【稗史(はいし)倭人伝】

稗史とは通俗的かつ非正統的な歴史書等をいいます。 現在進行形の歴史を低い視点から見つめます。

菅直人の狂気を利用する前原誠司

外国人献金問題で都合良く菅政権から距離をおいていた前原誠司がなにやらうごめきだしたようだ。
渡部恒三と小沢一郎の合同誕生会を仲介してそろりと存在感を取り戻そうとしている。
しかし前原はやはり前原である。

前原氏、内閣不信任案「賛成あり得ない」 (産経ニュース 2011.5.26 )
民主党の前原誠司前外相は26日夜、都内のホテルで開かれた自身の支持グループ(凌雲会)の会合で、菅内閣不信任決議案が提出された場合の対応について「野党が出す不信任案に賛成するなどあり得ない」と述べた。また「万が一、可決されたら衆院は解散になるだろう」とも語り、賛成の動きを見せる小沢一郎元代表の勢力の動きを牽制(けんせい)した。
 会合には、枝野幸男官房長官や仙谷由人官房副長官ら約30人が出席。不信任案の否決に向け、前原グループとして結束して臨むことも確認した。


問題はこの部分。
「万が一、可決されたら衆院は解散になるだろう」

不信任が可決されたら、菅直人は政治空白だの政治混乱だの福島原発事故だの災害復興だのは一切捨てて、解散総選挙に打って出るだろうと、民主党議員を脅しているのである。

おかしくないか?

我が党の党首は普通じゃないから代えられない。
だからそっとしておこう?

菅直人が常人ならばそもそも不信任騒ぎなどは起こらない。
たとえ不信任が通っても解散・総選挙など、この非常時には考えられない。
常人ならば、総辞職を選び、同時に民主党党首の座を静かに降りる。
党内で代表戦を行い、そして国会で首班指名が行われるまでの数日間、総理としての職務に全力を尽くす。
一週間もあれば十分である。

菅直人が常人であれば、政治空白など生まれないのである。
残念ながら、菅直人は常人ではない。

小沢一郎は、東北地方では選挙が行えないから、菅には解散総選挙は選べないと言っていた。
甘い!
その程度のことでは菅の足かせにはならない。

「万が一、可決されたら衆院は解散になるだろう」
この前原の推測の方が当を得ている。
だからこそ脅しになる。

『菅は狂人だからそのままにしておくしかない』
こんな党首をいただいた政党など存在価値はない。

前原が脅しに使うほど、菅直人の異常さはだれもが知っている。
そして菅直人の狂気をもっとも効果的に脅しの材料にしているのが、菅直人その人である。

「不信任案など通したら、おれは何をするか分からないぞ!」

「不信任案可決なら閣僚全員罷免してでも解散」 (YOMIURI ONLINE 2011年5月27日)
自民、公明両党が内閣不信任決議案を共同提出する方針を確認した27日、菅首相に近い閣僚や民主党執行部は、造反を最小限に食い止めようと、衆院解散や処分をちらつかせて党内への締め付けを一層強めた。
……
首相に近いベテラン閣僚の一人は27日、記者団に「首相は『不信任案が可決されれば絶対に衆院を解散する。否決されれば内閣改造だ』と言っている」と語った。


バカマスコミが、「権力争いをしている場合ではない」と菅直人を擁護し続けている。
しかし、解散・総選挙を政争の具・政権延命の道具にしているのは菅直人その人ではないか!
「解散・総選挙」で自党議員を脅し、国民を脅すこの民主党というのは一体何なのだ?

>枝野官房長官も27日の記者会見で、東日本大震災による首相の解散権への影響について「全く影響しない」と断言。枝野氏は26日夜の前原誠司前外相グループの会合で「不信任案が可決されれば、首相は閣僚を全員罷免してでも解散する」と述べたという。

マスコミに洗脳された国民は、すっかり”政治空白”におびえている。

「今、解散・総選挙などをしている余裕はこの国にはない」
「政治家は一致協力してことにあたれ」
「この混乱が一段落するまでは菅政権で」
「急流では馬を乗り換えるな」

こんなマスコミの主張に素直に頷く。
バカマスコミのせいで菅直人は「解散・総選挙」が凶暴な武器になることを知ってしまった。

マスコミよ、菅直人に向かって言え!
「今、解散などしている場合か!」
「あなたが総理でいる間は、混乱は収まらない。ここは思い切って国民のために身を引いたらどうか」
「解散などしたら、あなた自身が落選しますよ」
「史上初の現職総理の落選ということが起こりますよ」

解散中でも参議院の緊急集会は開ける。
ここで大抵のことは決められるのだが……。
残念なことに緊急集会は内閣の要請によってしか開けないようだ。
菅にそんな良識を望んでも無理であろう。

民主党議員たちよ、どこかで踏ん切りをつけなければならないのだ。
もういい加減に決断せよ!



民主主義の確立のために!
人気ブログランキングへ
↑ ご面倒でもクリックをお願いします



昨年までの記事は下記にてご覧下さい。
http://blog.goo.ne.jp/yamame1235


にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村
 ↑ ついでにこちらもクリックを



古書 那珂書房






コメント

菅総理は、解散を選択すると思います。非常時に不信任に賛成して背中から槍を突き出した議員は、自分の首を自分で切るようなもんだと、現執行部は考えている筈です。実際、解散したら、ほとんどの民主党議員は落選するでしょう。私も、現職総理として初の落選をすると思います。けれど、この民主党現政権のいかれ具合は、自分たちは、落選しないとたかをくくっているところです。安住国対委員長の不遜な顔にそう書いてあります。
菅政権が続いても政治空白が続くわけですから、民主党の議員以外解散を恐れていません。ただ総辞職の場合は、次は前原氏が総理の座にすわる下準備を彼はしているようですね。私は、であるならば解散で良いと思います。

  • 2011/05/28(土) 15:14:02 |
  • URL |
  • らむちゃのパパ #GCA3nAmE
  • [ 編集 ]

通常の判断力を失った病人は入院だから自然にリタイヤですな

いい薬ができてるからすぐに治療してやるのが親切というものです。葬式うつ病もりっぱな病気です。無免許政治で起こした狂牛病事件も福島原発事故棄民テロ事件も、心神耗弱状態で犯したと診断されれば刑事罰を免責される可能性もありますからね。本人のためにもいいかもねw

ただし菅氏が刑事免責の病人だったとしても菅氏の取り巻きになって病気を利用した内閣閣僚には刑事免責はありえないけどね。
前原君、残念でしたw

  • 2011/05/29(日) 09:53:59 |
  • URL |
  • 通りがけ #-
  • [ 編集 ]

政治空白のほうがまだ良い

菅が総理で居る限り、日一日と日本が壊れていく。

  • 2011/05/29(日) 11:12:05 |
  • URL |
  • nijiirosagasi #U7atb6Hk
  • [ 編集 ]

狂牛病じゃない口蹄疫でした

狂気の狂という文字につられて間違えました。

  • 2011/05/29(日) 19:52:40 |
  • URL |
  • 通りがけ #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://yamame30.blog103.fc2.com/tb.php/104-cb657793
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad