【稗史(はいし)倭人伝】

稗史とは通俗的かつ非正統的な歴史書等をいいます。 現在進行形の歴史を低い視点から見つめます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

野田総理・米倉経団連会長会談に違和感…野田は財界の下女か?

経団連会長のこの威張り腐った、上から目線の物言いは一体何なのだ!

米倉経団連会長、野田氏に「ちゃんと協力する」 (YOMIURI ONLINE 2011年9月1日13時02分)
野田新首相は1日午前、都内で経団連の米倉弘昌会長と会い、「今までの会議を作り直し、経団連をはじめ、経済界の協力をいただきたい」と協力を要請した。
 政府の新成長戦略実現会議などのあり方を見直し、米倉氏らのより積極的な参加を求めたものとみられる。
 米倉会長は会談後、記者団に「できるだけちゃんとした形で協力する」と表明した。菅政権では、東日本大震災の政府の対応を批判してきた米倉氏が、同会議の欠席を続けるなど、政府と経団連の関係がぎくしゃくしていた。 会談は、野田氏が首相就任のあいさつで経団連会館を訪れて実現した。野田氏はこの後、経済同友会、日本商工会議所のトップを相次いで表敬した。民主党政権の首相が経済3団体へ就任のあいさつに行ったのは初めて。
(下線筆者)


いくつか引っかかる点がある。
まず、この会談のタイミングである。
9月1日午前、という日時である。
この時点では、まだ閣僚はもちろん官房長官さえ確定していなかったのではないか?

最後はあなたしかいない~藤村氏起用のワケ (日テレニュース24 2011年9月2日)
関係者の話を総合すると、1日朝の段階まで野田新首相が官房長官に起用したかったのは岡田前幹事長だったという。しかし、1日午前、野田新首相から電話で官房長官就任を要請された岡田氏は「イメージできない」などと述べ、固辞したという。岡田氏の意思が硬いため、野田新首相は最も信頼を置いている側近の藤村氏に「最後はあなたしかいない」と就任を要請、藤村氏も1日夕方、最終的に受け入れた。


なぜ野田はこんなタイミングで経団連会長と会わなければならなかったのか?
勘ぐれば、人事の相談か事前了承を取りに行ったとも受け取れる。
翌日には内閣発足なのである。
国民は組閣の行方を固唾を飲んで見守っているさなかである。

しかも震災復興、原発収束という喫緊の課題をさしおいて、なぜ経団連なのか?
野田の政治姿勢が見えた、と騒ぐつもりはないが、違和感はぬぐえない。

もう一点。
内閣総理大臣は国会で選ばれた、国民の代表と言ってもいい。
それが、取るものもとりあえず財界総理といわれる経団連会長のところへ挨拶に駆けつける。
これは政治の権威ばかりでなく、主権者としての国民の権威をも貶める行為である。

野田は経済界の協力を求める、と言う。
しかし考えてみると、経済界の協力とは何をいうのか?

経団連は企業集団である。
「政府と経団連の関係がぎくしゃくしていた」としても国民は少しも困らない。

野田がこんなにしてまで求める企業の協力とは何か?
票と金。
それだけなら、組閣が終わり、内閣がスタートしてからでいいではないか。

「政府の新成長戦略実現会議などのあり方を見直し、米倉氏らのより積極的な参加を求めたものとみられる」
こんなことが、組閣直前の内閣総理大臣のやることなのか!

野田に、隠された深い狙いがあったとも思えない。
ただ単に尻尾を振ったというだけだろう。
かわいがってもらいたいというだけのことなのだろう。

しかしながら、なぜ内閣総理大臣が、「ちやんと協力する」なんてふんぞり返った物言いをされなければならないのか?

