FC2ブログ

【稗史(はいし)倭人伝】

稗史とは通俗的かつ非正統的な歴史書等をいいます。 現在進行形の歴史を低い視点から見つめます。

たった一人の異常者の妄想が作り出した日韓の深刻な危機

2019年6月28日(金)、29日(土) G20大坂サミット
6月30日 トランプは、北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長と握手した後、、北朝鮮側に入った。
7月1日、:経産省が半導体製造などに使われる化学製品3品目の韓国向け輸出手続きを厳格化すると発表した。
7月4日 参院選公示日

参院選の公示日を間近に控えて張り切ってG20大坂サミットに臨んだ安倍晋三だったが……。
何の成果も上げられず、最後に放った下手な冗談で世界のリーダーから顰蹙を買って意気消沈。
(大坂城にエレベーターを付けたことを失敗と言って、バリアフリーの流れに無智であることを披露)
翌30日はトランプとキムジョンウンとの会談で持ちきり。
間に入ったのは韓国大統領文在寅。
面白くないのは安倍晋三である。
徹底的に文在寅を冷遇無視したのに、翌日にはトランプ・金正恩の間に挟まって写真に収まっているではないか。
その翌日、7月1日、経済産業省は、半導体材料3品目を個別輸出許可へ切り替えると発表。

正に電光石火、不意打ち、奇襲、だまし討ち。
それからは国を挙げての猛烈な韓国叩きが続いている。
というより、益々過激になっている。

徴用工問題での韓国最高法院の判断が気に入らないからといって、司法も行政も関係なしとばかりの悪口雑言は異常である。
日本の三権分立が崩れているからといって、韓国もそうだとは限らない。
大統領に司法判断を覆す権力がなければどうしようもないだろうに。

どうやら、1965年に締結された日韓基本条約に関する解釈の差にも原因があるようだ。
全て解決済みとする安倍晋三に対して、個人の請求権までは消滅していないと考える日韓の専門家も多数存在する。

それにしても、7月1日の輸出規制の発表は余りにも唐突であった。
ピンポイントで韓国の急所を突いている。
急に思いついたことではあるまい。
前から研究し、タイミングを計っていたのだろう。
7月1日がその狙い通りだったのか、時期を繰り上げたのかは分からない。
いずれにせよ、そんな腹黒い陰謀を秘めながら、G20の場で話し合いも交渉もしなかったというのは、誠意ある外交姿勢とは到底言えないだろう。

文大統領「一度の合意で過去終わらせられず」 日本を強く批判
文大統領は、29日に行われた閣議の冒頭で、「一度反省を言ったので反省は終わったとか、一度合意したからといって過去の問題が、すべて過ぎ去ったのだと終わらせることはできない」と述べ、一度の合意で歴史問題は解決しないとの考えを示した。

この大統領の発言に対する日本の反発も醜いものだ。
一度合意したとは言うものの、後でそれを引っくり返すような発言が日本から相次いでいる。
慰安婦はなかった。
徴用工はなかった。
これでは文大統領のこの発言も無理なかろう。

