【稗史(はいし)倭人伝】

稗史とは通俗的かつ非正統的な歴史書等をいいます。 現在進行形の歴史を低い視点から見つめます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

蟹は甲羅に似せて穴を掘る……菅官房長官

安倍晋三政権を支えてきたのは菅官房長官の放つ恐怖感だった。
菅の、批判を許さぬ凶暴さが安倍晋三の愚かさを支え続けてきた。
安倍は何を言っても守られてきた。
メディアも役人も与党議員も口を閉ざし、野党議員さえも及び腰のだらしなさ。
菅が恐ろしかったからだ。
そう、菅には何をするか分からぬ恐ろしさがある。
菅は知っている。
自分の権力の源泉は安倍晋三であることを。
安倍が倒れれば、自分も倒れるということを。
菅は何が何でも安倍を守らなければならないのだ、自分のために。
『暗君と佞臣』という、実に分かりやすい構図ではある。

「さすがに強い違和感を覚えた」 菅義偉官房長官、前川喜平・前文部科学事務次官の「貧困調査で出会い系バー」の説明に 
菅義偉官房長官は26日午前の記者会見で、前川喜平・前文部科学事務次官が援助交際の交渉現場となっている出会い系バーに、女性の貧困問題を調査するために出入りしていたと釈明した件について、「さすがに強い違和感を覚えた」と述べた。その上で「常識的に、教育行政の最高責任者がそうした店に出入りして、(女性に)小遣いを渡すようなことは到底考えられない」と語った。

一方の前川さんは、

前川喜平氏「出会い系バーに行ったことは事実。実地視察調査で教育行政の課題を見いだせ、意味があった」

普通の役人なら実際に見に行こうとは思わないかもしれないが、その実態を、実際に会って話を聞いてみたいと思って、そういう関心からそういうお店を探し当て、行ってみた。

 その場で話をし、食事したり、食事に伴ってお小遣いをあげたりしながら話を聞いたことはある。

 その話を聞きながら、子供の貧困と女性の貧困はつながっているなと感じていたし、そこで話を聞いた女性の中には子供2人を抱えながら、水商売で暮らしている、生活保護はもらっていないけれど、生活は苦しい。就学援助でなんとか子供が学校に行っているとか、高校を中退してそれ以来ちゃんとした仕事に就けていないとか。あるいは通信制高校にいっているけどその実態が非常にいい加減なことも分かった。

いろいろなことが実地の中から学べた。その中から、多くの人たちが親の離婚を経験しているなとか、中学・高校で中退や不登校を経験しているという共通点を見いだした。

 ある意味、実地の視察調査という意味合いがあったわけですけれど、そこから私自身が文部科学行政、教育行政をやる上での課題を見いだせた。ああいうところに出入りしたことは役に立った。意義があったと思っている。

これをスキャンダルととるか美談ととるかは、見る人の判断力と人格による。
こんなブログがあった。

キッズドア 渡辺由美子 オフィシャルブログ
実は、前川氏は、文部科学省をお辞めになった後、私が運営するNPO法人キッズドアで、低所得の子どもたちのためにボランティアをしてくださっていた。素性を明かさずに、一般の学生や社会人と同じようにHPからボランティア説明会に申し込み、その後ボランティア活動にも参加してくださっていた。

或いは、
夜間中学 埼玉の運動31周年集会 「重要な役割」 初参加、文科省事務次官が評価 /埼玉 毎日新聞2016年10月31日 地方版 
埼玉の夜間中学運動31周年を記念した集会が29日、JR川口駅東口にある複合施設「キュポ・ラ」で開かれ、文部科学省の事務方トップとして集会に初参加した前川喜平事務次官が「(夜間中学は)教育の場で重要な役割を果たしてきた」と評価し、文科省として公立夜間中学設置を推進する考えを示した。【鴇沢哲雄】
 埼玉には公立夜間中学がなく、川口市には自主夜間中学が設けられている。集会は、「すべての人に義務教育を」をスローガンに、県内に公立夜間中学を設置するための運動を続ける「埼玉に夜間中学を作る会」(野川義秋代表)と「川口自主夜間中学」(金子和夫代表)が開催。前川次官は「夜間中学と日本の教育の未来」と題して講演した。

こうしてみると、前川さんは、在職中も退職後もその姿勢や心の有りように一貫しているものがある。
このところ、役人の薄みっともなさを散々見せつけられてきた私の目には、あたかも”一服の清涼剤”のようにも映る。
引き比べて、菅官房長官の精神の卑しさは救いようがない。


人気ブログランキングへ






コメント

日本国君主「主権者国民」の下僕である「憲法15条憲法99条公僕」に告ぐ

日本国君主「主権者国民」の下僕である「憲法15条憲法99条公僕」に告ぐ
https://sptnkne.ws/e5PZ

「太陰暦ムースクナビコナ百姓オホミタカラ無我不二仏法」
nueq.exblog.jp/20875307/

太陰暦仏法武士道武士田中正造の仏歌
「少しだも人の命に毒なるを 少しくらいはよいといふなよ」
「世の中は学者博士が破るなり 作るは下男織るは織り姫」

出家でも在家でもよいが慚愧して懺悔し太陰暦医王釈尊仏法に帰依するがよい。

ムースクナビコナ仏法は悠久の昔から肉食妻帯悪人正機説専修念佛親鸞聖人浄土真宗である。

釈尊印度仏法と戒が異なるが仏法は不二ゆえに同じものである。


仏教聖典_はげみ_パーリ、本事經39ー40;大般涅槃経

 おのれに恥じず、他にも恥じないのは、世の中を破り、おのれに恥じ、他にも恥じるのは世の中を守る。

慚愧の心があればこそ、父母・師・目上の人を敬う心も起こり、兄弟姉妹の秩序も保たれる。

まことに、自ら省みて、わが身を恥じ、人の有様を見ておのれに恥じるのは、尊いことといわなければならない。

 懺悔の心が起これば、もはや罪は罪でなくなるが、懺悔の心がないならば、罪は永久に罪として、その人をとがめる。

 正しい教えを聞いて、いくたびもその味わいを思い、これを修め習うことによって、教えが身につく。

思うこと修めることがなければ、耳に聞いても身につけることはできない。

 信と慚と愧と努力と智慧とは、この世の大きな力である。

このうち、智慧の力が主であって、他の四つは、これに結びつく従の力である。

 道を修めるのに、雑事にとらわれ、雑談にふけり、眠りを貪るのは、退歩する原因である。

________________________________

「憲法15条奉仕責務違反公僕NHKの受信料詐欺憲法99条違反内乱罪」

この「日本国君主「主権者国民」の下僕である「憲法15条憲法99条公僕」に告ぐ」メールを送信した宛先の「太陽暦」各国ニュースメディアとホワイトハウスと日本国政府省庁及び政府関連団体。

スプートニク(字数制限無し0<)sptnkne.ws/e5PZ
Parstoday(0<)parstoday.com/ja/news/iran-i30752
ホワイトハウス(<2000?)www.whitehouse.gov/contact
内閣官房(0<)www.kantei.go.jp/jp/forms/cas_goiken.html
人事院(0<)www.jinji.go.jp/goiken/index.html
首相官邸(<2000)www.kantei.go.jp/jp/forms/goiken_ssl.html
国税局(0<)www.nta.go.jp/suggestion/iken/information_form.html
財務省政策金融目安箱(0<)www.mof.go.jp/financial_system/feedback/index.htm
日本経団連(0<)www.keidanren.or.jp/contact.html
日本銀行(0<)www.boj.or.jp/about/services/contact.htm
電子政府e-Gov各府省への政策に関する意見・要望(<2000)www.e-gov.go.jp/policy/servlet/Propose

通信法を墨守する私の投稿文は他のメールとともに上記アドレスへ、原則一斉投稿している。

注目すべき文字制限は安倍でんでん首相官邸および義家びんせん文科省ですら最低2000文字の余裕があるのに対して、

総務省特別放送法人NHKオンデマンドのご意見ご要望メールフォームではわずかに400文字しか用いることができないようにして、下僕NHKがご主人さま主権者国民の命令に対して傲岸不遜にも勝手ツンぼを決め込んでいる現実がある。

NHKは総務省公僕だから憲法15条に従い国民全体に奉仕する責務があるのに、これに反して主権者国民の命令をまったく無視して一部の者の私利私欲を満たすためにのみ、

国民の個人口座と国庫から憲法25条違反の放送法とマイナンバーで詐取した莫大な受信料収入をその「一部の者」へ密かに奉呈して日本国内で刑法を犯し続けているのである。

NHKの存在自体が日本国憲法最高法規99条に違反する刑法内乱罪現行犯であることを、これらの事実を証拠として明白に証明した。証明終わり

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://yamame30.blog103.fc2.com/tb.php/451-b92c8a9c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

北朝鮮のミサイル5月29日早朝隠岐の島近くに落下・将来近海の船舶に被害の可能性?

 北朝鮮のミサイル5月29日早朝隠岐の島近くに落下・将来近海の船舶に被害の可能性? 抗議しておけば将来隠岐諸島近くに落下のミサイル発射は実行しないかも  北朝鮮のミサイル発射を受け、菅義偉官房長官は29日午前8時半すぎから同日2度目の会見を行い、「(ミサイルは)約400キロ飛行し、新潟県佐渡島から約500キロ、島根県隠岐諸島から約300キロの日本海上に落下した」との分析を明らかにした、に関連...

  • 2017/05/29(月) 11:47:37 |
  • 国民の生活が第一は人づくりにあり

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。