「菅氏とは首から上の質が違う」 経団連会長、手放しで歓迎 (産経ニュース 2011.8.29 )
米倉会長は野田代表について「かねてから税制・社会保障に通じた非常に安定した行動力のある政治リーダーだと思っていた」と明かした。菅直人前代表との違いを聞かれ、「要するに首から上の質が違う」と言及、野田氏はきちんと政策を立案し、野党とも協議していける人物との見方を強調した。

ねじれ国会の下での政策運営について、米倉会長は「大連立でも緩やかな協調でも、どんな形でもいいから挙国一致体制で望んでもらいたい」と注文。野田代表に「1年以上、最終的には次の選挙まで務めきってほしい」と要望した。


「どんな形でもいいから……」というのは財界の本音であろう。
財界に都合のいい政府なら何でもいい。

国民の多くは、被災地の人々に義捐金を送ったり、支援物資を送ったりしている。
ボランティアとして実際に支援活動をしている人も多い。
電力が足りない、と言われればせっせと節電に励む。

企業は「協力してやる」などとふんぞり返っていられる立場ではない。
企業の協力とは何か?
票と金以外に何かあるのか?

儲かっている会社の法人税を上げてもいい。
派遣社員をすべて正社員にしてもいい。
海外へ出て行った工場を呼び戻そう。
無数にある税の優遇措置をなくしてもいい。
補助金もいらない。

そういうことを自分から言い出すことが協力ということである。
天下りをいくらでも引き受けます、なんてのは願い下げである。

政府の委員会や審議会に人を出すことが協力ではない。
ロビー活動に励むことが協力ではない。
そんなものは本来、不要なことである。

経団連は営利企業の集団である。
自分たちの利益にかかわることならば、ほっといても向こうからお願いにやってくる。

代表選挙が終わった直後に野田をほめあげた米倉会長は、政府との関係修復をねらっていたのかもしれない。
政府と喧嘩して困るのは企業の側である。
野田は米倉会長の褒め殺しにうまうまとのってしまったか。

政官財の癒着構造なんて言葉は、あんまり当たり前すぎて、今更口にするのも恥ずかしいほどである。
しかし、こんな総理大臣の姿を見せられると、改めて考えさせられてしまう。

財務省のポチ。
アメリカのポチ。
財界のポチ。

飼い主が多くて、どっちを向いて尻尾を振ったらいいのか分からなくなりそう。



民主主義の確立のために!
人気ブログランキングへ
↑ ご面倒でもクリックをお願いします





昨年までの記事は下記にてご覧下さい。
http://blog.goo.ne.jp/yamame1235


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村

古書 那珂書房






コメント

犯罪者は年中無休で罪を重ね続ける、断罪されるまで。

「マスコミと東電の犯罪隠蔽工作共謀共同正犯」

>福島作業員の白血病診断が早過ぎる(院長の独り言さま)
>>http://onodekita.sblo.jp/article/47664993.html
に、検死の必要性について以下のコメントをしたので転載します(加筆あり)。
(開始)
次にあげる最近の共同新聞記事にも同じ問題が含まれている。
見出しになった「死亡後に被曝の疑い」は警察関係者の意見としているが、1000人もの変死体(そんな病死はぜったいないからね)について警察関係者が検死も死体検案もせずに「死亡後に被曝した」という明らかな嘘を記者に話すはずが無い。1000体の変死体を実際に死体検案してから死因発表するのでなければ警察関係者が不正な捜査情報を記者にリークするという犯罪を犯すことになるからね。

つまり根拠の無い不正な死因憶測記事を書いた新聞記者と容疑者東電の間に不法行為である事実の隠蔽共謀共同正犯の容疑が生じている。

>20キロ圏に数百~千の遺体か 「死亡後に被ばくの疑い」(共同通信)
>>http://www.47news.jp/CN/201103/CN2011033101000278.html
>福島第1原発事故で、政府が避難指示を出している原発から約20キロの圏内に、東日本大震災で亡くなった人の遺体が数百~千体あると推定されることが31日、警察当局への取材で分かった。27日には、原発から約5キロの福島県大熊町で見つかった遺体から高い放射線量を測定しており、警察関係者は「死亡後に放射性物質を浴びて被ばくした遺体もある」と指摘。(以下略)<

