【稗史(はいし)倭人伝】

稗史とは通俗的かつ非正統的な歴史書等をいいます。 現在進行形の歴史を低い視点から見つめます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

菅直人の不満…一度も辞めるなんて言ってないのに

内閣不信任案の採決を数時間後に控えた民主党の代議士会で菅直人が演説を行った。
菅直人は”辞意”、”辞任”、”退陣”というような言葉を注意深く避けていた。
素人のわたしには、退陣表明などとはほど遠い、まるで施政方針演説の類としか聞こえなかった。

しかしマスコミは一斉に”退陣表明”と書き立てた。
このギャップは何なのだろう。

多分、素人のわたしと、プロの政治家・マスコミの使う日本語がまるで異次元の言語であるという点にあるのだろう。

民主代議士会での首相発言全文 (jiji.com 2011/06/02)
(抜粋)
 これまで先送りしてきた課題に取り組みたいと国会で申し上げてきたが、この大震災が生じた中で、まず最優先でこのことに取り組むことを当然のこととして取り組んできた。私として、この大震災に取り組むことが一定のめどが付いた段階で、私がやるべき一定の役割が果たせた段階で、若い世代の皆さんにいろいろな責任を引き継いでいただきたい。この大震災、原発事故に対して一定のめどが付くまでぜひとも私にその責任を果たさせていただきたい。


これを捉えてマスコミは一斉に”退陣表明”と報じたのである。

産経・号外 菅首相 辞意 (平成23年6月2日)

しかし菅直人には、退陣する気配などまるでない。

いつまでも辞めない菅に対して、野党議員の質問があった。
「あなたはこれまで退陣とか辞任とかの言葉を言ったことがあるか?」
それに対して菅は明瞭に答えている。
「自分でその言葉を口にしたことはない」

菅の答えは当然である。
彼は、注意深く、それらの言葉を避け続けてきたのだから。
のっぴきならない言質は決して与えない、と覚悟を決めているのだから。

菅から言質を取ったつもりでいた鳩山は騙された。
原口も騙された。
産経も騙された。
小沢一郎は中途半端に騙された。
騙されなかったのは、松木けんこう一人であった。

なぜだれもかれもがこんな見え透いた手に乗せられたのか。
多分これまでの政治的文脈で読めば、菅の言葉は間違いなく辞意表明であったのだろう。
プロの語法ではまぎれもない退陣表明だったのだろう。

菅直人は巧みにアマの語法を、プロの世界に取り込んだのである。
プロの連中にも言いたいことはあるだろう。
一度”退陣”を口にしたとたん、政権は死に体になってしまう。
だから言外に匂わせるのが精一杯なのである。
しかし、実質的には”退陣表明”なのである、と。

菅は確信を持って”退陣”、”辞任”というような言葉を避け続けている。
時期についても、決して具体的なことは言わない。
菅に言わせれば、「おれは辞めるなんて言ったことはない」のである。

「辞めると言ったのにいつまでも辞めない」という非難は、菅にとっては心外であろう。
一度も、「辞めるとは言ってない」のだから。

菅はいとも簡単に自分の責任を認める。

野党側、菅首相の任命責任を追及へ (日テレニュース24 2011年7月5日)
東日本大震災の被災地の知事への発言をめぐり、反発の声が上がっていた松本復興相が5日朝、発言の責任を取って辞任したことについて、自民党など野党側は今後、松本復興相に対する菅首相の任命責任を追及し、早期退陣を求める考え。

与野党双方から菅首相の任命責任を問う声 (日テレニュース24 2011年7月6日)
 東日本大震災の被災地の知事への発言をめぐり、反発の声が上がっていた松本龍復興相が5日、発言の責任を取って辞任し、後任には復興担当の内閣府副大臣を務めていた平野達男氏が昇格した。目玉閣僚が就任からわずか9日で辞任に追い込まれただけに、菅首相の任命責任を問う声は与野党双方から出ている。


総理の任命責任を、与野党議員、全マスコミあげて追求した。
普通なら、大論争になるところである。
しかし、菅の場合はまったく別である。

野党が任命責任追及、菅首相「責任は私に」 (日テレニュース24 2011年7月6日)
 菅首相は6日午前の委員会の答弁の中で「松本前復興相本人も反省しているし、辞任は残念だ。任命責任は私にある」と述べ、自らの任命責任を認めた。


菅は、”責任がある”とは言うが、”責任を取る”とは決して言わない。
菅の頭の中では、この2つは別問題なのである。
菅にこう出られると、追求する側もそれ以上打つ手がない。
”任命責任問題”はあっという間に収束してしまった。

