターキャノンー住友化学という輸出企業出身者である。
住友化学も、売り上げの4割以上が海外である。

もうそろそろ輸出依存の経済構造を根本的に変えていかねばならない時期が来ている。
為替相場に国の死命を制せられるような経済構造は間違っている。
為替相場などに影響されない経済構造への転換が必要なときなのである。
”バラマキ4K”などと言われて民主党が捨て去ろうとしている諸政策は、内需拡大へ舵を切るための重要かつ効果的な政策なのである。
そのことを民主党議員自身が理解していないところに大きな問題があるのだ。

だからこんな奴を総理に選ぶし、こんな奴を財務大臣などにしてしまうのだ。



民主主義の確立のために!
人気ブログランキングへ
↑ ご面倒でもクリックをお願いします





昨年までの記事は下記にてご覧下さい。
http://blog.goo.ne.jp/yamame1235


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村

古書 那珂書房






コメント

おそらく野田氏は、財務大臣に自分の分身を備えつけたつもりなんでしょう。それにしても書かれた原稿を読むだけの男は、軽すぎますね。
日本経済は、外需に依存しすぎと言われて20年、未だに外需頼りです。結局、自ら貸したお金で製品を買ってもらっているだけなんですけどね。自国で製品を作っても円高で儲けがでず、ここにТТPを導入して輸入品に関税をかける国家としての当然の権利を放棄したら、それこそ日本という国がつぶれますな。

  • 2011/09/16(金) 09:33:50 |
  • URL |
  • らむちゃのパパ #GCA3nAmE
  • [ 編集 ]

新たな国生みは「地位協定破棄」から

まず初めに地位協定破棄ありき、でないと日本は復興せず亡国あるのみ。

>米国にとって日本は世界一重要な国?(新時代創造さま)
>>http://soubiken.blog20.fc2.com/blog-entry-1012.html
>日本に好印象を持っている米国人は75%で、欧州連合(EU)や中国に好印象を持っている人の割合を上回った。(共同)

アメリカ政府は地位協定で日本全土を奴隷牧場扱いしているだけ。
日本がほんとにアメリカにとって重要な大事な「本当の」トモダチなら、日本がこんなに大変なときに基地をつくれだの米国債を売るなだの日本の復興に必要な巨額財政出動の手足をさいしょから縛るようなことを言うわけが無いよね。

  • 2011/09/18(日) 16:41:16 |
  • URL |
  • 通りがけ #-
  • [ 編集 ]

天知る地知る吾知る汝知る

地位協定のもとアメリカに日本の国土をすべて売り渡す、霞ヶ関に巣食うスパイ集団の悪業三昧

>震災に便乗した漁業権剥奪 漁業生産潰す「水産業特区」 (9月14日)長周新聞
>>http://www.h5.dion.ne.jp/~chosyu/sinsainibinjousitagyogyoukenhakudatu.html

>9・11事件から10年 ならず者国家米国の大破綻 (9月12日)長周新聞
>>http://www.h5.dion.ne.jp/~chosyu/narazumonokoltukabeikokunodaihatan.html

><論壇>意図的に復興阻む政府 東北復興は全国共通問題 (9月12日)長周新聞
>>http://www.h5.dion.ne.jp/~chosyu/rondanitotekinihultukouhabamuseihutouhokuhultuouhazenkokukyoutuumondai.html

>裁判所の動きにご注目を! ~高知白バイ事件・再審請求(Goodbye! よらしむべし、知らしむべからずさま)
>>http://c3plamo.slyip.com/blog/archives/2011/09/post_2193.html

  • 2011/09/18(日) 23:33:41 |
  • URL |
  • 通りがけ #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://yamame30.blog103.fc2.com/tb.php/176-638ca4f8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

反原発派は、戦中の日本軍の発想だという池田氏の言葉・・

今日もBUROGOSから面白くて、実に不愉快な記事を紹介します。 以下・・・反原発を声高に叫ぶはオロカモノドモは旧日本軍人!というこの文章に賛同する方はどんどんそちらに進めばよろしい。ただね・・・当事の帝国陸軍とか海軍の発想と、フクシマダイイチを経験し、世界中に

  • 2011/09/19(月) 09:25:48 |
  • f-kafkappaの日記~緑と青の風にのって~

FC2Ad