またこの共同新聞記事についてwelcome toののちゃんちtwitterさまにも同様の指摘をするコメントがあったので転載してご紹介する。
>>http://c3plamo.slyip.com/blog/

>震災後、原発周辺で1000名近い遺体が放置された。何で死んだのか? グーグルの事故後衛星写真で、この付近で津波被災などごくわずかだった。三陸と比較すれば分かる。揺れも震度6程度、家も倒壊してない。ならば死因は放射能急性被曝死しかない http://t.co/AWxyzWN
4 days ago · reply · retweet · favorite<
(終わり)

  • 2011/09/05(月) 15:35:55 |
  • URL |
  • 通りがけ #-
  • [ 編集 ]

直ちに国民投票で地位協定を破棄すべし

>「普天間移設が海兵隊グアム移転の前提」というデマ(反戦な家づくりさま)
>>http://sensouhantai.blog25.fc2.com/blog-entry-1102.html
>沖縄の海は、私たちの毎日にそのままつながっていると言うことを、直感した。

この直感はまさに正しい。
沖縄と原発事故は核武装米軍世界征服戦略という一本の線でつながっている。
核武装米軍は地位協定という日本国憲法を越える治外法権で日本国民を奴隷化して支配している。現日本政府は奴隷がしらとしてご主人米軍さまに取り入っている恥知らず幇間拝金売国奴法匪である。

地位協定を破棄すれば米軍は治外法権を失い内政干渉力を失う。そこで奴隷がしら法匪霞ヶ関官僚どもに厳命して国会で地位協定を破棄できないよう政局続きの機能停止国会を演出し続けているのである。

客観的に見れば、米国本土の国益にだけ奉仕する米軍にとっては日本本土が原発事故で核に汚染されても沖縄は原発がなく大丈夫だから沖縄米軍基地をますます機能拡大強化したいだけなのである。さらにリビア侵略が成功して巨大な原油利権を獲得できるめどが付いたアメリカは日本列島が滅んでも軍事費が捻出できるから、ますます沖縄を基地化できればあとは列島が放射能のゴミ捨て場になろうが本土の人間が皆被曝しようがそれこそ米国国益にとってはどうでもよいことなのである。

このアメリカの建国以来の野望を打ち破るには小泉以来完全に霞ヶ関拝金売国法匪が提供する利権に篭絡され破壊された国会は全く当てにならない。
ただ国民投票だけが腐敗国会を使わず地位協定を国際法上有効に破棄できる国民の正当な主権行使となる。

地位協定を破棄すれば日本に自立した内政外交が戻ってくるし、沖縄の米軍基地全返還もフィリピン同様に可能となる。

原発事故復興の財源も米軍米国向け予算を全額付け替え米国債を売却すればあまりあるほど確保できる。

直ちに地位協定を国民投票で破棄すべし。

  • 2011/09/05(月) 23:48:49 |
  • URL |
  • 通りがけ #-
  • [ 編集 ]

野田総理も菅総理と同じ不正代表選出の無免許犯罪者総理である。

「福一放射能拡散は地位協定治外法権米軍と隷米日本政府共謀共同正犯の国際テロ犯罪である」

>院長の独り言さまへのコメントより転載(加筆あり)。>>http://onodekita.sblo.jp/article/47717334.html
>子供を被爆から守るため 世界に迷惑をかけないため 被災地の方々が
>一日も早く 真の復旧 復興が出来るよう

投稿氏のこの文章は主格が間違っています。

「被災地の方々が」ではなく、東電ふくむ全電力会社・保安院含む全行政省庁・内閣首相閣僚含む全国会議員が責務としてまた債務者として、一日も早く「復旧・復興」をやらねばならないのです。

311以降原発の放射能を大気中に放出せしめた実行犯である彼らは何も責任を果たしていませんが、それは犯罪です。野田内閣が目論む復興増税も火事場泥棒という犯罪ですね。野田内閣も菅内閣同様違憲な不正代表選挙で成立した無免許犯罪内閣です。
Posted by 通りがけ at 2011年09月04日 22:52