菅に限らず民主党議員は、「責任を認めれば、当然その責任を取らなければならない」という従前の常識が通らないところにいる。

彼らはまたいとも簡単に謝る。
「……であるとするならば、陳謝する」

こんな仮定を置いた陳謝などは、謝罪にはなっていないのだが、プロの語法では立派に謝ったことになってしまう。

首相、汚染牛問題で陳謝 「事前に防止できず責任」 (asahi.com 2011年7月19日)
菅直人首相は19日の衆院予算委員会で、福島県産の牛の肉から放射性セシウムが検出された問題について「事前に防止できなかった。私自身含めて責任を感じており、大変申し訳なく思っている」と陳謝した。


とりあえず「責任は認める」
とりあえず「陳謝する」
そしてこの線で攻撃を食い止める。

謝るだけなら別に損になることではない。
「責任」などいくらでも認めてやる。

菅直人ばかりでなく、政治家の言語が変化している。



民主主義の確立のために!
人気ブログランキングへ
↑ ご面倒でもクリックをお願いします



昨年までの記事は下記にてご覧下さい。
http://blog.goo.ne.jp/yamame1235


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村

古書 那珂書房






コメント

全く存在価値のない害虫に等しき輩達

菅はどっちにしても死に体だろうが、彼の辞め時がいつ頃が国民のために良いのかというとよく解らない。仙谷や岡田が早い時期を目論んでいるようだが、小沢派はどうなのだろう。それにしてもマスコミと検察の開き直りのような腐りかげんはどうだ。無理矢理自作自演、(共演水谷建設もと社員:元秘書側からの質問にしどろもどろの記憶にない発言から突然、検察のヒントで記憶が蘇りましたとのたまう鬼畜なみの恥知らずぶり)演劇ストーリーをこじつけて石川元議員に2年求刑とは、検察組織は以前として反民主的な旧権力のためにあるのだと言わんばかりの恥知らずも恥知らず、究極の恥知らずぶりだ。マスコミも同じく、彼らには恥という言葉は存在しないのだろう。2日ほど前の共同通信(省庁の掲示板)傘下の毎日新聞社説の恥知らずぶりにも呆れるばかりだった。93歳おばあちゃん自殺の責任をひたすら政治に偽装感情を潜ませて転嫁させる恥知らずぶりである。先に述べた連中は百害あって一利もない、全く存在価値のない連中であることだけは間違いない。

  • 2011/07/20(水) 19:52:01 |
  • URL |
  • SN #-
  • [ 編集 ]

地位協定犯罪

>放射性物質拡散予測
>台風の影響による7/21の予測では福島原発より西側の日本全体に拡散
>>http://blog.livedoor.jp/jijihoutake/archives/52207751.html

とっとと地下にダム壁作って上から石棺化しないから当然こうなる。台風はあと何回も来る。日本は地震台風列島である。4ヶ月もの政府放置不作為による空費は大きい。

これで菅内閣・霞ヶ関・東電共謀共同正犯の放射能棄民テロ被害が国土の3/4以上へ拡大した。臨界核分裂はもとより天災ではなくすでに過失人災でもなくなった、いまでは100%確信犯の国家テロ犯罪である。三者を直ちに逮捕投獄せよ。

釘の一本もまともに打てないような能無しの口先だけのくずどもに政治をやらせるな。霞が関も国会議員も全員首だね。
すべて公務員は日本国民のために下僕として働け。地位協定がある限り米軍の下僕となって米国民のためにだけ働いている日本の公務員は、日本国民が納めた税金をすべて私腹に入れている憲法違反の税金泥棒でしかない。


日本国の国家統治主権を蹂躙する地位協定を直ちに破棄して、日本国総理官邸から外国籍米軍関係者を全員排除せよ。地位協定は米国による国際外交犯罪そのものである。

  • 2011/07/21(木) 08:04:55 |
  • URL |
  • 通りがけ #-
  • [ 編集 ]

菅氏のこれまでの行動をふりかえると、ひとえに市民運動家、市川房枝の愛弟子という肩書を利用して、大衆受けしそうな目立つ行動はするが一貫性がなく中身がないことばかりです。今日も国会の論戦は、不毛の論議。次は、何を唐突にいいだすんでしょうなぁ。

  • 2011/07/21(木) 12:35:12 |
  • URL |
  • らむちゃのパパ #GCA3nAmE
  • [ 編集 ]

ちょっと違うと思うよ

この解説はちょっと違うと思う。
菅がどんなに注意深く言葉を選んだとて、相手が辞任表明と思ったらもう終わりである。菅にとって心外だろうが、世界中が辞任表明と思えばそれで終わりである。そして菅がいくら辞任と言ってはいないと言っても遅いのである。現状は菅の思惑通りには進んでいない。やがて辞めざるを得ないのである。結局は菅の負け。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://yamame30.blog103.fc2.com/tb.php/135-cb5eb6e0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。