日本は何時からこれほど朝鮮を蔑視するようになったのだろう。
これまで朝鮮が日本に対して災いをもたらしたことがあっただろうか。
せいぜい、鎌倉時代、元に従って日本に攻めてきたことぐらいだろう。
一方日本からは、三韓征伐、白村江から秀吉の壬辰倭乱に至るまで一方的な侵略戦争を仕掛けている。
しかし、それでも朝鮮人に対する蔑視、差別などはなかったように思われる。
徳川家康は秀吉の侵略戦争の後始末に力を注いでいる。
当時、大名達が連れ帰った朝鮮人捕虜の返還に最も熱心だったのは家康である。
交渉には対馬の宗氏が当たったが、宗氏の力だけではどうにもならなかった。
百人程度の捕虜刷還が何度か続いていたが、家康が乗り出してようやく千人単位の刷還が何度か実現した。
慶長14年(1609)、癸酉約条(きゆうやくじょう)の締結でようやく日朝講和が完成した。
但しこれは家康と朝鮮王朝との国家間の条約ではなかった。
朝鮮王朝と対馬宗氏との間に結ばれた約条だった。
それは条約の正式な相手として「日本国王」を要求する朝鮮側に対して、「日本国源家康」の署名しか受け入れないとする家康の姿勢が原因であった。
理由は「日本国王」という称号は、中国の册封体制に入ることを意味したからである。
家康はそれを拒否していた。
結局、朝鮮王朝対宗氏という変則的な条約が結ばれることになったが、それで一応は東アジアに平和が回復された。
家康が貿易の利益を重視したからなどという説もあるが、朝鮮との貿易は宗氏が独占しており、徳川幕府には何の直接的な利益はなかった。
朝鮮も家康も実質的な国交回復・平和回復のために交渉を重ね、名目よりも実を取ったと言えよう。
大名達が密かに残した朝鮮人陶工達の待遇にはピンからキリがあったようだが、全国的な差別は生じなかった。
空気がガラッと変わったのは明治に入ってからだろう。
征韓論そして日朝修好条規の締結から始まる動きは正義の名からはおよそかけ離れたものだった。
日本は欧米と結んだ不平等条約に苦しみ、その改正に四苦八苦していた。
それなのに朝鮮に対しては、その不平等を押しつけた。
福沢諭吉の「脱亜入欧」というキャッチフレーズも後押しした。
やがて韓国併合。
完全な植民地化である。
その間に朝鮮人蔑視の雰囲気が出来上がっていったのだろう。
それが終戦まで続いた。

それが今、戦後70年を経て復活したかのようだ。
復活させたのは、明治維新をこよなく信奉する安倍晋三である。
「明治維新」の復活だからといって、安倍晋三を賞賛しているのではない。
が、本人は賞賛と受け取るかもしれない。

役人がいくら交渉を重ねても全て安倍の代弁者である。
安倍の命令・指示・忖度・鼻息伺いだけで生きている連中である。
問題は決して解決しない。

この問題を解決できるのは安倍晋三ただ一人である。
安倍が心を入れ替えるだけでいい。



人気ブログランキングへ





スポンサーサイト



れいわ新選組・次期衆院選100人擁立の破壊力……熱気冷めやらず

山本太郎・れいわ新選組に「左派ポピュリズム」というレッテルを貼りたがる向きがあるようだ。
それが間違いかと言えば、満更間違いではなかろうが……。
だが山本太郎にすれば、いささか心外なのではないだろうか。

多分、彼は「右とか左とかは関係ない」と思っている。
右とか左とかは、後から人が勝手に付けたもの。
ポピュリズム?
大衆に迎合するために、出来もしないことを並べ立てればそうだろうが、彼は出来ると思って言っている。
すべて実現する意欲満々である。
そのための方策や財政的な裏付けも必ず付け加える。
原発即禁止でさえ、当面は天然ガスでの穴埋めを言う。
理念だけを並べ立てる与野党の主張とはまるで異なっている。

強いて言えば山本太郎の立ち位置は「上・下の下」
彼は現在の社会状況を「左右の対立」ではなく、「上下の分断」と捉えているようだ。
そして分断された上下の下に自分の立ち位置を定めている。

彼は、手垢のついた政治家言葉を決して使わない。
奨学金返済免除と言わずに「奨学金チャラ」という。
頭が良さそうに見せるための漢語や専門用語を極力避けている。
「真摯に受け止め……」
「向上に努め……」
「確保して参ります」
こんな言い方は、彼の口からは殆ど出てこない。
こんな言葉を口にすれば、途端にその言葉がうさんくさいものになってしまうことを知っているからだろう。

そんな彼が、次期衆院選に立つことを宣言し、しかも候補者100人を立てると宣言している。
山本太郎の実行力は証明済みだ。
有権者に訴える力は群を抜いている。
早くも立憲、国民、共産の野党各党もれいわとの連携や協力を表明している。
衆院選は小選挙区での戦いである。
比例があるとはいえ、小選挙区との重複立候補が殆どである。
100もの小選挙区でれいわと戦う羽目になったら、と考えたら彼らも頭を抱えてしまうだろう。
せめて候補者調整ぐらいはやりたいだろう。

山本太郎は素早く予防線を張っている。
野党共闘には反対ではない。
ただし、消費税は減税、最低でも5パーセント。
自分達の主張する消費税廃止からハードルを大分下げている。
次の衆院選では消費税の減税が最も大きな争点の一つになるかもしれない。
否応なしに、野党の主張は山本太郎の主張に収斂されていくことになる。

ところで、選挙は何時になるか?
オリンピックの後というのが一番可能性が高いのではないか。
国民の高揚感を極限にまであおり立てた直後に選挙。
それまで一年以上。
「れいわ」の準備は十分調っているだろう。

今回参院選での候補者の顔ぶれには驚かされた。
山本太郎以外は全員素人。
本人だって素人のようなもの。
全員が普通の人が使う言葉で話していた。
時に政治家用語が混じっていたが、それもご愛敬、気になるほどではなかった。

解散が早まる場合もある。
山本太郎はそんなことも想定済みであろう。
彼は大変な戦略家でもある。
選挙までに100人の素人!
しかも、ただの素人ではない。
今回の10人を見ても分かるように、どれもこれも一騎当千の強者である。
これが100人!
考えただけでもワクワクする。
血が騒ぐ。

あの参院選で見られた興奮、熱狂。
それは静かに持続している。
いや、じわじわと熱量を増している。
そして、一気に爆発するときを待っている。


付け足し
今度の参院選で「れいわ新選組」の納めた供託金は5700万円。
そのうち3000万円が没収される。
100人の比例重複候補者を立てるには6億円の供託金を払わなければならない。
金持ちだけが参加できる!
この制度は、既得権者を守る為の「参入障壁」である。
国民の参政権・被選挙権を制限する人権侵害・憲法違反の制度である。
候補者の乱立や売名行為の立候補を防ぐ、とかいう口実で、人権侵害を正当化することはできない。




人気ブログランキングへ





「れいわ新選組」の本気の戦いが始まった……長いものに巻かれることを拒否した人たち

山本太郎の「れいわ新選組」の候補者が出そろった。
いずれも政治、というより、政界の外側にいる人たちである。
彼らには共通するものがある。

長いものに巻かれることを拒否した人たちである。
みずから戦ってきた歴史を持っている人たちである。
いや今現在も、戦い続けている人たちと言った方がいいだろう。

山本太郎  44歳
蓮池透    64歳 元拉致被害者家族会副代表、元東京電力歩氏
木村えいこ 54歳 全都在宅障害者の保障を考える会代表、全国公的介護保障要求者組合書 (特定枠)
安冨 歩   56歳  東京大学教授
三井義文  62歳  元コンビニ加盟店ユニオン副執行委員長、元三井住友銀行行員
野原善正  59歳 沖縄創価学会壮年部 (選挙区・東京)
辻村ちひろ 51歳  環境保護団体職員
大西つねき 55歳  IT企業社長
船後靖彦  61歳 元日本ALS協会千葉県支部運営委員、介護サービス会社副社長 (特定枠)
渡辺照子  60歳 元派遣社員

一騎当千と言おうか、多士済々と言おうか。
何とも楽しみな顔ぶれである。
こうなると、一人でも落とすのはもったいない。

比例特定枠の重度障害者のお二人。
二人はバリヤーの仲に閉じこめられることを拒否してきた。
これは是非当選させたい。
ほぼ全身不随と言ってもいいこの二人が国会に行く。
国会はてんやわんやの騒ぎになる。
まず全ての階段・段差等のバリヤーの撤去改修が必要になる。
そして本会議場も当然改修が必要だろう。
座席も大変なことになる。
本会議場にこの二人が出席すれば、その映像は世界中に流れるだろう。
日本の障害者に対する姿勢が一挙に世界仲の注目を浴び尊敬・賞賛の的になる。
委員会でもこの二人を前にしては今までのようなふざけた質疑応答は出来なくなる。
この二人は、そこに存在するだけで、とてつもない意味を持つ。
一人ではなく二人となれば、その衝撃度は計り知れない。

セブンイレブンという巨大組織に戦いを挑んでいる三井義文さん。
セブンイレブンも国会議員相手の喧嘩はさぞやりにくかろう。
そして安冨歩さん。
女性装という聞き慣れない言葉で自分を表現している。
多分既存の言葉や定義では自分を規定することが出来なかったのだろう。
ここにも自分の存在・生き方を他人に決められることを拒否する人がいる。

唯一人、選挙区候補となった野原善正さん。
東京選挙区からの立候補である。
落選は覚悟のうえだろう。
玉城デニーの沖縄県知事選で創価学会の旗を振ってデニーさんを応援したという。
デニーさんには創価学会から25パーセント~40パーセントの票が流れたとも言われている。
野原さんの行動が、その人たちに一歩前に踏み出す切っ掛けを与え、背中を押す力の一つとなったものと思われる。
ところで東京選挙区からは公明党代表の山口那津男が立っている。
前回選挙での山口の得票数は797,811票。
ここから、25パーセント引っ剥がしてやれば、598000票余り。
これが30パーセントになると、558000票。
落選も夢ではない。
ここにも、創価学会・公明党という怪物のような組織に縛られることを拒否して自分の信念に従って生きている人がいる。

蓮池透さんも捨てがたい。
何と言っても、喧嘩の相手がすばらしい。
東電・原発と拉致詐欺師・安倍晋三である。
是非とも国会に送りたい人材である。

他の人たちも、一人一人がそれぞれの強大な敵と本気で戦っている経験豊かな大人である。
山本太郎が言っていた「本気の大人」という言葉にふさわしい候補者である。

候補者全員の当選を願ってやまない。



人気ブログランキングへ





安倍ヘッポコ外交にトドメの一撃……衝撃のスリー・ショット

AS20190630002197_comm.jpg

G20期間中、目一杯韓国大統領に嫌がらせをした安倍晋三だったが……。

韓国ムン大統領 安倍首相と非公式の接触もなく帰国へ
ムン大統領は、安倍総理大臣との首脳会談に意欲を示していましたが、非公式の接触すらできないまま、日本訪問を終えることになり、韓国メディアは、「ぎこちない表情で8秒間握手したのがすべてだった」とか「G20サミットの舞台で韓国抜きの外交戦が展開された」などと批判的に伝えています。

首相、文氏を夕食会で別テーブルへ…際立つ関係悪化
安倍首相はG20大阪サミットに合わせ、17か国・地域の首脳らと会談したり、事前調整して立ち話したりしたが、韓国の文在寅ムンジェイン大統領とは行わなかった。韓国人元徴用工訴訟をめぐる日韓関係の悪化が際立つ結果となった。
韓国政府は、「現場で日本側が会おうと言えば、いつでも会う」(大統領府高官)との立場で、土壇場での会談実現に期待をつないでいた。しかし、首相は、28日のサミット開幕と同日夕の文化行事で各国首脳らを出迎えた際、文氏と数秒、握手を交わしただけで、同日夜の首脳夕食会でも、文氏に自分とは別のテーブルを割り当てた。偶発的な立ち話もなかったとみられる。
 徴用工訴訟問題を巡り、日韓請求権・経済協力協定に反する状態を放任している韓国に対し、首相の厳しい認識を示す狙いがあるとみられる。

まるで小学生のいじめレヘルである。
ところが、一夜明ければこの状態である。
大物ぶって、ムン・ジェインを無視して喜んでいる場合ではなかろう。

「次は私自身がキム・ジョンウンと向き合う」などと大見得を切っていたくせに、そちらは一歩も進まぬまま。
G20の開幕前から、トランプには、「安保不公平・見直し」を言われていたことをばらされてしまった。
それに対する言い訳は酷いものだ。
あれはアメリカ政府としての発言ではない。
直接言われたのではない。

バッカじゃなかろか。

おまけに大坂城エレベーター発言などという付録まで付けて、世界から顰蹙を買っている。
折角、G20を参院選の景気づけに使おうと思っていたのに、閉幕を前にして、世界の関心はすっかりトランプ・キム・ジョンウンの会談に移ってしまっていた。
ムン・ジェインを無視して大国ぶっている場合ではなかったのだ。
ムン大統領にお願いして、韓国に連れて行ってもらうべきだったのだ。
うまくすると、スリーショットがフォーショットになったかもしれないのに。

ムン・ジインを蚊帳の外に置いたつもりが、自分が蚊帳の外にいた。



人気ブログランキングへ





投票は『れいわ』でOK?

異色候補者擁立で連日のように世間に驚きと感動を与えている山本太郎!
いよいよ10人擁立も視野に入ってきた。
と言うより、確定だろう。
10人という数には重大な意味がある。

参議院比例代表選出議員の選挙
その参議院議員選挙において選挙区選挙・比例代表選挙を通じて候補者を10人以上有すること

つまり、10人以上の候補者がいなければ、新政党・政治団体は比例に候補者を立てられない。
さて、立候補の届け出には勿論政党名が必要だが、同時に略称を届け出ることもできる。
『れいわ新選組』も当然略称を届け出るだろう。
『れいわ』がいい。
とにかく字が易しい。
だれでも知っている。
しかも安倍が宣伝してくれている。
「れいわという新しい時代がナンタラカンタラ」

供託金   参議院比例代表 候補者1名につき600万円

お金の準備も出来たようだ。
寄付金は既に2億円を越えたという。


候補者は、
山本太郎
蓮池透  北朝鮮による拉致被害者家族連絡会(家族会)元副代表。
安冨 歩  東京大学東洋文化研究所・(女性装の経済学者)
木村英子 全国公的介護保障要求者組合書記長(54)

”自立した大人”が揃ってきている。
公約もいい。

消費税の廃止
最低賃金1500円
奨学金徳政令
公務員増やします
第一次産業戸別所得補償
「トンデモ法」の一括見直し・廃止
辺野古新基地建設中止
原発即時禁止

一見、過激に見える公約だが、どれもこれも当たり前、やる気になれば実現できるものばかりである。
あの国民を涌かせた民主党のマニフェストはもっと過激だった。
残念なことに既得権益擁護勢力と内部の裏切り者によって潰されてしまったが、国民はその実現に希望を持っていた。

天下りを根絶
議員の世襲と企業団体献金は禁止
高校は実質無償化し、大学は奨学金を大幅に拡充
年金制度を一元化し、月額7万円の最低保障年金を実現し
農業の戸別所得補償制度を創設。
高速道路の無料化
中小企業を支援し、時給1000円(全国平均)の最低賃金
同じ職場で同じ仕事をしている人の
待遇を均等にして、仕事と生活の調和を
進めます。
2020年までに温暖化ガスを25%削減

全てでなくともいい。
せめて半分でも、いや、一つでも二つでも実現できたら。
そう思って国民は民主党に投票したのだが。

それはそれとして、山本太郎の公約と民主党マニフェストには驚くほど共通するものがある。
その根底に、国民の側に立って戦うという姿勢があるからだろう。

山本太郎の行動とここまでの成果を見ていると、既存の政治家が俄に色あせて見えてくる。

10人では、もしかすると候補者が足りなくなるのではないかと心配しているのだが……。



人気ブログランキングへ






次のページ