【稗史(はいし)倭人伝】

稗史とは通俗的かつ非正統的な歴史書等をいいます。 現在進行形の歴史を低い視点から見つめます。

すべてが逆回転を始めた安倍内閣

始まりは森友学園事件だったのだろう。
『私や妻が関係していたら、総理も辞めるし議員も辞める』と見得を切ってしまったのが発端だった。
それでも、あの財務省の佐川とかいうチンピラ局長のメチャメチャ答弁が安倍を守りきるかに見えたのだが……。
そのさなかに、籠池氏の『安倍晋三から100万円』発言があった。
よせばいいのに、竹下ナンタラというアホな国対委員長が、『総理をブジョクした』とかいうとんでも理由で国会への証人喚問を強行してしまった。
しかし国民注視のなかで自民党は、余りにもお粗末な攻撃を繰り広げて籠池氏の反撃に遭い、あえなく轟沈、世の嘲笑を買った。
そこで安倍・菅の凶悪コンビはマスコミ対策として田崎史郎をしのぐ最強の論客と考えた山口ナントカをテレビに送り込み、連日安倍擁護を展開させた。
そのうちに加計学園問題が噴き出してしまった。
懲りない安倍晋三はまたまた『私が関係していたら責任をとりますよ。当たり前じゃないですか』とアホの大見得。
森友問題もどうやら下火になってきたことだし、これもすぐに鎮火すると読んだのだろうが。
そしたらとんでもない爆弾が破裂した。
前文科省事務次官の登場である。
電光石火、菅官房長官は読売を使って前川氏の人格攻撃に踏み切った。
さらには自らも天下に向かって前川氏を口汚くののしった。
しかしその後、出てくるのは、前川氏の人格の高潔さを浮き彫りにするような話ばかり。
すっかり菅の人間の卑しさが知れ渡ってしまった。
前川氏の口からは、官邸に巣くうヤクザのような連中の名前が次から次へと飛び出してくる。
安倍の手先になって文科省に脅しをかけていたナントカ副官房長官とか、ナンタラ首相補佐官とか、ナンタラ内閣参与とか。
しかもこいつ等はみんな加計学園の身内ばかりだった。
爆弾はまだあった。
官邸が自信を持って送り出した山口ナントカというお笑いコメンテーターが強姦事件を起こしていたというのだ。
しかもその事件を警察庁の刑事部長が握りつぶしてしまっていたことまで公になってしまった。
すっかり『総理官邸はゴロツキの巣』ということが知れ渡ってしまった。
まだまだ逆回転は続く。
安倍が世界中で真っ先に駆けつけてちぎれんばかりにしっぽを振ってきたトランプ大統領の行く末に暗雲が立ちこめてきた。
ロシアゲート事件とかいわれているらしい。
おまけにトランプは、パリ協定離脱を宣言するに至って、遂に世界中にその狂気と偏執者ぶりを晒している。
だれもがトランプから離れつつある。
トランプの子分は今や世界中で安倍晋三一人になってしまった。
安倍の口から、『ウラジミールが、』とか『ウラジミールは、』と聞くたびに気持ち悪い思いをさせられていたが、そのウラジミール・プーチンが北朝鮮の後ろ盾であることを隠そうともしなくなっている。
安倍のいう北朝鮮包囲網はズタズタである。
おまけに安倍は、国連に喧嘩まで仕掛けている。
勝ち目のない喧嘩である。

政府は国連の「表現の自由」に関する特別報告者で米国出身のデービッド・ケイ氏に根拠のない反論書を送ったんだとか。
<国連特別報告者>「重大な脅威」 報道へ政府が圧力
 ケイ氏は昨年4月、政府の招待で訪日し、政府高官、報道関係者、研究者らと面談して日本の表現の自由の状況を調べた。先月末に英文の報告書を国連人権高等弁務官事務所のホームぺージで公表しており、今月12日の人権理事会に提出する。
 これに対し、日本政府が「指摘された事実の多くが伝聞や推測に基づいている」とする反論書を人権理事会に提出しているが、ケイ氏は会見で「伝聞ではなく事実に立脚している」と強調した。
 報告書ではメディアの独立性を確保するため、政治的公平性を規定する放送法4条の撤廃について勧告。「メディアはいくつかの深刻な脅威に直面している。放送の規制は独立機関がつかさどるべきだ」と改めて言及。特定秘密保護法については、「安全保障や原発など大勢の人が関心を持つ事柄について、メディアが政府からの罰を恐れて取材せず、また情報の開示をしなくなることを懸念する」と述べた。

まったく日本の現状を正しく把握しているではないか!
マスコミよ、これが世界の日本に対する認識なのだ。

国連特別報告者が共謀罪に懸念
国連プライバシーの権利に関する特別報告者 ジョセフ・カナタチ氏が、5月18日、共謀罪(テロ等準備罪)に関する法案はプライバシーや表現の自由を制約するおそれがあると懸念を示す書簡を安倍首相宛てに送付しました。

国連特別報告者ジョセフ・ケナタッチ氏の書簡と菅官房長官への反論(日本語訳)
反論に反論されて赤っ恥!

おまけに安倍は誰にも分からないと思って国連事務総長との会談の内容までねつ造し、反論されている。
国連事務総長と安倍総理の会談についての中身は、共謀罪ではなかった! 金沢京子のブログ

自称”得意な外交”でも馬脚を現し、国連まで敵に回してしまった。
外務省はこんな外交をアホ官邸にやらせておいていいのか?

これまで通ってきた安倍のごり押しが、音を立てて逆流し、安倍晋三に襲いかかっている!
誰が見ても、詰んでいる将棋なのだが、本人にだけはそれが見えていない。
安倍晋三はまだまだ悪足掻きを続けるのだろう。
しかし、残る一手は、将棋盤をひっくり返すことぐらいか?


人気ブログランキングへ







※ 長すぎるコメントはご遠慮願います。

FC2Ad