>311未曾有の天災と人災に見舞われた日本国政府の国民に負う責任とは。

311以後あちこちに何度も書いてきたが、まず戸籍と地籍の確認。
被災者証と被曝手帳の速やかな交付。
憲法の基本的人権を守るために何をおいてもこの行政活動が公務員業務の最優先緊急の至上命題である。

すべての公的援助はこの2つの国家証明書に対して行われなければならない。

この被災者証および被曝手帳の全員配布なくして行われるすべての官による公的援助および基本的人権制限は憲法違反である。

公務員は天皇の臣下でもなければ国民の奴隷でもなく、ただひとつ憲法の奴隷である。(転載終わり)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

職責を果たさない公務員の怠慢は即座に公金(税金)横領の給料泥棒という犯罪で刑事罰と懲戒免職処分になる。

福島の最終処分場化はまず福島県民の私権を原状回復できる根拠の戸籍地積の再確認を行なってから論じるべきものである。復興に名を借りた憲法違反の強制収容など国家の主権者国民に対する行政犯罪でしかない。公務員が憲法に反する行政執行を行えばすなわち憲法に対する反逆罪となる。憲法は国の最高法規だからつまり、国家反逆罪にひとしい重大犯になるということ。

  • 2011/09/06(火) 09:17:23 |
  • URL |
  • 通りがけ #-
  • [ 編集 ]

地位協定日本は独立国ではない。

「国会はまったく機能していない」

>野田増税内閣は存在理由なしだし、増税する理由がない。&学校給食に気をつけて!(ふじふじのフィルターさま)
>>http://fujifujinovember.cocolog-nifty.com/blog/2011/09/http.html
>(前略)
>そもそも、増税路線の人が政権を持つことになること自体がおかしい。不正な政権だと私は思う。
>・・・(中略)・・・
>・・・子どもに20ミリシーベルト被曝させる決定をした文科省が、その延長線上で、放射性物質に汚染された農作物を全国各地の子どもたちに食べさせようとしているということは全く想像に難くありません。
> 皆さんの地域ではいかがですか?汚染作物を給食で食べさせられることになっていませんか?
> しっかりと、検証してくださいネ!
> 武田先生がおっしゃるように、子どもたちは、日本の宝なのですから。
>(終わり)

↑このエントリーの記事すべてに大賛成。拡散します。

子供は国の宝であり、子供を作る出産年齢の若い世代は国にとって宝の成る木である。国が予算よりも財政よりも権力機構よりも法律よりもなによりも最優先で第一に守らねばならないものは若い世代の国民の健康である。憲法にもそう書いてあるし、児玉龍彦氏の叫びもそこにある。

  • 2011/09/07(水) 03:41:17 |
  • URL |
  • 通りがけ #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://yamame30.blog103.fc2.com/tb.php/166-f70c4c19
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「小さな政府」を支持する人々へ ~ロン・ポールを知っているか?(サンデル教授の不倶戴天の敵)

Tweet みなさんはロン・ポールというおじいさんをご存知だろうか?76歳になるアメリカ・共和党の下院議員である。そして、強烈な小さな政府支持者・いわゆる「リバタリアン 」としてアメリカではネットを中心に非常な人気を持

  • 2011/09/08(木) 05:47:10 |
  • ロンドンで怠惰な生活を送りながら日本を思ふ 「東京編」

日本の新首相、緊縮政策を約束

wsws.org Peter Symonds 2011年8月30日 昨日、野田佳彦財務相が、与党民主党のトップの座を勝ち取り、今日国会で正式に次期首相になる予定だ。2009年9月、民主党が政権について以来、三人目だ。 3月11日の地震と津波の後に起きた原発事故に対する、政権による対処の失敗と...

  • 2011/09/04(日) 10:28:01 |
  • マスコミに載らない海外記事

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。