【稗史(はいし)倭人伝】

稗史とは通俗的かつ非正統的な歴史書等をいいます。 現在進行形の歴史を低い視点から見つめます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

NHKと朝日新聞、どちらが腐っているか?

何やらNHKの会長人事が揉めていたらしい。
NHKの役員人事は経営委員会というところが決める。
この経営委員会には12人の委員がいる。
なかなか権威のあるもので、国会同意人事である。

放送法
(委員の任命)
第十六条 委員は、公共の福祉に関し公正な判断をすることができ、広い経験と知識を有する者のうちから、両議院の同意を得て、内閣総理大臣が任命する。この場合において、その選任については、教育、文化、科学、産業その他の各分野及び全国各地方が公平に代表されることを考慮しなければならない。


以前にわたしはこの経営委員会についての記事をupしたことがある。

NHK経営委員会に潜む狂人 2010-05-13

取り上げたのは、

(現在)委員長職務代行者
安田 喜憲
国際日本文化研究センター 教授

経営委員会の議事録から一部を紹介したい。

日本放送協会第1110回経営委員会議事録
(平成22年1月12・13日開催分)
会議日時
平成22年1月12日(火)午後 2時00分から午後5時00分まで
    1月13日(水)午前10時00分から午前11時00分まで

(記録を見ると1年に一度だけ二日連続の開催がある。そのほかはすべて一日開催で月2回。それにしても楽な会合である)

(安田委員)
日本は、いつの間にか文明が成熟しているので、今の日本の若者の接触者率を増やさなければならないとか言っていますが、私は、今の若者に徴兵制はだめとしても、徴農制とか、徴林制とか漁村に行けとか、そういう法律で、テレビの番組も何時から何時まできちんと見るということにすればいいと思います。この番組を見なければ会社に就職させないとか、抜本的に政策を変えないと、日本は本当に大変なところへ行くのではないかと思います。したがって、そういう面でNHKの役割は非常に大きいので、許される範囲を超えるものもあると思いますが、もっときつい方策をとらなければならないところまで来ているのではないか思います。

(安田委員)
 プラグマティック(実利的)だということですから、学生や若者は自分なりに価値があると判断しなければ見ません。だから、これを見たら受験に役立つ、これを見たら就職に役立つというようなイメージの番組作りをしていくことが必要だと思います。NHKのある番組を見ていなかったら就職もできないよというような。

(安田委員)
 忘れてはいけないことは、若者の心は変わりやすく、無責任だということです。ですから、きちんとわれわれが、どういう方針を与えて、未来に対してどういう放送をしていくのかという、確たる意識があれば、若者もそれにおのずからついてきます。そういう若者の意見にふらふらされるようでは、執行部の意味がありません。われわれがきちんと、確たる未来に、どんな日本をつくらなければならないか、どんな若者を育てなければならないかということをはっきり持っていれば、若者は必ずそれについてきます。


経営委員12人の内常勤は1人。
11人は非常勤である。

報酬がすごい。
常勤の平委員。

月額  1,410,000円
期末  2,820,000円(2回)
年額  22,560,000円

非常勤のヒラ委員はというと、

月額  316,800円
期末  633,600円(2回)
年額 5,068,800円

委員会は月2回、1回2~3時間開かれる。
日給にしてほぼ20万円。
時給にして7万円!!

NHK会長人事 「白紙」からたった4日、拙速“泣きつき”決着 (産経ニュース 2011年1月16日)
『安西祐一郎前慶応義塾長(64)の就任拒否から、わずか4日。NHK新会長人事は、松本正之JR東海副会長(66)の任命で急転直下、決着した。
(中略)
小丸委員長が辞任すれば経営委は再生するのか。NHK内部からは「こんな迷走ぶりでは、新会長の業務執行を監督しえないのでは」との不安が早くも浮上している。』


再生よりも潰す方が簡単である。

さてこんなゴタゴタを見て、朝日が偉そうに説教を垂れている。
普段は腹を立てる朝日の社説だが、今回のは笑うだけである。
それにしても新聞人というものはここまで厚顔無恥になれるのか。

【朝日社説】NHK新会長―ジャーナリズムの精神を 2011年1月16日

『松本氏に知ってほしいのはジャーナリズムの精神だ。

 深く調べ、幅広い意見に耳を傾け、自律的に判断して市民のために発信する。放送の仕事の経験がなくとも、現場から学び、見識をもってあたれば信頼を集められることは、福地会長が示したとおりだ。』


朝日新聞よ!
まず社内に向かって言え!
それから読売に言え!
毎日に言え!
産経には言っても無駄だから言わなくていい。
それから、テレビに向かって言え!

それより懺悔が先か。



昨年までの記事は下記にてご覧下さい。
http://blog.goo.ne.jp/yamame1235


民主主義の確立のために!
人気ブログランキングへ
↑ ご面倒でもクリックをお願いします




古書 那珂書房






コメント

明晰でわかりやすく同感するものであります。

  • 2011/01/17(月) 22:02:15 |
  • URL |
  • sizimi #-
  • [ 編集 ]

闇のままに過ぎ去る現状。

朝日が選挙速報を出す度に、国民の意識は不気味さと不正の係わりの疑いを脳裏に駆けめぐる。

朝日はもう信用なしとされている。

何をやるにも国民の意識とは正反対。

既得権を有する者と一般人とでは遙かに
一般人の方が数は上です。

それなのに既得権を有する者が票を上回るという、不思議な傾向が続いている。

小沢排除に昨年から今年も引き続いている。
自分達の思いのままに手に入れようとするメディア。

お天道様も国民も共通点はすべてを見て
いるということだ。

検察官役に選任された指定弁護士、村本道夫、大室俊三、山本健一らはまず、先に検察審査会の真相をはっきりと国民の前に示して発表するのが先というもの。

申し立て人の背後とメディアは関係は闇。

  • 2011/01/18(火) 14:50:17 |
  • URL |
  • unknown #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://yamame30.blog103.fc2.com/tb.php/13-76491ebc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。