【稗史(はいし)倭人伝】

稗史とは通俗的かつ非正統的な歴史書等をいいます。 現在進行形の歴史を低い視点から見つめます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

菅の次が前原では何も変わらない…反小沢勢力の終焉は近い

菅直人がそそくさと退陣を表明した。
しかし、この国の政治の停滞を憂えたからではない。
震災復興や原発事故収束の遅れの責任を感じたからではない。
民主党の将来をおもんぱかったからではない。
支持率が落ちたからでもない。
菅自身がそのメンバーでもあった民主党悪人グループ(仙谷・岡田・前原・枝野・野田・玄葉+菅)から放り出されたからではない。

一つには菅自身の政治資金問題があるのだろう。
北朝鮮との不明朗な関係が取りざたされている問題である。
参院予算委に出ることがつくづく嫌になったのだろう。
自民党西田昌司や右翼女どもの追求が嫌なんだろう。
外国人から受けた献金を返却したというその領収書が出せないでいる。
訳の分からないグループに出した寄付金の説明ができないでいる。
参院予算委は今や菅直人の天敵になっている。

もう一つが小沢秘書裁判の成り行きである。

小沢秘書3人の検察調書の多くが裁判所によってインチキと判断されてしまった。
判決は9月26日に出される。

無罪になる公算が大きいと思われる。
小沢一郎に対する党員資格停止処分の根拠がなくなる。

小沢一郎自身の裁判とは別である、という議論はある。
しかしこの理屈は通らない。

小沢一郎に対する検察審査会の起訴決定は、小沢秘書3人の検察調書を根拠にしたものであった。
『検察調書は信用できる』、というのが決定理由であった。

無罪判決あるいはそれに近い判決が下りたとき、民主党はどうするのか?
裁判所の判断を無視して、検察審査会の判断を優先させるのか?
三権の一たる司法の判断に、三権の埒外にある検察審査会の判断を優越させることは憲法の精神にもとる行為である。

まさかそれはできまい。
小沢裁判の結論がでてから党として判断を下す、という当たり前の線に戻るほかない。
小沢復権は不可避である。

そのとき、菅直人のいる場所はなくなる。
それなら、自分を裏切ったとはいえ、元々はワル仲間の仙谷たちに小沢排除を続けてもらった方がいい。
とにかく秘書裁判の判決前に新代表を決めてしまえ、ということでそそくさ辞めることにしたのであろう。

それにしても不思議な退陣劇である。
重要法案が通らなかったから責任を取って辞めるというのなら分かるが……。
法案が通ったら辞める。
辞めさせるために法案を通す。

菅にとっては、花道。
ワル仲間からすれば、餞(はなむけ)。

お前たちは、国権の最高機関であり、唯一の立法機関たる国会を何と思っているのか!
お前たちは、立法という行為を貶め、立法府の権威を徹底的に汚してしまったのだ。

しかし、ワル仲間も玉不足で苦しい。
ついに野田を見限り、前原を出してきた。

『覚悟もなければ能力もない』と、ほんの数日前に珍しくしおらしいことを言っていた奴が、どの面下げて出られるのだ!
金の問題を抱えた前原を、参院予算委員会で西田昌司たちが手ぐすね引いて待っている。
行き詰まるのは目に見えている。
JALの処理もできなかった奴に東電などどうにもならない。
八ッ場ダム一つまとめられなかった奴に、福島原発などどうにもならない。
火のないところに煙りを立てて、ホントに火がつくとびっくりして逃げ出すことを繰り返してきた男ではないか。

前原内閣と新執行部の顔ぶれを想像するだけで力が抜ける。
悪人グループの勢揃いではないか。
菅内閣とどれほどの違いがあるか!

一人二人意表をつくようなパフォーマンス人事はあるだろうが、本質は変わらない。

小沢一郎もまた玉不足である。
だからといって乱立している有象無象に乗るなんてことはしないほうがいい。
自前の後継者を育てることを考えるべきだろう。
だれでもいいから、自分のグループから候補者を出すべきだ。

一度立つだけでその議員は、その次には一人前の候補者として認知される。
小沢一郎はただグループを引き締めて、その候補者にできる限りの票を取らせるだけでいい。

どちらにしろ、小沢復権は目前である。
焦って前原などに乗ってはいけない。



民主主義の確立のために!
人気ブログランキングへ
↑ ご面倒でもクリックをお願いします



昨年までの記事は下記にてご覧下さい。
http://blog.goo.ne.jp/yamame1235


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村

古書 那珂書房





コメント

政治家として何の実績もない、あるのは数限りない汚点だけという人物を国民に人気が高いという形容詞をつけてマスコミが紹介するのは、奇妙きてれつですなぁ。

  • 2011/08/24(水) 10:20:24 |
  • URL |
  • らむちゃのパパ #GCA3nAmE
  • [ 編集 ]

得手に帆あげて

>原発・電力問題、なにも難しくはない ~論点を整理すれば自ずと答えがでてくる
(Goodbye! よらしむべし、知らしむべからずさま>>http://c3plamo.slyip.com/blog/archives/2011/08/post_2181.html
>中日新聞2011.8.22
> 「 日本経済を守りながらの脱原発 」という選択肢はちゃんとあるはずである。
>・・・ 政治は考え得るあらゆる選択肢を示すべきだ。それでやっと、私たちは手を挙げることができる ・・・

今の日本国の最大の問題は対米敗戦後の独立回復にある。
対米独立しなければ、大正昭和期にはじまり対米敗戦で終結した対中国侵略戦争で中国大陸内の日本軍戦争残虐行為についての総括を適正に行うことも難しい。
かたや原爆は米国の戦争残虐行為そのものであり、極東軍事裁判で裁かれるべきものであったが、軍事力という暴力に物を言わせて戦後66年間米国が国連で総括を封じ続けてきているに過ぎない。いまや世界一のテロリスト国家と呼ばれるまでに成り下がった米国との地位協定は、日本にとって直ちに破棄すべき唾棄すべき奴隷契約である。

原発推進か脱原発か、の一見エネルギー政策にみえる現在問題も、さらに夾雑物を取り去ってゆけば畢竟原爆被爆の問題に帰属し、対米独立するか否かの問題ひとつに帰趨することはこどもにもわかる道理である。

われわれ大人は先祖より預かり子孫へ渡してゆく宇宙にかけがえなき地球を、こどもにもわかる道理を堅固に守る道徳心を世に明らかにしつつ守ってゆかなければならないのである。
「得手に帆あげて」。

  • 2011/08/24(水) 11:17:49 |
  • URL |
  • 通りがけ #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://yamame30.blog103.fc2.com/tb.php/156-96eee9ae
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。